赤ちゃんのこととなると、本当にちょっとしたことも気になって、不安に感じてしまうものだと思います。


親御さんが不安に感じてしまうことの一つとして「黄色い目やに」が挙げられます。


ではこの黄色い目やに、何が原因で、どうやって取ってあげたら良いのでしょうか?

赤ちゃん 目やに

赤ちゃんは目やにが出やすい



目やにの色に関わらず、赤ちゃんというのは元々目やにが出やすいものです。


それは、目の中に入り込んだ異物の排除や、目の代謝による老廃物の排出などといった目的があるからです。


そのため、寝起きについている白っぽい目やにに関しては、心配の要らない目やになので、気にする必要はありません。


問題なのは黄色い目やに



記事のテーマにもなっている黄色い目やには、赤ちゃんの目やにの中でも、細菌感染などによる炎症によってもたらされている目やにである可能性が高いです。


炎症によって発生した膿が目やにに混じって、黄色い目やにを作り出しているのです。



黄色い目やにが出る原因



黄色い目やにが出る原因としては、次のようなものが挙げられます。


結膜炎



結膜炎は、空気中のほこりや細菌類が目の中に入ることによって発症する目の病気です。



「ウイルス性結膜炎」や「細菌性結膜炎」など、様々な種類の結膜炎がありますが、いずれの結膜炎に関しても、目の粘膜の炎症により、膿の混じった黄色い目やにが出ることがあります。



逆さまつ毛



赤ちゃんのまぶたは脂肪がついていて、腫れぼったい感じがありますよね。


その腫れぼったさが逆さまつ毛を引き起こし、まつ毛が目の中に入ることによって結膜炎が起きたり、眼球が刺激されたりして黄色い目やにが出ることがあります。


なお、赤ちゃんの逆さまつ毛に関しては、成長していくにつれてまぶたも薄くなってくるので、成長と共に改善される可能性は高いです。


鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)



この病気は、先天性のものと後天性のものがありますが、涙が鼻水へと変化する過程で通らなければならない「鼻涙管」という管が閉塞していることで、目やにが多く出る病気です。


鼻涙管が閉塞していることで、涙を鼻へと流すことができずに目に溜まってしまい、目やにの量が多くなってしまうのです。


スポンサードリンク



黄色い目やには病院へ



このように、黄色い目やには何らかの病気が絡んでいることがあるので、黄色い目やにが見受けられた場合は、病院に行って診察を受けることをまず先に行ってください。


目の症状なので、眼科でも良いのですが、小児科でも診てもらうことができるので、できれば小児科の受診をおすすめします。



黄色い目やにの取り方



黄色い目やにを取り除かないでいると、目を開けることすら困難な状態になってしまう可能性もありますし、第一に点眼薬をつけてあげることができません。


ですから、黄色い目やにはしっかりと取ってあげましょう。


取り方としては、それほど難しくはありません。


まずは、お母さん自身の手をきれいな状態にしてください。


それから、ガーゼや綿棒などを使って優しく取り除いていきます。



目頭に近い目やには目頭に向かうように、そして目じりに近い目やには目じりに向かうように、それぞれ優しくスーっと横に滑らせる形で取り除いてあげると良いでしょう。


目やにが固まっている場合は



目やにが乾燥して固まっている場合は、ガーゼや綿棒を湿らせた上で取り除くようにすると、目やにが水分を含んでふやかされるので、キレイに取ることができますよ。


赤ちゃんの黄色い目やには簡単に取り除ける



ここまで、赤ちゃんの黄色い目やにの原因や、目やにの取り方についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


当然ながら、「黄色い目やにが発生しない」ということが一番ではあるのですが、黄色い目やにが出た時は、強く擦るようなことさえしなければ、安全かつ簡単に取り除くことができます。


ですから、もしも赤ちゃんに黄色い目やにが出た時は、怯えることなく目やにを取ってあげてください。



スポンサードリンク