場所を取るベビーバスを代用してどうにかならないの?


そんなベビーバス代用派のみなさんに洗面台やたらいなどを使った簡単な赤ちゃんの沐浴法を紹介します!
赤ちゃん 沐浴

ベビーバスを代用するメリットは?


あったら便利なベビーバスですが、デメリットとしてはとにかく場所を取るということにつきます。


近年の住宅事情の場合、ベビーバスの置き場所に困ってしまうこともしばしばです。


しかも、ベビーバスを使う期間というのは結構短いものです。


生後2か月くらいからは、体を洗った後に抱っこして浴槽に一緒に入るという家庭も多いものです。


つまり、結局のところ数か月しか使わないことも多いのですね。


お値段は1,000円以下のものも多く、あまり高いという訳ではありませんが処分が面倒に感じることもあるでしょう。


それに、なんでも使い捨てしてしまうのも何だか勿体ない気がしませんか?


そこで、ベビーバスを上手に代用して無駄をなくしていこうという考えもあるという訳なのです。

洗面台を使う方法は?


洗面台

床にベビーバスをおいて沐浴すると腰の負担が気になるという方におすすめなのが洗面台を使う方法です。


ただし、なるべくなら洗面台は赤ちゃんの沐浴以外に使わない方がいいかもしれません。


病院の沐浴槽は使うたびにしっかりと消毒がされているから安心なのですが、家庭だとなかなかそうはいきませんよね。


朝歯磨きなどに使った後、浴槽を洗う洗剤で洗ったあと水気をふき取って乾燥させることで安心して使えるようになります。


これでも面倒だな、と感じたら洗面台にかぶせて使える場所を取らないタイプの商品を検討してもいいでしょう。

スポンサードリンク


たらいを使う方法は?


たらいを使う場合、リビングのテーブルなどで沐浴をするのが簡単です。


お風呂場または洗面所でたらいにお湯を張って、リビングに運んでくるだけです。


食器を洗うサイズのたらいで全く問題なく赤ちゃんなら沐浴させられますよ。


リビングで行う場合、ベビーソープよりも沐浴液の方が簡単にできます。


ただ、沐浴液はどうしても独特のぬるぬる感があります。それが嫌だという場合には、浴室でたらいを使って沐浴するのがおすすめです。


腰の負担は少し気になりますが、シャワーで軽く流せばぬるぬる感もすっきりしますよ!

一人でお風呂に入れるコツって?


帝王切開

一人でお風呂に赤ちゃんを入れなければならないという方も結構多いものですね。その時のちょっとしたコツを紹介します。


着替えを全部脱衣所に用意


自分の着替えも、赤ちゃんの着替えもぜんぶ脱衣所に用意しておきます。


特に新生児はおしっこの回数も頻繁です。すぐにおむつをあてられるようにしておきましょう。


バスマット・バスローブを活用


一番困るのが自分の着替えですね。


バスローブがあればさっと羽織れて、脱衣所を濡らしてしまう心配もありません。


バスマットがあれば、その間赤ちゃんを寝かしておけるので便利ですよ。


バスマットは小さいうちは安全のため、結構重宝しますので持っておいて損のないアイテムです。


バスチェアも便利


新生児期を過ぎてきたあたりから、バスチェアもかなり便利に使えるアイテムですね。


これがあると、お母さんも安心して髪の毛を洗ったり体を洗ったりできます。



新生児期はお風呂も一苦労ですが、終わってみると懐かしく思い出せるものです。


ちょっとの工夫でぐんと楽になりますので、いろいろと試してみましょう!

スポンサードリンク