11月生まれの子の名前にはどんなものがおすすめなのでしょうか?


秋生まれの赤ちゃんにピッタリな男の子と女の子の名づけを考えてみましょう!

11月生まれ 名前

11月生まれの名前を考えるエッセンスは?


11月というとどんなイメージがあるでしょうか?秋も深まり、芸術の秋といった感じですね。


文化の日という祝日がありますので、「」という字も活用してみるといいでしょう。


「あや、ふみ」など色々な読み方のできる字でもありますので、男女ともに使える文字です。


落ち着いた印象も秋の深まる11月にはピッタリの表現になるでしょう。


また、秋ならでは自然をイメージするのも名づけのヒントになるでしょう。


例えばこの時期には、がきれいだったり、星や月が特にきれいに見えたりしますね。


自分なりに季節をイメージして漢字を選んでいくのが大切です。


入れたい漢字を先に決めて、その後苗字と合わせて考えた字画などを考慮して決めていくととてもスムーズです。


字画にはこだわらないという人も多いのですが、後で子供が大きくなって自分の字画を調べたときに初めて「親がそこまで考えてくれていたんだ」と嬉しくなるという話もあります。


字画が悪いから絶対に幸せになれないなどのデメリットはもしかしたら気持ちの持ちようだけのことなのかもしれません。


でも、字画をしっかりと考えることでお子さんに親の「子を大切に思っている気持ち」を伝えることもできます。


なるべくあまりよくない字画はさけて、苗字と合わせて名前の音だけではなく考えるといいでしょう。

スポンサードリンク


秋生まれの男の子にオススメの名前は?


男の子

「文」を使った名前



文人(ふみと・ふみひと)、文也(ふみや)、浩文(ひろふみ)、文樹(ふみき)など


文という字は、名前の最初でも最後でも使いやすい響きが魅力ですね。


やさしい響きが芸術の秋生まれにピッタリです。


実りの秋をイメージした名前



稔・実(みのる)、秀人(ひでと)、拓実(たくみ)など


意外と知られていないのですが、「秀」という字にはよく伸びた稲穂の意味があります。このことから「秀でる」の意味になったのですね。


実り多い人生を、との意味でも秋に関係する名前は成長への願いを盛り込みやすいともいえるかもしれません。


秋生まれの女の子にオススメの名前は?

女の子

「文」を生かした名前



文音(ふみね・あやね)、文(ふみ・あや)、文江・文恵(ふみえ)、文華・文香(ふみか)など


深まる秋に生まれたことでどことなく しっとりしたイメージの名前が浮かんできますね。


自然・植物に関連する名前



美空(みそら)、星菜(せいな)、美月・実月(みつき)、杏那(あんな)、梨奈(りな)、紅葉(くれは)など


秋の美しい空や澄み渡る夜空・色づき実る植物をイメージした名前です。


女性的な印象で誰からも愛される名前になるでしょう。


名づけの注意点は?



名前の候補が決まってきたら、一度検索エンジンで検索してみることをお勧めします。


できれば、ひらがなやカタカナでも検索してみるのがベターです。


意外と盲点だった「変な意味の言葉と同音異義語」というのにいち早く気づくことができます。


漢字でも意外といい感じの読みなのに熟字訓と言って複数の感じでひとつの意味を示すものがあります。


「海星(ひとで)」とか「海月(くらげ)」などがわかりやすい例ですね。


お子さんに恥ずかしい思いをさせないように、検索で名前が変な意味になっていないかの最終チェックを行いましょう!



素敵な名づけができますように。

スポンサードリンク