何かと迷ってしまいがちな、お歳暮のマナー。


会社への送り状の書き方、上司に失礼のない対応についてご紹介します。


これで今年はお歳暮で失敗せずに印象アップ間違いなしですね!

お歳暮


お歳暮のマナーの基本、そもそもお歳暮って?


せっかくお歳暮を贈るからには、お歳暮の意味について考えてみましょう。


お歳暮はいったいいつ頃からどんな目的で始まったのでしょうか?


現在のところ、お歳暮が一般庶民に根付いてきたのは江戸時代にさかのぼります。お中元の時期、つまりお盆に品物をやり取りするのは室町時代の貴族が始めていたのですが、それよりだいぶ後になった印象ですね。


日本ではお正月に年神様にお供え物をしますが、その品物を本家などに持ってあいさつに行くというスタイルがこの頃から定番化してきたのです。


今では、本家や家元といったような付き合いは薄くなりつつありますが、その代わりに「お世話になった方に日頃の感謝を伝える」という趣旨になっていますね。



では、いつ頃どのようなものを贈ればいいのでしょうか?


関東では12月に入ってから12月末まで、関西では12月13日から12月末までが一般的とされています。


本来お正月の準備に贈るというイメージですので、期間に入ったら早いに越したことはありません。だいたい12月20日までには到着しているようにしたいですね。


お中元と同様にお歳暮も食料品が一般的です。好みがわからなければ無難なものを選びましょう。


お中元も送っている場合には、気持ちお中元より価格を高めにするのがセオリーです。


会社への送り状はどう書いたらいい?


本来持参するのがマナーですが、最近ではデパートやお店から直送ということも増えてきました。


その際に必要なのが「あいさつ状」または別に手紙やはがきを送るということです。


取引先への贈り物ならなおさら失礼のないようにしたいもの。どんな風にあいさつ状の文面を考えたらいいのでしょうか?


まず、書き出しは「謹啓」、締めは「謹白」としましょう。固いくらいでちょうどいいのです。最後に日付も記入しましょう。


本文は、今年一年の感謝と今後の相手先の発展を願うというような内容が適しています。


会社あての場合宛名を「御中」とするのも忘れないようにしたいですね。

スポンサードリンク


上司への対応は?


お世話になった上司に贈る場合には、一度送ったら毎年贈るようにしなければなりません。


一度だけ贈るのはかえって失礼になるので、継続的な関係の方のみに「お歳暮」という形で贈り物をするようにします。


一度だけお世話になった場合などは「御礼」などとして贈り物をするのがおすすめですよ!



上司に贈るのに適した相場は5,000円程度と言われています。毎年贈る場合には、前年より安くするのは失礼になってしまうので最初にあまり高額なものを贈ってしまわないように気を付けましょう。


また、会社によってはあまり品物のやりとりをしないところもあります。


同僚や先輩に様子を確かめておくのが賢明です。

上司に贈ってNGなものは?


あまり贈る方も少ない品物かもしれませんが、NGな品物をリストアップしておきましょう。


×靴などの履物
×刃物
×くし
×下着や靴下
△商品券


このあたりは、縁起が悪かったり相手を下に見ているということになってしまったりしてよくありません。


できれば、これらを避けて食料品などにしておきましょう。


今年は感謝が失礼のないように伝えられる年の瀬にしていきたいですね!

スポンサードリンク