赤ちゃんは「はいはい」の前に「ずりばい」という、はいはいの前段階の動きをするようになることが多いです。


ではこのずりばい、一体いつから始まるのでしょうか?


また、ずりばいの練習をする場合は、赤ちゃんにどう教えたら良いのでしょうか。

ずりばい


そもそも「ずりばい」とは?



ずりばいとは、大人でいう「ほふく前進」のことで、うつぶせの状態で赤ちゃんが前に進む行動のことを指します。


まだはいはいができない赤ちゃんが、うつぶせの状態で、腕や脚を使って床を跳ね返すような形で進んでいきます。


はいはいとは違い、お腹は床についていて、全身を擦った状態で前に進んでいくので、はいはいとは区別されます。


ずりばいはいつから始まる?



ずりばいは、大体生後7~8ヶ月頃から始まる場合が多いようです。


そして、ずりばいの次段階であるはいはいは、生後9ヶ月頃から始まる場合が多いとされているので、ずりばいの様子が見られるのは、1~2ヶ月間の間になります。


ただ、ずりばいにしてもはいはいにしても、やり始める時期には個人差があるので、「どうしてうちの子は遅いんだろう…」などと気にする必要はありません。


ずりばいをしない子もいる



割合としてはそれほど多くはありませんが、中にはずりばいをしない子もいます。


ずりばいをせずにはいはいをし出しだり、つかまり立ちができるようになったりと、全ての赤ちゃんがずりばいをするとは限りません。


ただ、これも個人差ですし、健診等で問題がないのであれば、ずりばいをしなかったからといって気にする必要はありません。


育児書に書いてある目安通りに赤ちゃんが成長しなくてもいいのです。


実はとっても大事なずりばい



はいはいも同じなのですが、ずりばいというのは、赤ちゃんの体が発達していく上で、とても大事な過程なのです。


まず、ずりばいには全身の筋肉を使うので、筋肉を鍛えることに繋がります。


ほふく前進をしてみると、赤ちゃんのずりばいがどれだけ筋肉に影響を与えているかがよくわかるかと思います。


また、脳の発達にも関わっているということもわかってきました。


ずりばいをしなくても問題はないのですが、なるべくならずりばいをさせたほうが良いということです。




スポンサードリンク




ずりばいを教える前に



寝返りはできていますか?



ずりばいは、寝返りができてから教えることが望ましいです。


寝返りができて、なおかつ寝返りをすることに慣れてきてから教えましょう。


環境を整えよう



ずりばいを始めると、赤ちゃんの行動範囲は一気に広がります。


そのため、手の届くところに誤飲しそうなものがあったり、段差があったりすると、思わぬ事故へとつながってしまう恐れがあります。


ですから、まずは赤ちゃんにとって危険なものを取り払って、赤ちゃんが安全にずりばいの練習ができる環境を整えましょう。


ずりばいの練習方法



ずりばいの練習方法は、難しいものではありません。


赤ちゃんの目線の先におもちゃを置いてあげるだけです。


このようにすることで、好奇心旺盛な赤ちゃんは、おもちゃを取りに行こうとずりばいをして前に進んでいくはずです。


また、少し離れたところから「おいでおいで」と呼んでみたり、赤ちゃんの前で大人がほふく前進をして見せるのもおすすめです。


ずりばいに慣れてきたら、赤ちゃんを追い掛け回してみるのも良いですよ。


ずりばいを教えてあげよう



ここまで、「ずりばいはいつから始まるのか」、そして「ずりばいの練習方法」についてお話しさせていただきました。


ずりばいの有無や時期には個人差がありますが、赤ちゃんの成長過程において重要な役割を果たしているものであることは事実です。


ですから、寝返りができるようになったら、ぜひずりばいを教えてあげてくださいね。


スポンサードリンク