いずれ1人で眠ることになる赤ちゃんには、「ねんねトレーニング」は欠かせません。

このねんねトレーニング、いつからスタートさせるべきなのでしょうか?

また、赤ちゃんにストレスを与えないような始め方についてもお話ししたいと思います。
泣く

「ねんねトレーニング」って何?

赤ちゃん 寝る
ねんねトレーニングとは、赤ちゃんが1人で眠りにつくことができるようにトレーニングすることを言います。


赤ちゃんが1人で眠りにつくことができようになると、赤ちゃんもお母さんもぐっすりと眠ることができるので、親子共々睡眠の質を良くすることができます。


ねんねトレーニングはいつからスタートさせるべき?


ねんねトレーニングに関しては、多くの書籍が出版されているのですが、多くの書籍で「ねんねとレーニングをスタートさせるのに適している」とされているのが、「生後6か月頃」です。


なぜかというと、ねんねトレーニングは「おっぱいがないと眠れない」という状態を断ち切ることが目的だからです。


生後6か月となると離乳食も始まり、夜間の授乳の必要性もなくなってくることから、離乳食を始める時期に合わせてスタートさせるのがベストなのだそうです。


添い乳が睡眠の質を下げる


赤ちゃんはおっぱいが大好きで、咥えていると安心するので、添い乳をしたり、夜中に目が覚めた時には授乳をしたりすることで、満足して眠りに落ちます。


「安心するなら良いのでは?」と思われるかもしれませんが、この状態が癖になってしまうと、添い乳がないと眠れなくなってしまい、赤ちゃんの睡眠の質が下がります。


夜泣きをした時の抱っこや夜間授乳も同じ


夜中に目を覚ました赤ちゃんは、1人で眠りにつくことができないので、泣いてお母さんを起こします。


そして、抱っこをしてもらったり、おっぱいをもらったりすることで、寝かしつけてもらおうとしているのですが、1人で眠りにつくことを覚えてしまえば、赤ちゃんとしては泣く必要がなくなります。


夜間授乳が必要な月齢であればやむを得ませんが、離乳食が始まっているのであれば、少しずつ眠りとおっぱい・抱っこの関係を断ち切っていき、1人で眠ることを学習させたほうが良いのです。


スポンサードリンク



赤ちゃんにストレスを与えないねんねトレーニングとは?

おしゃぶり 必要
ねんねトレーニングには、「泣かせる方法」と「泣かせない方法」の2種類がありますが、いずれにしてもいきなりトレーニングを始めても、赤ちゃんにとってはストレスになるだけです。


ですから、少しずつ段階を踏んでトレーニングを進めていくことをおすすめします。


まずは「規則正しい生活」を


まずは、規則正しい生活を送ることができるように、起きる時間と寝る時間、食事をする時間を一定にしましょう。


そして、朝はお部屋に朝日を入れて、夜は少しずつ照明を暗くしていき、眠りに入りやすくするようにしましょう。

「入眠儀式」を定着させる


眠る前に必ず行う入眠儀式を作り、「これが終わったら寝るんだ」ということを学習させましょう。


「絵本を読み聞かせる」「子守唄を歌う」などといった入眠儀式が、赤ちゃんには有効です。


無理のないねんねトレーニングを


ここまで、ねんねトレーニングのスタート時期や、赤ちゃんにストレスを与えない始め方についてお話しさせていただきました。


お話ししている通り、まずは「規則正しい生活」と「入眠儀式」を定着させてから、本格的なねんねトレーニングに移るようにするとストレスになりません。


赤ちゃんにストレスが加わってしまってもいけませんし、ストレスが溜まった赤ちゃんをフォローするのは親御さんになるわけですから、くれぐれも無理のないようにねんねトレーニングを進めていってくださいね。

スポンサードリンク