「2016年の初詣は明治神宮に行きたい」と考えている方も多いと思います。


明治神宮では、参拝者に向けた様々な屋台も出店しています。


この屋台が参拝した後の楽しみでもあるわけですが、「屋台は夜がおすすめ」という意見が聞かれます。


さて、なぜ屋台は夜がおすすめなのでしょうか?

明治神宮

全国No1の参拝客数を誇る神社

明治神宮
明治神宮は全国的にも非常に有名な初詣スポットです。


というのも、初詣に明治神宮を訪れる参拝客の数は、正月三が日だけでも300万人を超えるといわれているからです。


いくら混雑するとはいえ、混雑のことよりも「パワースポットでもある明治神宮に初詣に行って新年をスタートさせたい」という思いのほうが強い方が多いからこそ、これだけの参拝客が訪れるのだと思います。


明治神宮の開門時間


13月31日の大晦日からお正月期間にかけての明治神宮の開門時間は、通常の開門時間よりも変動があります。

【12月31日(大晦日)】6:40~終日
【1月1日(元旦)】0:00~19:00頃
【1月2日】6:40~18:30頃
【1月3日】6:40~18:30頃
【1月4日】6:40~18:00頃
【1月5日以降】6時40分~16時20分頃(通常通り)

混雑する日・時間帯

明治神宮

大晦日からお正月期間にかけて、明治神宮は参拝客で非常に混雑します。


特に混雑するのは12月31日から1月1日の年をまたぐ時間帯で、この時間帯に訪れると3~4時間の待ち時間に耐えなければなりません。


混雑を避けるのであれば、1月1日以降の閉門間近の時間の参拝がおすすめです。

スポンサードリンク



明治神宮は屋台がすごい!

明治神宮
皆さんの中では、初詣に行く目的の1つにもなっているのではないかと思われるのが「屋台」です。


初詣を済ませた後に屋台でおいしいものを食べたり、お土産に買ったりするのが楽しみだという方も多いはずです。


明治神宮は「全国No1」といっても過言ではないほどの屋台が並び、参拝を終えた多くのお客さんでにぎわっています。


屋台の営業時間・営業期間


明治神宮の屋台の営業時間は、明治神宮の開門時間と一緒です。


そして営業期間は、明治神宮の外に出店している屋台は正月三が日、明治神宮内の文化館前広場に出店している屋台は1月5日まで楽しむことができます。


なぜ屋台は夜がおすすめなのか?

なぜ、明治神宮の屋台は夜がおすすめなのかというと、「混雑しない時間帯だから」です。


寒い中ぶるぶる震えながら屋台に並ぶというのも、あまりいい気分はしないと思います。


それであれば、夜の空いている時間に明治神宮を参拝して、空いている時間に屋台を楽しめたほうが良いわけですよね。


明治神宮は閉門間近の夕方~夜にかけての時間は明治神宮への参拝客も少なくなってくるため、同時に屋台の混雑も緩和されますから、長時間並ばなくてもおいしいものが手に入ります。


「夜だから」といってメニューが変わるわけではありませんが、B級グルメの屋台も年々増えてきているので、2016年はどんなB級グルメの屋台が仲間入りするのか期待したいところです。


明治神宮で明るい1年のスタートを

新年
ここまで、明治神宮の初詣について、屋台の話題を中心にご紹介させていただきました。


パワースポットでもある明治神宮を初詣で参拝し、屋台でおいしいものを食べれば、身も心も明るい状態で1年のスタートを切ることができるのではないでしょうか。


スポンサードリンク