「わが子をインフルエンザから守ってあげたい」と思うのは、どの親御さんも同じだと思います。


とはいえ、「新生児にインフルエンザの予防接種を受けさせたい」となると、接種可能なのかどうか、そして安全性の面も気になると思います。


そこで今回は、新生児にインフルエンザの予防接種を受けさせるのは危険なのかどうか、ということについて解説したいと思います。

新生児 インフルエンザ 予防接種

新生児もインフルエンザにかかるの?


予防接種以前に、「新生児もインフルエンザにかかるものなのか」という部分に疑問を感じている方も多いはずです。


よく、「赤ちゃんはお母さんの免疫を持っているから病気にかからない」とは言われますが、インフルエンザに感染しないという保証はありません。


流行する型が昨年のものと違うこともあるので、生まれたばかりの新生児であっても、インフルエンザに感染する可能性は十分にあり得ます。


生後6か月未満の赤ちゃんの場合、インフルエンザに感染したことで死亡する率も高いのだそうです。


「予防接種を受けさせたい」と考える理由


そもそも、なぜ新生児に予防接種を受けさせたいと考えてしまうのでしょうか。


親御さんの理由としては、大きく分けて3つあります。


保育園に預けたい


保育園に預けて少しでも早く職場復帰したいというお母さんも多いのですが、保育園は集団生活ですから、インフルエンザに感染する可能性が高くなります。


上の子がウイルスを持ってくる可能性がある


赤ちゃんに上の兄弟がいて、その兄弟が保育園や幼稚園、小学校などに通って集団生活をしている場合、インフルエンザウイルスを持ってくる可能性があります。


家族がインフルエンザにかかりやすい



「お父さんがたくさんの人と関わる仕事をしている」など、仕事柄インフルエンザにかかりやすい家族がいる場合も多いですよね。


また、外出する機会が多い家族がいる場合も多いはずです。


そういった家族がいる場合、ウイルスが家の中に持ち込まれる可能性が考えられます。


スポンサードリンク




新生児のインフルエンザ予防接種は推奨されていない


では、新生児はインフルエンザの予防接種を受けることができるのかというと、現状としては日本では推奨されていません。


日本では、生後6か月から予防接種を受けることができるようになるのですが、推奨されているのは1歳を過ぎてからです。


危険というわけではない


新生児がインフルエンザの予防接種を受けることができないのは、「危険だから」ということではありません。


確かに、アレルギー反応や副反応などの危険性は無視することはできませんが、推奨されていない一番の理由は、抗体ができにくいためです。


インフルエンザの抗体というのは、実際にインフルエンザに感染したほうが抗体の産生が良くなるため、予防接種だけでは効果が出にくい可能性があるのです。


「妊娠中の予防接種が効果を発揮する」との意見も


「妊娠中に予防接種を受けておくことでインフルエンザの予防効果がある」という研究結果もあります。


実際に、妊娠中に予防接種を受けたお母さんから生まれた赤ちゃんは、インフルエンザの罹患率と入院率が低いことがわかっています。


家族が予防を徹底する


ここまで、新生児にインフルエンザの予防接種は危険なのかということについてお話しさせていただきました。


記事の中でもお話ししている通り、新生児の予防接種は推奨されていません。


となると、家族がインフルエンザを家庭内に持ち込まないようにする必要があります。


予防接種を受けておくことはもちろんのこと、「マスク着用」「手洗い」「うがい」などの予防を徹底して、新生児をインフルエンザから守ってあげてください。


スポンサードリンク