妊娠したら安定期は何週目から始まるのでしょうか?そして、気になる出血は?


妊娠初期から中期にかけての不安を解消する情報をまとめました!

安定期 何週目

安定期って何週目から?


安定期というのは、妊娠初期のつわりなどの不快な症状がおさまり、体調が安定してくる時期のことです。


期間には個人差がありますが、妊娠16週から28週ごろまでのことをさすことが多いですね。


ただ、これは一般的な例なのでなかなかこの時期になっても体調が安定しないということもあり得ます。あくまでも目安として考えてくださいね。


妊娠初期は、赤ちゃんの方の問題などで残念なことに流産してしまうことも多い時期です。


安定期になると流産のリスクも少なくなり、つわりもおさまる方が多いので妊娠中の中でも最も楽しく快適に過ごせる時期でもあります。


しかし全体の20%ほどの方は、妊娠中何らかの体調不良が続き、安定期を経験しないともいわれています。


なかなか体調が安定しないなどの不安要素があったら、産院の助産師さんや先生に相談して不安を解消しましょう。

いつから出血は止まる?


妊娠中に出血があるとかなり怖くなってしまいますよね。でも、心配のない出血もありますよ。


とくに、妊娠4週から20週くらいまでは、そこまで心配しなくて大丈夫な種類の出血が起きやすい時期でもあります。


生理のように出血が数日続いたり、良性のポリープができて出血することもあります。


大事なことは、出血などの不安なことが起きたら病院に連絡して指示を仰ぐことです。



心配ないタイプの出血が多い中でも、中にはお母さんや赤ちゃんの命にかかわるような出血もあるからです。


とくに気をつけたい症状をまとめましたので、参考にしてみてくださいね。


・つわりがあまりにもひどく、少量の出血が続く
・大量の出血


胞状奇胎(ほうじょうきたい)や子宮外妊娠はかなり怖いトラブルです。出血がサインになることもあるので、注意しましょう。

スポンサードリンク


安定期に入っても気を付けることは?


安定期に入っても無理をしないのが妊娠中の基本です。


さらに、当たり前かもしれませんが妊娠中の飲酒や喫煙は控えましょう。


また、副流煙には自分で吸うよりもさらに有害な物質が多く含まれているとも考えられています。


なるべく煙草を吸う場所に立ち入らないようにしたいものです。


そして、つわりがおさまった反動で食べすぎないように注意しましょう。


多すぎる塩分は、高血圧の原因になりますし、脂肪がつくことで子宮頚管も狭くなり難産の原因になることもあります。


安定期に入っても、妊娠中の飲酒喫煙はしない、適量の食事をとり、運動をするなど健康的な生活を心がけましょう。


いちばん楽しい時期でもありますから、マタニティライフを満喫してくださいね。

予習編!出産後の出血はいつ止まる?


ちょっと予習になりますが、出産後も悪露といって出血があります。


こちらは、4週間くらい続くのが特徴です。


かなり量は人によって違いますが、生理がずっと続いているような感覚ですね。


出産後もしばらく出血が続く、ということを頭に入れておきましょう!


妊娠・出産の期間は、体のことが何かと気になるものです。


無理せず、体と相談しながら妊娠期・産褥期を過ごしましょう。

スポンサードリンク