風邪をひいたときにおなじみの身近な漢方薬、葛根湯。授乳時に服用しても大丈夫なのでしょうか?


また乳腺炎に効果的という情報も?葛根湯との上手な付き合い方を知って役立てていきましょう!

葛根湯 授乳時

葛根湯は授乳時に服用できる?


授乳時にはお薬や食べ物などもかなり気を使いますよね。特に、昔風邪薬を妊娠中に飲んだことで手足の奇形になってしまった赤ちゃんがいたということで神経質になってしまうことも多いでしょう。


なんとなく安心な感じのする漢方薬の中でも、葛根湯は風邪薬としてかなり身近ですね。これは授乳時に飲んで大丈夫なのでしょうか?


結論から言えば、葛根湯を飲んだことで赤ちゃんに重い副作用が出たり、体調を崩すことはありません。


しかし、市販されている葛根湯には葛根湯入りの風邪薬だったり、ドリンクだったり多くの種類があります。


市販されているものを飲む際には、なるべく薬剤師さんに相談するのがおすすめです。


「赤ちゃんに授乳中なのですが、飲んで大丈夫ですか?」などと聞けば大丈夫です。


実際に、授乳中には控えるように書いてある葛根湯とない葛根湯があります。


つまり、同じ葛根湯であっても成分に差があるようです。


葛根湯に含まれる成分のマオウというものは、頻脈・顔のほてりなどが現れたりすることがある成分です。


赤ちゃんが体調を崩す、までいかないにしても気になるなら病院で処方してもらった葛根湯を飲むようにしましょう。


市販薬を使いたい場合には、かならず相談してからにして安心して葛根湯を飲みたいですね。

スポンサードリンク


乳腺炎に効果的?


赤ちゃんが生まれてから乳腺炎になったことがある方もいるかもしれませんね。


乳腺炎というのは、乳房が腫れて熱を持ったりカチカチに固くなってしまうなどの症状の出る病気です。


39度などの高熱が出て苦しい思いをする人も少なくありません。


そのような症状が出て、病院で相談すると葛根湯を処方されることがあります。


葛根湯には乳腺炎の症状を緩和する効能があるのです。


葛根湯には体の血流を良くしたり、熱・腫れ・痛みを緩和する力があります。それが乳腺炎の症状にも効果があるのですね。


ただ、高熱が出たり重症化してからだとあまり強い効果は感じられないというケースが多いのも事実です。


乳腺炎になりかけている段階で飲むのがおすすめなのです。


しかし一番いいのは、乳腺を詰まらせないことです。食事や間食には十分気を付けてくださいね!

授乳中に気を付けたほうがいい薬は?


授乳中に気を付けたほうがいい薬の成分について少しリストアップしておきましょう。


・アスピリン
・エフェドリン
・クレマスチン
・ジメンヒドリナート
・シメチジン
・ファモチジン
・トリメプチン


これらが入っている薬は授乳時には避けましょう。しかし、なかなか覚えておくのも大変ですから使用上の注意の欄に「授乳中は避ける」などの文言がないかチェックし、お店で薬剤師さんに聞いてみてくださいね。


なるべく授乳している期間は、薬局で相談してから買うか、病院で処方してもらった薬だけ飲むようにすると不安が少なくなります。

漢方薬では、効き目がマイルドで自然の成分を使っていることから大丈夫なものが多いのですが、念のため薬剤師さんに相談する習慣をつけておきたいですね。

スポンサードリンク