赤ちゃんを育てている親御さんとしては、「どうしよう、わからない…」と、どうしたら良いのかわからないことが、最初のうちはたくさんありますよね。



それは「歯磨きのタイミング」や、「1日の歯磨きの回数」に関しても同じだと思います。



今回は、「赤ちゃんの歯磨きはいつやればいいのか」、そして「1日に何回ぐらいやるのがいいのか」ということについて、解説したいと思います。

スポンサードリンク

赤ちゃんの歯磨きの開始時期は?



まず、「赤ちゃんの歯磨きはいつから始めたら良いのか」というと、乳歯が生え始めたら歯磨きを開始するのが一般的です。


個人差はありますが、乳歯が生え始めるのが大体生後6か月から9か月の間になるので、乳歯が生え始める前には、いつ歯磨きを開始しても良いように準備しておくと良いでしょう。



全部で20本の乳歯が生える



赤ちゃんの乳歯は、最終的には全部で20本生えそろいます。


最初は上下の前歯から生え始めますが、2歳半から3歳頃には、前歯から奥歯まで全て生えそろいます。


歯磨きはいつやればいいの?


赤ちゃん 歯磨き
赤ちゃんの場合、大人のように毎食後に歯磨きをしなければいけないというわけではありません。


タイミングとしては、夜寝る前がオススメです。



睡眠中は唾液の分泌量が低下し、虫歯のリスクが増える時間帯でもあるので、夜寝る前のタイミングがベストなのです。



夜寝る前でなくても問題はない



ベストなタイミングとしては夜寝る前なのですが、必ずしもこのタイミングで歯磨きをしなければならないわけではありません。


歯磨きを無理強いしたことで、歯磨きに対する嫌な印象を植え付けてしまっても良くないですし、「拒否されて歯磨きができなかった」と親御さんがストレスを抱えてしまっても大変です。



ですから、赤ちゃんの機嫌が良い時でも大丈夫です。


スポンサードリンク



歯磨きは1日何回やればいいの?



赤ちゃんの歯磨きは、基本的には1日1回で大丈夫です。


最初のうちは歯も少ないですし、唾液による自浄作用も大人より機能しているので、1日に何回も磨かなくても、口の中は清潔に保つことができます。



徐々に回数を増やしていく



「歯磨きの回数はいつから増やせば良いのか」ということも、疑問に感じますよね。


歯磨きの回数は、


・奥歯が生えそろってきた
・食事が1日3食になった
・歯磨きに慣れてきた



といった、口の中の状態が少しずつ大人に近づいてきてから、徐々に回数を増やしていきましょう。



赤ちゃんなら歯磨きを休んでもOK



大人であればあまり良いことではありませんが、赤ちゃんの場合は歯磨きを休んでもOKです。



前述している通り、赤ちゃんは口の中を清潔に保つことができるので、歯磨きを休んでも影響はないと考えられるからです。



機嫌が悪く、歯磨きを拒絶する時もあると思いますし、体調を崩すことも多いですから、機嫌や体調が悪いような場合は歯磨きをお休みしましょう。



赤ちゃんの歯磨きは1日1回・夜寝る前がベスト



ここまで、赤ちゃんの歯磨きに関して、「いつやればいいのか」、そして「1日に何回ぐらいやるのがいいのか」ということについて解説させていただきました。


赤ちゃんの歯磨きは、1日1回・夜寝る前がベストなので、参考にしてみてください。


ただ、場合によっては、「1日1回寝る前に」ということに囚われてしまっても逆効果になることもあるので、柔軟に対応してあげるということにも気を付けてみてください。



スポンサードリンク