「パワースポット」としても名高い「伊勢神宮」。


そんな素晴らしい場所に初詣に行き、2016年を良い年にしたいという方も多いと思います。


そこで今回は、パワースポットでもある伊勢神宮へ初詣に行くにあたって、気になる混雑状況の予想を中心にお話ししたいと思います。

伊勢神宮

伊勢神宮にはパワースポットが集まっている


伊勢神宮
前述している通り、伊勢神宮は「パワースポット」として有名な神社なのですが、それは伊勢神宮の境内の中にパワースポットがいくつもあるからです。


例えば、


式年遷宮のお祓いが行われる「三石」
夫婦神が祀られている「月読宮」
一番強力なパワースポットと言われている「四至神」
伊勢神宮内に生えている木の中でも一番大きいとされている「パワーツリー」
安産祈願や縁結びのご利益を得ることができる「子安神社」


など、不思議なパワーを感じることができるパワースポットが点在しています。


年中訪れることができる場所ではあるのですが、初詣という大事な機会に訪れることで、良い1年のスタートが切れそうな感じがしますよね。


近年は参拝客が多い傾向に

伊勢神宮
初詣として伊勢神宮を訪れる参拝客の数は、毎年60万人を超えます。


これだけでもものすごい数なのですが、近年のパワースポットブームに加え、2013年には式年遷宮が行われたことでも話題となったので、2016年は60万人を超えるどころの参拝客では済まない可能性が高いです。


スポンサードリンク



伊勢神宮の混雑状況予想

伊勢神宮
では、伊勢神宮へ初詣に行くにあたって気になる混雑状況を、これまでの混雑状況をもとに予想してみたいと思います。


大晦日の夜から三が日が混雑する


伊勢神宮が混雑し出すのは大晦日の夜、ちょうど年をまたぐ辺りになります。


大晦日の夜から混雑が始まり、正月三が日は日中を中心に身動きが取れないほどの大混雑が予想されます。


伊勢神宮内はもちろんのこと、伊勢神宮周辺の道路も大渋滞して交通規制がかけられることもあるので、伊勢神宮にたどり着くまでの渋滞に対する覚悟も必要になるでしょう。


正月三が日は夜間も混雑する


本来であれば夜間の参拝はできないことになっている伊勢神宮ですが、12月31日から1月5日にかけての6日間に限り、夜間の参拝が可能になります。


この期間中の31日・1日・2日・3日の正月三が日は、日中ほどではありませんが夜間も混雑することが予想されます。


特に31日から1日にかけての夜間は大混雑するので、それなりの覚悟は必要になるでしょう。


混雑しない時間帯は?



基本的に、正月三が日を過ぎた4日・5日になると日中・夜間共に参拝客の混雑も落ち着いてきます。


ただ、当然ながら夜間よりも日中のほうが混雑する可能性が高いので、4日・5日の夜間が狙い目と言えるでしょう。


また、1月6日を過ぎると日中の参拝客もかなり落ち着いてくるので、「混雑しない日中に参拝したい」という方は1月6日以降の参拝をオススメします。


「伊勢神宮」でステキな1年のスタートを

伊勢神宮
ここまで、伊勢神宮の初詣について混雑状況予想を中心にご紹介させていただきました。


混雑に巻き込まれることは覚悟しなければなりませんが、パワースポットである以上、1年のスタートを切るのには最適な場所であることに変わりはありません。


伊勢神宮で初詣を済ませ、ステキな1年をスタートさせましょう!


スポンサードリンク