お子さんを育てていく過程の中で、「歯磨きをしてあげる」という過程を避けて通ることはできないと思います。


歯磨きをしてあげる、そして歯磨きを教えてあげる過程の中で、疑問として浮かび上がるのが「歯磨き粉はいつから使うのか?」ということではないでしょうか?


そこで今回は、「歯磨き粉はいつから使うのか?」という疑問について、解説したいと思います。


赤ちゃん 歯磨き


歯磨きはいつからスタートすべき?



赤ちゃんによって個人差はありますが、乳歯は大体生後半年から9か月頃に生え始めます


ですから歯磨きは、乳歯が生え始めたらスタートさせたほうが良いでしょう。



乳歯の状態は永久歯にも影響する




乳歯はいずれ抜け落ちてしまうものですが、かといって疎かに扱って良いというわけではありません。


乳歯の状態は、次に生えてくる永久歯にも影響してくるものなので、乳歯といえども清潔に保って、虫歯を作らないようにする必要があります。



最初のうちは歯磨き粉は必要ない


歯磨き

乳歯が生え始めたら歯磨きをスタートさせるわけですが、最初のうちは、歯磨き粉そのものは必要ありません。


なぜかというと、この時期は自浄作用を持っている「唾液」の分泌量が多くなる時期だからです。


つまり、歯磨き粉を使わずに歯磨きをしても、唾液の自浄作用によって、口の中をキレイな状態に保つことができるのです。


スポンサードリンク



歯磨き粉はいつから使う?



では、歯磨き粉はいつから使ったほうが良いのかというと、「吐き出しができるようになってから」です。


歯磨き粉は口の中に溜めていて、吐き出さなければなりませんよね。


当然ながら、飲み込んでしまう方はいないと思います。



吐き出しができない状態で歯磨き粉を使用してしまうと、歯磨き粉を飲み込んでしまう恐れがあります。



ですから、そういったリスクを軽減させるためにも、吐き出しができるようになってから歯磨き粉デビューをさせてあげましょう。



飲み込んでも問題はない



歯磨き粉の使用は、吐き出しができるようになってからが安心なのですが、万が一歯磨き粉を飲み込んでしまっても、それほど問題はありません。


一般的な使用量の範囲内であれば、健康を害する心配はほとんどないので、もし飲み込んでしまっても慌てないで下さい。


ただ、大量に飲み込んでしまった場合は、迷わず医療機関を受診しましょう。



歯磨きの練習は段階的に



乳歯が生え始めたばかりの赤ちゃんは、口周りを触られることにすら恐怖心を感じてしまうような状態です。


ですから最初のうちは、「歯磨き」というよりも、





口周りを触られることに慣れる練習



口を開ける練習



口の中を触れられることに慣れる練習
(ガーゼや綿棒を使って歯磨きをする)



子供用歯ブラシに慣れる練習



といった感じで、いずれはきちんと歯磨きができるように、段階的に少しずつ導いていってあげてください。



歯磨き粉は吐き出しができるようになってから!



ここまで、赤ちゃんの歯磨きについて、「いつから歯磨き粉を使ったら良いのか」ということについて解説させていただきましたが、いかがでしたか?


最初のうちは唾液の自浄作用が働いてくれるので、歯磨き粉は必要ありませんし、使い始めるのであれば、吐き出すことができるようになってからのほうが安全ですし、問題もありません。


「歯磨き粉をいつから使えば良いのか」と疑問に感じていた方はもちろんのこと、赤ちゃんの歯磨きに奮闘中の方の参考になれば幸いです。


スポンサードリンク