浅草寺に初詣をして新しい年の幸せを願いませんか?


有名だけど意外としらないご利益や厄除けについての情報をまとめてみました。これで2016年も家内安全で幸せ間違いなしですね!

浅草寺

浅草寺ってどんなお寺?


浅草寺というと東京でもっとも有名なお寺といっても過言ではないかもしれません。


場所も国内外の観光客が集まる「浅草」。


なんとその歴史は平安時代にさかのぼります。


ご本尊は、「観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)」、いわゆる観音様です。


さまざまな仏様の中でも最も慈悲深く、人々の苦しみを取り除く存在として信仰を集めています。


浅草寺といえば、雷門も有名ですね。


本来は「風雷神門」という名前だったのですが、雷門として有名になっています。


参道である仲見世通りも浅草の有名な観光スポットですね。


雷門から浅草寺までの約250mにお土産物屋さん、グルメなど様々なお店が立ち並んでいます。


浅草寺に初詣に行くなら、ぜひ仲見世通りも散策してみてくださいね。

ご利益は?厄除けの方法とは?

浅草寺
浅草寺のご本尊は、「聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)」です。


先に説明した通り、一般的にはとても慈悲深い仏さまとされていて苦しむ人々を救う存在だと考えられています。


浅草寺のご利益




・かんかん地蔵で金運UP

・煙にあたって体の悪いところが良くなる

・煙に頭をあてると頭が良くなる

・煙を全身に浴びて縁結び


このように金運から、健康、学業の成績アップ、縁結びなど浅草寺のご利益はオールマイティだということがわかりました。


これならご友人と一緒、家族と一緒でもみんな幸せになれてしまうこと間違いなしですね!


では、浅草寺の厄除けのお守りについてもご紹介しましょう。


スポンサードリンク



浅草寺の厄除けのお守り


災難除守がオールマイティな厄除けとしてかなりの人が購入しているお守りです。


もともと風神様・雷神様も風水害などの自然災害から土地や人々を守るために祭られている神様です。


雷門もある浅草寺。そういう意味では、オールマイティな厄除けのご利益もあるんですね。


蓮弁守も病気を患ってしまった方に人気のお守りです。


病気を治し、健やかになるのがご利益です。


このお守りを買って、さらに煙も浴びればいうことなしですね。


そして、気になるのがやはりおみくじです。




巷では「浅草寺は凶が良く出る」とかいう噂もあるそうですね。


でも、お寺によれば「凶が出ても毎日を誠実に過ごせば、福に転じる」ということです。


凶のおみくじは、所定の場所に結んで良い結果のおみくじはお守りとして持ち帰ることで厄除けにもなりますよ!


2016年も家内安全で!


いかがだったでしょうか?有名な浅草寺ですが、結構知らないことがたくさんあるものですね。


せっかく初詣をしてご利益にあずかる、厄除けをしたいと思ったらちょっと歴史を調べてみたりしても楽しいかもしれません。


2016年も家内安全で幸福な一年になるように、浅草寺で初詣をしてお願いしてきましょう!

スポンサードリンク