自分がまさか産後うつに悩むなんて!多くの人が悩む産後うつはいつまで続くのでしょうか?


離婚の原因にもなりかねない危険なサインに早く気づいて家族で対処していきましょう!

悩む

産後うつってどんなもの?


では、今赤ちゃんが生まれたばかりの方もこれからの方もあらかじめ知っておきたい「産後うつ」とはどのような病気なのか?ということをご説明します。


産後うつの症状


産後うつもほぼ、普通のうつ病と同じような症状が出てきます。具体的に言うと、


・イライラする
・気分が落ち込む
・眠れない
・ご飯が食べられない


こういった症状が出てきます。


それに加えて、「赤ちゃんが可愛いと思えない」とか「夫に愛情を感じない」とか「自分がダメな母親だと感じる」などが産後うつの代表的な症状です。


最悪の場合、将来に希望が見いだせなくなって「死にたい」と感じたり、気力がなくなって育児放棄などをしてしまうケースもあります。

産後うつの原因


確かに産後うつになる人とならない人がいますが、なったからといってその人が悪いということはありません。



産後の母親を取り巻く環境は実に過酷です。


過酷なんて大げさな、と思われるかもしれませんが、産後のお母さんの体は劇的に変化します。


その変化だけでなく、生活も一変するでしょう。



しかも、現代は核家族化が進み、育児をほとんど一人でしなければならないお母さんも多くその精神的・肉体的な負担はかなりのものです。


里帰り出産して自宅に帰ってから、産後うつになる方もいるくらいです。

スポンサードリンク


産後うつが離婚の原因に!?

泣く
最近産後うつに加えて「産後クライシス」という言葉もよく聞かれるようになりました。


これは、産後の「夫婦関係の危機」ということです。


どうしてそうなってしまうかというと、産後はホルモンバランスの乱れから「うつ」と関係するといわれる気分を安定させる物質の「セロトニン」の分泌が減ってしまうことも一因です。


それによって、一時的にうつのような状態になったりするのです。


こればかりは、「気持ちの問題」ではありませんし、自分でコントロールすることもままなりません。


産後、奥さんがこういう状態になってしまうかもしれないということを夫の側があまり理解していないとさらにすれ違いが生じやすくなります。


最近では「イクメン」という言葉もよく聞かれるようになり、男性の育児参加が当たり前になってきました。


でも、まだまだテレビの中の芸能人や一部の労働環境のよい企業以外の男性は「参加したくてもできない」という状態があるのが現実です。


その「イクメン」と自分の夫を比べてしまい、愛情を感じられなくなることもよくあるケースだったりもします。


こういったすれ違いが続き最悪離婚というケースもあるので、産後うつ・産後クライシスは甘く見てはいけないのです。

産後うつかもしれないと思ったら?

入院
夫婦間でも「報告・連絡・相談」はとても大切です。


悩んでいると「どうせわかってもらえない」という思考に陥りがちですが、一度一番身近な夫に相談してみましょう。


産後うつのサイトを一緒に見てもらうのもよいかもしれません。


客観的に書かれているサイトを見てもらうと理解が深まるでしょう。


そして、産後うつの症状があまりにも辛くて日常生活に支障が出てきたら躊躇せずに病院で診察を受けてください。


お母さんが元気がないと赤ちゃんまで元気がなくなってしまいます。


家族みんなで辛い産後うつを乗り越えていきたいですね。

スポンサードリンク