大人も子供も盛り上がるハロウィン。赤ちゃんの衣装を手作りしてみてはいかがでしょうか?


ふだんあまり手作りしない、という方でも超簡単に楽しく作れちゃう方法をご紹介します!

ハロウィン 赤ちゃん

ハロウィン、赤ちゃんと楽しむには?


まだ小さい赤ちゃんは、ハロウィンが何なのかあまり分かっていないかもしれません。でも、せっかくの季節のイベント。


やっぱり家族みんなで、上にお兄ちゃんやお姉ちゃんがいる子もそうでない子も楽しみたいものですよね!


赤ちゃんのいるおうちでも手軽にできそうなのが、おうちを簡単に飾りつけするデコレーション・かぼちゃを使った食べ物・ハロウィン衣装です。


デコレーションは100均で売っているウォールステッカーなどを壁に張ったり、窓用のステッカーを貼るだけでOK!


かぼちゃを使った食べ物は、離乳食のころから食べられるのでハロウィンパーティー気分も一緒に楽しめます。かぼちゃのおかゆなどもおすすめですよ。


さて、衣装ですが本格的なものは手作りは難しいにしてもマントやスタイなら簡単にできます。では、どんなものがあるのか見ていきましょう。




衣装はどんなものならできそう?


赤ちゃんと言ってもまだねんねの赤ちゃんから歩ける子までいろいろですよね。今お子さんに無理なくできそうなものを試してみてください。


ねんね・おすわりの赤ちゃん


まだ、ねんねやおすわりの時期の赤ちゃんにはハロウィン風デザインのスタイがおすすめです。


これなら、赤ちゃんに負担なくハロウィンの雰囲気を味わうことができます。


実際に使うスタイの場合、吸水性が大事になってきたりしますがハロウィン衣装という意味で考えると、あまりそこは気にしなくて大丈夫です。


パーティーや写真を撮るときだけに使うということなら、フェルトなどの色のきれいで処理が簡単な素材を使うと作る方としても楽々できますね!


まだ、ねんねの赤ちゃんがいるおうちの場合なかなか時間が取れないもの。超簡単な方法でOKなのです。

スポンサードリンク


たっちできる赤ちゃん


たっちできる赤ちゃんの場合には、マントなどもおすすめです。


ちっちゃい悪魔とか魔女をイメージすると可愛いかもしれません。


本当に全部手作りするとなるとちょっと大変なので、市販品を上手に活用して一部だけデコレーションしたりするのがおすすめです。


マントの超簡単な作り方も後ほどご紹介します!

超簡単なものを厳選!


究極の超簡単手作りは、やはり「アップリケ」。


このシーズンには100均からバラエティショップまで仮装グッズがたくさん出てきますよね。


そういうところで無地の黒いマントを手に入れて、お好きなアップリケを付けたりして派手にオリジナリティを出していきましょう。


あえて無地の服を買って、フェルトで作ったカボチャの顔をつけたり、こうもりの羽を付けたりも楽しいですね!


オレンジ色の無地のスタイに黒でかぼちゃの顔を付けてあげるのもおすすめです。


かなりざっくりした感じですが、「黒とオレンジ」というカラーリングや「かぼちゃ」・「魔女」・「こうもり」などを押さえておけば失敗ありません。


できそうな範囲でいいので、ゆるめの気持ちで手作りにトライしてみませんか?

スポンサードリンク