社会人である以上、ビジネスでもプライベートでも正しい構成の手紙やメールを書く機会があると思います。


とはいえ、そのような手紙やメールにあまり馴染みがないために、いざという時に困ってしまう方も少なくありません。


そこで今回は、12月中旬にスポットを当てて時候の挨拶の言葉と例文をまとめてみました。
12月

「時候の挨拶」とは?



時候の挨拶とは、手紙やメールなどの冒頭にあたる文章のことです。


時候の挨拶には、その時の季節や気候を表す言葉である「季語」が含まれることが多いです。


これは、「最近暑いですね」「ずいぶんと肌寒くなってきましたね」といった、季節が表れる普段の会話の役割を果たしています。


中には、季節問わず使うことができる時候の挨拶もあります。


12月中旬の時候の挨拶に使える言葉(季語)


例文をご紹介する前に、まずは12月中旬の時候の挨拶に使える季語をまとめてみました。


霜寒
寒気
激寒
初霜
歳末
みぞれ
みかん
クリスマス
年の暮れ
寒ブリ
ポインセチア
冬将軍の到来の季節


冬は冬でも住んでいる地域やその年によって気候も違ってきますし、住んでいる生活環境というのも人それぞれで違ってきます。


ですから、状況に合わせてこういった言葉を時候の挨拶として使うようにすると良いでしょう。

スポンサードリンク



12月中旬の時候の挨拶の例文



ではここからは、12月中旬の時候の挨拶の例文をご紹介します。



霜寒の候
寒気の候
激寒の候
初霜の候
歳末の候
※「候」は「みぎり」でも「折」でも可

寒気厳しき折柄
今年も押し迫り
初霜の知らせを耳にする今日この頃
師走も半ば、何かと気忙しい毎日ですね
はや1年の締めくくりの月となりました
寒気いよいよ厳しく
あわただしい師走となり
年の瀬もいよいよ押し詰まり
木枯らし吹きすさぶころ
めっきり寒くなり、
年末御多忙の折から
年もせまり何かとご繁忙のこと
忘年会のシーズンとなりました
いよいよ冬将軍の到来の季節となりました
冬も半ばにかかり、寒ブリの美味しい季節を迎えております
身を切るような木枯らしに、いよいよ冬本番を感じています
街路の並木の枝々も葉を落とし、すっかり冬景色にかわりました



季節関係なく使える時候の挨拶もある



時候の挨拶というと、季節関係なく使うことができる時候の挨拶もあります。


例えば次のような時候の挨拶は、季節に関係なく使うことができます。



時下
○○様
皆様
皆々様
ご家族の皆様
ご一同様

など…。


ただ、せっかく12月中旬に手紙やメールを出すわけですから、12月中旬らしい時候の挨拶にしたほうが季節感たっぷりの手紙やメールを書くことができるのでオススメです。


もちろん、やむを得ない場合は季節問わず使うことができるほうの時候の挨拶を使ってくださいね。

改まったメールや手紙は難しくない!


ここまで、12月中旬にスポットを当てて時候の挨拶の言葉と例文をまとめさせていただきましたが、いかがでしたか?


今回ご紹介させていただいたような例文を参考にすれば、時候の挨拶は問題なく書くことができると思います。


改まった手紙やメールのことを難しく考えていた方も、これからは難しく考えることなく手紙やメールにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

【時候の挨拶】12月下旬はコチラ
スポンサードリンク