歯茎の腫れは、誰もが経験したことがあると思います。


中には、歯茎の腫れが悪化して痛んだり、膿が出てきたりすることもあります。


こんな時にしてはいけない間違った対処法があります。


歯茎の腫れが痛くて膿が出てきた時の間違った対処法とは、どのようなものなのでしょうか。


そして、間違った対処法から学ぶ、正しい対処法についてもご紹介します。

悩む

歯茎から膿が出てくる原因って?


そもそも、歯茎が腫れて膿が出てくるのはどうしてなのでしょうか?


原因として考えられるのは、



・虫歯
・歯周病
・親知らず周辺での細菌の繁殖
・磨き残しによる最近の繁殖
・根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん:別名「歯根膜炎(しこんまくえん)」)
・歯根破折(しこんはせつ)
・根尖病巣(こんせんびょうそう)


といった状態や病気になります。


いずれにしても、歯茎が腫れていて痛みが出たり、膿が出てきたりするというのは異常のサインなので、放置してはいけません。


間違った対処法


気をつける
歯茎の腫れが痛くて膿が出てきた時の間違った対処法とは、どのようなものなのでしょうか。


歯茎に負担をかける歯磨き


「口の中をキレイにして早く治さなければ!」と思うかもしれませんが、それはかえって逆効果になります。


力を入れたり、かための歯ブラシを選んだりして歯磨きをすると、かえって歯茎を傷つけ、腫れによる痛みや膿が悪化する恐れがあります。


刺激の強いうがい薬の使用


こちらもやはり、「口の中をキレイにしなければ」という思いから、刺激の強いうがい薬で口の中を消毒しようとする方もいます。


ただ、やはり刺激が強いということは、炎症を起こしていて弱っている歯茎にはあまり良くありません。


スポンサードリンク



正しい対処法


では逆に、歯茎の腫れが痛くて膿が出てきた時の「正しい対処法」をご紹介します。


どのような対処をすればよいのでしょうか。


やわらかめの歯ブラシで歯磨きをする

赤ちゃん 歯磨き
前述している通り、歯磨きに力を入れても逆効果になってしまう恐れがあり、危険と言わざるを得ません。


ですから、歯茎の腫れが痛くて膿が出てくるような場合には、歯ブラシをやわらかめのものに変えましょう。


そして、歯磨きをする時はなるべく力を入れすぎず、優しい力で丁寧に磨いてあげてください。


「イソジン」でうがいをする


うがい薬の代名詞でもある「イソジン」は、殺菌効果が高いにも関わらず低刺激性で炎症を起こした歯茎にもあまり負担をかけません。


イソジンの他にも、「コンクール」といううがい薬を使ったうがいもオススメです。

薬用の歯磨き粉を使用する


薬用の歯磨き粉には殺菌作用のある成分が含まれているため、口の中をキレイに殺菌することが可能です。


また、歯茎の炎症を予防する効果もあるので、歯茎の腫れが治まっても使い続けたほうが良いかもしれません。


患部を冷やす



歯茎の腫れや痛みは患部を冷やすことで抑えることができます。


冷やすことによって血液の循環も抑えられるため、膿による内圧の上昇を下げることもできます。


まずは歯科に行くことを考えて

病院
歯茎の腫れが痛くて膿が出てきた時の間違った対処法、そして間違った対処法から学ぶ正しい対処法についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


間違った対処法だと悪化する可能性があるので、絶対にしないように気を付けてください。


また、正しい対処法に関しても悪化を抑えることはできますが、歯茎に異常が起こっていることに変わりはないですし、何か病気が潜んでいるかもしれないのでまずは歯科に行くことを考えてください。

スポンサードリンク