今の日本は、メールでの連絡が主流となっています。


だからこそ、あえて「手書きの手紙を送って相手を喜ばせてみたい」と考える方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、手紙を書く場合の「書き出し」と「結び」の解説、「11月」に送る手紙での書き出しと結びをまとめてみたいと思います。

11月

「書き出し」とは何か?



手紙における「書き出し」とは、「拝啓」「謹啓」「前略」などといった、いわゆる「頭語」と呼ばれる言葉の次に来る文章のことを言います。


書き出しは、季節や気候を表した言葉である「季語」が含まれた「時候の挨拶」と、相手の安否や近況を尋ねたり、こちらの安否を気遣ってくださったことへの感謝の気持ちを表したりする場合に使用する「安否の挨拶」によって構成されています。


時候の挨拶の例



晩秋の候
季秋の候
暮秋の候
向寒の候
夜寒の候
霜秋の候
氷雨の候
初霜の候
初雪の候
初冬の候
立冬の候
落葉の候
菊花の候
菊薫るの候
残菊の候

※「候」の部分は「折」「みぎり」に置き換えても可

秋気いよいよ深く
菊花薫る季節
小春日和の今日此頃
冷気日ごとに加わり
紅葉の季節を迎えました
落ち葉散りしく時節
日足がめっきり短くなりました
朝夕の寒気が身にしみるころとなりましたが
めっきり寒くなってまいりましたが
日増しに寒さがつのってきますが
ゆく秋の寂しさ身にしみるころ
こたつの恋しい季節になりました



スポンサードリンク



安否の挨拶の例



ますますご清栄の事とお喜び申し上げます。
皆様にはおかわりございません(ありません)でしょうか。
いかがお過ごしでしょうか。
時節柄ご自愛のほどお祈り申し上げます。
ますますご健勝の事とお喜び申し上げます。
皆様にはお変わりなくご健勝のこととお喜び申し上げます。
ご家族様にはますますお健やかにお過ごしのことと存じます。
いつも何かとお心にかけて下さいましてありがとうございます。

※企業向け
貴社ますますご発展のこととお喜び申し上げます。
貴社ますますご健勝の事とお喜び申し上げます。
貴社ますますご清栄の事と存じます。


以上を踏まえると、次のような書き出しの文章が出来上がります。


晩秋の候、ますますご清栄の事とお喜び申し上げます。
落ち葉が散り敷く季節となりました。皆様にはおかわりございませんでしょうか。
朝夕の寒気が身にしみるころとなりましたが、時節柄ご自愛のほどお祈り申し上げます。


11月の書き出しのポイント


地域にもよりますが、11月の場合は「日中はまだ暖かいなぁ」と感じる日があったり、逆に「本格的に寒くなってきたなぁ」と感じる日があったりする月です。


ですから、11月の中でも上旬・中旬・下旬で書き出しを使い分けると良いでしょう。


「結び」って何? 


結びとは、手紙のメインである「主文」のあとに来る文章のことを言います。


こちらも書き出しと同じように季語を入れて書き、この結びの文章をもって手紙の締めくくりとなります。


結びの例




季節の流れは早いものです、秋から冬への気温変化にご自愛下さい
向寒のみぎり、くれぐれもご自愛くださいませ。
めっきり冷え込んできましたね。くれぐれもお身体をご自愛ください
朝夕の寒さには冬の到来を感じずにはいられませんが、お風邪などお召しにならないようご用心下さい
季節の変わり目ですので、くれぐれもお体にはお気を付け下さいますよう
寒さに向かう季節、風邪などお召しになりませぬように
向寒の折柄、ご健康にはくれぐれもお気をつけください
忙しい年末を前に、お体に気をつけてお過ごしください


正しい手紙の書き方をマスターしよう!


ここまで、手紙を書く場合の「書き出し」と「結び」の解説、「11月」に送る手紙での書き出しと結びをまとめさせていただきましたが、いかがでしたか?


一年中使うことができる書き出しと結びというのもあるのですが、せっかくですから11月ならではの季語を使った、季節感たっぷりの書き出しと結びにしたほうが良いと思います。


ぜひ参考になさってくださいね。


スポンサードリンク