「出していない人から年賀状が来た」ということ、よくありますよね。


1月7日までであれば、年賀状で返事を出すことができるのですが、もしこの返事も出し忘れてしまった場合は、どうすれば良いのでしょうか。


今回は、「年賀状の返事を出し忘れた時の神対応」ということで、注目すべき3 つのポイントをご紹介します。
年賀状

年賀状として返事を出して良いのは7日まで



まず、「出していない人から年賀状が来た」という時は、「1月7日」までに相手方に届くように返事を出すのが基本になります。


この1月7日までの間であれば、年賀状を使って返事を書くことができます。


年賀状ができたら、少しでも早く配達してもらうことができるように、「郵便集配局」に出向いて投函するようにすると良いでしょう。


返事が間に合わないケースが多い


「どうして【年賀状の返事が間に合わない】なんてことが起こるのだろう」と疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれません。


最近の年末年始の過ごし方として、国内外へ旅行に行き、「旅先で新年を祝いながらまったりと過ごす」という方が増えています。


そのため、帰宅してからでは、年賀状の返事が間に合わなくなってしまう可能性もあります。


また、実家に帰省していて、年賀状の返事が間に合わなくなってしまう方も多いです。


返事を出し忘れた時の神対応は?


では、年賀状の返事を出し忘れてしまい、なおかつ1月7日の松の内までに年賀状を出すことができない時はどうしたら良いのでしょうか。


そんな時に神対応ができるアイテムが、「寒中見舞い」というものです。


寒中見舞いとは?


寒中見舞いというのは、一年のうちで一番寒さが厳しい季節に送る見舞状のことです。


季節ゆえに、体調を崩しやすくなっているであろう相手の体調への気遣いと、こちらの近況を伝えるために書くものです。



スポンサードリンク



寒中見舞いには何を書けばよいのか?


年賀状

おそらく、「寒中見舞いを何度も書いたことがある」という方は少ないと思います。


つまり、「何を書いたら良いのかわからない」という方のほうが多いはずです。


寒中見舞いの構成は、次のようにします。


寒中見舞いの挨拶となる言葉
(時候の挨拶)
年賀状をいただいたことに対するお礼の言葉
(こちら側の近況報告)
相手の体調を気づかう言葉
日付

※カッコで囲まれている部分は書いても書かなくても良いです。



寒中見舞いを書く時のポイント!


寒中見舞いを書く時は、次の3つのポイントに注目しながら書くようにしましょう。


ポイント①手書きで一言添える

260936
寒中見舞いは、文面が印字されたテンプレートがあるので、印刷すればすぐに出来上がってしまうのですが、やはり手書きで一言添えたほうが良いでしょう。


印刷しただけの寒中見舞いをもらうより、一言でも手書きで言葉が添えてあると喜ばれるはずです。


ポイント②年賀状の返事を出し忘れた理由は書かない


年賀状の返事を出し忘れてしまったことへのお詫びとして、「新年の賀詞を賜りながらご挨拶が遅れましたことをお詫び致します」という言葉を添えましょう。


ただ、お詫びの言葉を添えたとしても、年賀状の返事を出し忘れてしまった理由までは書かなくても大丈夫です。

ポイント③早めに届くように出す


寒中見舞いの送付時期としては、1月5・6日頃から2月4日までです。


とはいえ、「2月4日に届くように出せばいいや」というのではなく、「年賀状の返事を出し忘れてしまった」ということが根底にあるので、なるべく早いうちに出すようにしたほうが角が立ちません。


出し忘れても慌てないで


出していなかった人から年賀状が来たり、不在で対応が遅れたりすることは、誰にでもあるものです。


ですが、「寒中見舞い」という神対応アイテムがありますから、慌てず冷静に対応してくださいね。


スポンサードリンク