歯茎のできもの、誰もが経験したことのある口腔内のトラブルだと思います。


この歯茎のできもの、「臭いや膿を放置すると危険」と言われているのですが、本当に危険なのでしょうか?


また、放置するとどうなってしまうのでしょうか。

歯茎

臭いや膿を伴う「歯茎のできもの」の正体は?

歯茎
この、臭いや膿を伴う歯茎のできものの正体は「フィステル」というものである場合が多いです。


フィステルとは、別名「婁孔(ろうこう)」とも呼ばれている、何らかの原因によって歯の周囲に溜まった膿が外に出ていくための穴のことです。


穴とはいっても実際に歯茎に穴が空くわけではなく、白っぽいおできのようなできものができます。


歯と歯茎の境目よりも離れたところにできるのが特徴です。


最初は自覚症状がほとんどない


フィステルは、痛みやかゆみといった自覚症状がほとんど現れません。


自覚症状が現れたとしても多少違和感を感じるくらいで、鏡で口の中を見た時に初めて気づくようなものです。


フィステルの原因

赤ちゃん インフルエンザ
フィステルは、



・歯の神経(歯髄)が死んでしまった
・歯根破折
・不適切な根管治療
・歯周病


などに引き起こされる場合が多いです。


こういった原因によって歯の根っこの部分で膿が溜まり、その出口が歯茎に「できもの」として出てきてしまうのです。


臭い膿は口臭の原因に…



膿は、歯の根っこで細菌と戦った末に死んでしまった「白血球」の死骸であり、何とも言えない不快なニオイを放つので口臭の大きな原因となります。


同時に、フィステルから出てくる膿は不快に感じるほどの酸っぱい味がするため、気持ち悪くなってしまう場合もあります。


スポンサードリンク


放置して治療が遅れるとどうなる?

インフルエンザ

フィステルは、一度潰れて膿が出てしまうとしぼんでしまいますが、かといって放置をしても治ることはありません。



膿が出る

膿が溜まる

膿が出る


といった感じで、「膿が出ては溜まって、出ては溜まって」を繰り返します。


放置して治療が遅れると歯の神経を死なせてしまったり、歯の根っこを溶かしてしまったりする場合があり、最悪の場合は歯を失うことになります。


また、フィステルを放置することによって、口の中に何度も膿が排出されるような状態になるので、慢性的な口臭の原因にもなりかねません。


ですから、早急に歯科を受診して適切な治療を受ける必要があります。


命の危険も…



フィステルの影響は歯どころではなく、身体のほうにも及んでしまうことがあります。


膿が全身に回ったことで命さえも失ってしまう可能性があります。



歯茎の異常を見つけたら早く歯科へ!


病院
ここまで、歯茎のできものとして多いフィステル、そしてフィステルの臭いや膿を放置すると何が危険なのかということについてお話しさせていただきました。


「たかができもの」と思ってしまいがちではあるのですが、ご紹介している通り、フィステルは歯の健康だけではなく「命」にも関わってくる状態であることを表しています。


ですから、「できものができている」などといった歯茎の異常を見つけた時には早めに歯科を受診してほしいと思います。


酷い状態であれば抜歯が必要になることもあるフィステルですが、早めに治療を受ければ抜歯せずに治すことができる可能性は十分にあります。