赤ちゃんのとびひとアトピーはよくあること。


でも、赤ちゃんが辛くないように早く治すためにはどうしたらいいのでしょう?治療法など皮膚トラブルに関する基礎知識をまとめました。
病院

とびひってどんな症状?

赤ちゃん
とびひの正式な名前は「伝染性化膿疹(でんせんせいかのうしん)」です。


どういうときにとびひになってしまうことが多いのか気になるところですが、とびひになりやすいのは


虫刺されなどを掻き壊してしまったときです。


何もない状態でいきなりとびひになることはあまりなく、傷などに菌が入ってなるというケースが一般的ですね。


ほとんどのとびひは水泡ができてかゆみを伴います。



しかも、掻いてしまって水泡が破れるとほかの部位にも感染が広がってしまいます。


また、人にもうつるので注意が必要です。


もう一つは、かさぶたができるタイプのとびひです。


こちらは、水泡が破れた後にかさぶたができます。



こちらはかゆみではなく痛みが強いのが特徴で、発熱したりのどが痛くなることも。


こちらも人にうつるので注意が必要です。

アトピーの初期症状は?


アトピーの初期症状は乳児湿疹ととてもよく似ています。



基本的にアトピーは頭皮や顔に発疹ができるところから始まります。


強いかゆみが特徴でかきむしってしまうこともよくあり、赤ちゃんもかゆみで機嫌が悪くなってしまったりしますね。


耳や全身の関節に症状が出ることもあり、皮膚ががさがさになってしまうこともあるのです。


アトピー性皮膚炎の特徴はよくなったり悪くなったりを繰り返して慢性化してしまうこと。


乳児湿疹はすぐによくなることが多いのですが、アトピーの場合にはすぐにまたぶり返してしまったりします。


でも、アトピーといっても赤ちゃんの場合には大人に比べて比較的治りやすいと考えられています。


この先ずっとアトピーなのでは?と心配になってしまうかもしれませんが、医療機関で相談して治療していけば治るケースが多いのです。


赤ちゃんもかゆみが続くと睡眠の質が悪くなったりなどの心配もありますので、つらそうな湿疹が続く場合には病院で診療を受けましょう。

スポンサードリンク


とびひの治療法は?

治療
とびひの原因は、どこにでもいる最近です。


具体的にいうと黄色ブドウ球菌と化膿レンサ球菌ですが、これらを抗生物質で退治してしまうのが基本的な治療法です。


内用薬と外用薬の両方を処方され、内側と外側からアプローチして治していく方法が一般的です。


また、かゆみが強い場合には抗ヒスタミン薬でかゆみを抑える治療もすることがあります。


とびひかと思ったら早めに対処できるように皮膚科を受信しましょう。

アトピーの治療法は?


ほとんどの赤ちゃん、つまりアトピー性皮膚炎の赤ちゃんの8割は1歳から3歳の間に治るというデータがあります。


とはいえ、なかなか治らずにつらそうなわが子を見ていると親も辛いですよね。


一般的には、病院を受診するとステロイド剤を処方されてまずは強い炎症を抑えるというステップを踏むのが知られています。


ですが、ステロイド剤には副作用の問題など賛否両論ありますのでかかりつけ医にメリットとデメリットなどの説明を詳しくしてもらいましょう。


最近では、生活環境の改善もキーポイントだと考えられています。


そのあたりも相談しやすいお医者さんを選ぶことが大切ですね。

スポンサードリンク