出産が近づくと、いつ陣痛が始まって入院することになっても良いように、入院準備をしておくことになると思います。

すでに入院準備が終わっている方もいらっしゃるかとは思うのですが、中身は完璧ですか?

今回は、出産の入院準備のリストと、 意外に忘れがちなものなどをピックアップしたいと思います。
リスト

入院準備はいつまでに済ませるべき?


入院
初めての出産となるお母さんにとっては、「入院準備はいつまでに済ませるべきなのだろうか」という段階から、疑問に感じると思います。


目安としては、36週に入る前までに入院準備を済ませておくと安心です。


出産予定日間近になってから準備し出すのでは大変ですから、36週に入る前までに済ませておくのがベストなのです。


出産の入院準備リスト


リスト

出産するにあたっての入院準備リストには、どのようなものがあるのでしょうか?

入院手続きに必要なもの



・母子手帳
・診察券
・健康保険証
・印鑑


陣痛・入院時に必要なもの



・飲み物(ペットボトル500ml)
・うちわ
・使い捨てホッカイロ
・冷却シート
・ストローまたはストロー付きのペットボトルホルダー
・軽食かおやつ
・デジタルカメラ


産後の入院生活で必要なもの



・産褥ショーツ 3枚
・産褥ナプキン(夜用の生理用ナプキン1パック)
・前開きパジャマ 3組
・授乳用ブラジャー 3枚
・腹帯
・カーディガン(ガウン)
・ソックス
・スリッパ
・清浄綿
・母乳パッド
・ガーゼ
・タオル
・歯みがきセット
・洗面用具
・スキンケア用品
・メイクアップコスメ
・ティッシュペーパー
・ゴミ袋
・爪切り
・箸
・スプーン
・コップ
・時計


退院時に必要なもの



・ベビーウェア
・赤ちゃんの肌着
・おくるみ
・紙おむつ
・お母さんの服
・入院費用



スポンサードリンク



意外に忘れがちなのはコレ!!


小銭


自動販売機に飲み物を買いに行ったり、携帯電話NGの病院の場合は公衆電話を使って電話をしたりする場合に、小銭は必要です。


「お札があればなんとかなる」と思うかもしれませんが、前もって小銭を多めに作って準備しておくと、必要な時にすぐ使うことができます。


筆記用具


入院中は書類を書いたり、メモをしたりする機会が多いため、筆記用具は必要不可欠です。


筆記用具を持ち歩く癖がある方であれば心配要らないと思いますが、最近ではスマートフォンに頼りがちな部分も多く、筆記用具は意外と忘れがちになるので、気を付けてください。


耳栓


入院中は、他の入院患者さんもいますし、陣痛と分娩の苦しみで大声を上げる妊婦さんもいるので、やむを得ないとはいえ、周りの騒がしさに落ち着かなくなる場合もあります。


そのような時には、耳栓があると落ち着いて過ごすことができるようになります。


クリアファイル


入院中に病院のほうから渡される書類は意外と多いです。


キレイな状態で持ち帰ることができるようにするためにも、クリアファイルは用意しておきましょう。


音楽プレイヤー(iPodなど)とイヤホン


不安だらけの入院生活、音楽プレイヤーがあると好きな音楽を聴いてリラックスすることができるのでオススメです。


また、周りの騒がしさをシャットアウトする「耳栓」としての役割も果たしてくれるので、音楽プレイヤーとイヤホンは持って行ったほうが良いでしょう。

エコバック


病院のほうから書類やお祝い品、粉ミルク、粉ミルクなどを渡されたり、お見舞いに訪れた方からのお祝いなどを渡されたりすると、持って帰る荷物が増えます。


ですから、使わない時は小さく畳んでおくことができるエコバックがあると重宝します。


準備しておくものはたくさん!


ここまで、出産の入院準備のリストと、 意外に忘れがちなものをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


意外にも、準備しておかなければならないものがたくさんあることに驚かれた方も多いはずです。


当記事が、入院準備をしようとしている妊婦さんの参考になれば幸いです。


もちろん、「私の場合はこれも必要なんです」という物もあるかと思うので、その辺りは臨機応変に対応するようにしてくださいね。


スポンサードリンク