出産するときの入院期間はおよそ何日間なのでしょうか?


また、日本の入院期間は長いという情報も?お産の際の入院する期間についてまとめました!

入院


出産する時入院期間はどれくらい?


帝王切開

出産する時の入院期間は早めに知っておきたいですよね。一般的に日本での入院期間をご紹介します。

病院によってもその期間は多少違いがある場合もあります。正確なところは、出産予定の病院で聞いてみて下さいね。

自然分娩の場合


出産後4日から5日という人が多いようです。


出血の量や体調の問題などがあると病院の判断でもう少し伸びる場合もあります。


たいていの場合は、出産日を入れて1週間以内に退院するという風に思っておくとよいでしょう。


帝王切開の場合


帝王切開の場合には、おなかを切開しているわけですから自然分娩と比べてもう少し入院期間が長くなります。


一番多いのが、出産前日から数えて8日~12日程度です。


自然分娩に比べてだいぶ長いように感じますが、帝王切開の場合には後陣痛が特に辛かったり、傷口の痛みが強い人もいます。


傷口の治り具合、痛みの程度、体力の回復具合などを総合的に判断して退院日が決まります。



日本ではだいたいこのくらいの入院期間が一般的ですが、長いと感じたでしょうか?それとも短いと感じたでしょうか?


病気という訳ではないのに数日入院するなんて、辛い!やることがない!と感じるかもしれませんが意外とそんなことはありません。


赤ちゃんが生まれると、全然休めないと言っても過言ではないほどやることがたくさんあります。


病院にいる間は、母子同室であっても体力的に辛くなったら赤ちゃんを預かってもらうことができます。


無理しすぎずに、赤ちゃんの預かりをお願いするなどして入院中は体力の回復に努めて赤ちゃんとの新生活に備えましょう!

スポンサードリンク


日本の入院期間は長いの?


安定期 何週目

海外の入院期間に注目が集まったことといえば、イギリスのキャサリン妃の出産のニュースですね。


キャサリン妃の場合には、出産の次の日には退院していたようです。


日本の感覚からするとかなり早いような感じがして驚きますね。


でも、海外では1泊で退院・長くても5日以内というのが主流です。


その理由は無痛分娩がかなり浸透しているからです。


そのため、お産の体力の消耗が抑えられている分回復も早い、ということなのかもしれません。


ドイツでは、入院期間が短いもののその後の助産師さんの訪問ケアが受けられるという特色があります。


国によって違う出産事情。今後海外で出産するかもしれない予定の方は、その国の育児や出産の事情について詳しくなっておきたいですね。

退院後の生活で気を付けることは?


退院後も産後1か月くらいは悪露が続きます。


量が減ってきてからは生理用ナプキンで大丈夫ですが、なるべくこまめに替えて清潔にしておきましょう。


また、しばらくはシャワーを使うようにしてお湯をためてお風呂に入るのは避けましょう。


これも細菌の感染を防ぐためです。


また、会陰の痛みが気になってトイレを我慢してしまう方も多いですが、我慢すればするほどトイレが怖くなってしまいます。


便秘を引き起こしてしまうので、なるべく我慢しないようにしましょう。


辛い場合は便をやわらかくする薬を処方してもらうのもおすすめですよ!


産後は自分の心と体を大切にしながら、赤ちゃんとの生活を楽しんでいきたいですね。

スポンサードリンク