改まった手紙やメールを書く機会が少なく、手紙の構成がよくわからないという方も多いと思います。


そこで今回は12月上旬にスポットを当てて、時候の挨拶の言葉と例文をまとめてみました。

12月

12月上旬を表す言葉はこれ!



12月上旬を表す言葉として代表的なものとなるのが、「師走」「大雪」「初冬」といった季語になります。


「師走」


旧暦の12月のことで、「師が東西に忙しく走り回る」ということに由来しています。

「大雪」


12月7日頃に訪れる二十四節気のうちの1つ「大雪」のことで、「おおゆき」とは言わず「たいせつ」といいます。

「初冬」


冬の始まりのことをいい、「しょとう」や「はつふゆ」と読みます。


他にもある!12月上旬を表す言葉



氷雨
初雪
新雪
みぞれ
寒空
クリスマス
忘年会
など…。


12月上旬の時候の挨拶に使える言葉


では、12月上旬の時候の挨拶に使えるのは、どのような言葉になるのでしょうか。


師走の候
大雪の候
初冬の候
季冬の候
※「候」の部分は「折」「みぎり」でもOK

寒気厳しき折柄
めっきり寒くなり
師走に入って一段と寒く
凍てつくような寒い日が続いておりますが
朝から降り続いた雨が、いつの間にかみぞれに変わったようです
寒気いよいよ厳しき折、ご健康をお案じもうしあげます
寒さが一段を身にしみるこのごろですが
とうとう今年もカレンダーが最後の一枚となってしまいました
はやくも一年の締めくくりの月となりました
氷雨の季節となり、傘だけではその冷たさが防ぎきれない今日この頃です
師走に入り、なにかと気ぜわしい今日この頃です
初雪の便りも聞かれ、いよいよ本格的な冬の到来ですね
あっと言う間に忘年会の季節になってしまいましたが



スポンサードリンク



安否の挨拶を含めた例文


改まった手紙やメールの最初の段落は、「頭語」+「時候の挨拶」+「安否の挨拶」の3つから構成されています。


そのため、時候の挨拶の後ろには「安否の挨拶」という言葉も付きます。


例えば、「師走の候、皆様におかれましては、ますますご清祥のことと心よりお喜び申し上げます。」という文章があったとします。


この文章でいう安否の挨拶は、「皆様におかれましては、ますますご清祥のことと心よりお喜び申し上げます。」の部分になります。


安否の挨拶も含めた例文


安否の挨拶も含めると、次のような例文(手紙でいう「書き出し」に該当する)を作ることができます。


寒気日増しにつのり、冷え込みの厳しい季節ですが、お変わりございませんか。
日の短くなったこと、あっという間の一日です。ご機嫌いかがでしょうか。
凍てつくような寒い日が続いておりますが、お風邪など召されてはいらっしゃいませんか。
師走を迎え、何かとせわしない日々かと思います。そのごお元気でしょうか。
寒さもひとしお身にしみるころ、皆様いかがお過ごしでしょうか。



季節感あふれる手紙やメールを


ここまで、12月上旬にスポットを当てて、時候の挨拶の言葉と例文をまとめてみましたが、いかがでしたか?


季節を意識しない手紙やメールも良いのですが、せっかくですから12月上旬らしい時候の挨拶を入れてみてほしいと思います。


12月となると改まった形の手紙やメールを書く機会が増えてくると思うので、ぜひ参考してくださいね。

スポンサードリンク