赤ちゃんが風邪を引いた場合の症状としてよくあるのが、「鼻水」の症状です。


ズルズルと出続ける鼻水が原因で呼吸が苦しくなり、眠れなくなってしまう赤ちゃんも少なくありません。


赤ちゃんが鼻水で眠れない時、親としてどう対処してあげれば良いのでしょうか。

赤ちゃん 風邪 鼻水

風邪を引くと鼻水が出るのは?


まず、風邪を引くとどうして鼻水が出るのかということについて解説したいと思います。


風邪を引くと鼻水が出るのは、「生体防御反応」といって、風邪の原因となるウイルスを体の外に排出するための反応によるものです。


風邪のウイルスによって粘膜が炎症を起こすと鼻水が分泌され、ウイルスを洗い流そうと働いてくれているのです。


大人でも「厄介だなぁ…」と感じることの多い鼻水ですが、実は鼻水によって助けられているものなのです。


赤ちゃんは鼻水が出やすい


赤ちゃんというのは、風邪を引いている時はもちろんなのですが、風邪を引いていなくても鼻水が出やすいものです。


大人と比べると、鼻の粘膜がデリケートな状態であるため、ちょっとした温度の変化に触れただけでも鼻水が出るほどです。


その鼻水の量は、大人の鼻水の量とほとんど変わらないそうです。


「鼻腔が狭い」という理由も…


赤ちゃんの鼻腔は、大人と比べるとかなり狭いです。


そして、前述している通り鼻水が出やすいので、大人よりも狭い鼻腔内を、大人と変わらない分泌量の鼻水が通るとなれば、必然的に通りは悪くなります。


そのため、どうしてもどこかで鼻水が詰まり、赤ちゃんは苦しくなってしまうのです。



スポンサードリンク



鼻の通りを良くしてあげよう


鼻水で眠れなくなってしまうと、赤ちゃん自身も大変ですが、機嫌が悪くなってしまった赤ちゃんをあやすのも大変ですよね。


また、苦しそうな赤ちゃんの姿に不安になり、「寝ている間に呼吸が止まってしまったら…」などと思ってしまうこともあるでしょう。


赤ちゃんの鼻水の対処法としては、次のようなものがあります。


鼻水を拭き取る


鼻水が皮膚に付着したままでは、鼻の下が荒れてしまうことがあるので、鼻水を拭き取ります。


鼻水を拭き取る時は、ティッシュではなく「湿らせたガーゼ」や「おしり拭き」のような、赤ちゃんのお肌に負担をかけないもので優しく拭き取りましょう。


「鼻水吸引器」を使う


鼻水吸引器とは、鼻の中に溜まっている鼻水を簡単に吸い上げることができるアイテムです。


鼻水吸引器は、大きく分けて「親御さんの口で吸い上げるタイプ」「スポイトで吸い上げるタイプ」「電動で吸い上げるタイプ」の3種類があります。


この3種類の中で一番、手軽で安全なのは「スポイトで吸い上げるタイプ」の鼻水吸引器です。


説明書に従って鼻水を吸ってあげると、鼻の通りが改善されます。


綿棒で取り除く


赤ちゃんの機嫌が良い時にしかできない対処法かもしれませんが、綿棒でそっと鼻水を取ってあげましょう。


綿棒をくるくる回しながら鼻に入れてあげると鼻水が取れます。


綿棒は赤ちゃん用のものを使用するようにして、鼻の粘膜を傷つけないように気を付けてください。


口呼吸をさせないためにも鼻水は取り除いて!


ここまで、赤ちゃんが鼻水で眠れない場合の対処法についてお話しさせていただきましたが、いかがでしたか?


赤ちゃんの鼻水が多いのは仕方がないことではありますが、口呼吸が続くと、ウイルスや細菌を体内に摂り込みやすくなってしまうのであまり良くありません。


ですから、できる範囲で良いと思うので、赤ちゃんの鼻水を取り除いてあげてください。


また、鼻水が酷いような場合には、小児科を受診することも忘れないでください。


スポンサードリンク