これからやってくる寒い季節。


暖房器具として「灯油ストーブ」を使用するご家庭もあるかと思うのですが、灯油ストーブを使用する際は、きちんと換気をしていますか?



実はきちんと換気をしないと、子供たちがヤバイのです。

灯油ストーブ

換気をしないとどうなる?




灯油ストーブを使用する際に換気をしないと、「不完全燃焼」が生じる恐れがあります。


不完全燃焼とは、酸素が不足している状態で物質が燃えることを指す言葉です。


一酸化炭素などの有害物質が発生し、一酸化炭素を大量に吸い込んでしまうと「一酸化炭素中毒(通称:CO中毒)」を発症する恐れがあります。


換気というのは、室内に酸素を取り入れる大事な行為なのですが、酸素を必要とする灯油ストーブを、換気をせずに使用することで室内が酸素不足となり、不完全燃焼が生じてしまうのです。


一酸化炭素中毒とは?



一酸化炭素中毒とは、前述している通り、不完全燃焼によって発生する一酸化炭素を大量に吸い込むことで引き起こされる中毒症状のことです。


少量であればそれほど害はありませんが、大量に吸い込むことで血液中のヘモグロビンと結びつき、酸素の運搬を妨げます。


そのため、全身が低酸素の状態となり、一酸化炭素中毒の様々な症状が引き起こされます。


無色・無臭であるために、大量に吸い込んでいても気づかないことが多いということが、一酸化炭素の恐ろしいところです。



スポンサードリンク



一酸化炭素中毒の症状



一酸化炭素中毒の症状としては、軽度の場合だと、



・頭痛
・吐き気
・嘔吐
・めまい
・集中力低下
・眠気



といった症状が現れます。


そして、さらに症状が進むと



・判断力の低下
・錯乱
・意識障害、
・けいれん
・息切れ
・低血圧
・昏睡状態
・肺水腫(はいすいしゅ)
・脳浮腫(のうふしゅ)


といった症状が現れ、体の自由が利かなくなります。


そのため、最悪の場合は逃げることもままならないまま、死に至ることもあります。


火災時の逃げ遅れの原因の多くは、この一酸化炭素中毒にあるとされています。


換気をしよう!



子供を不完全燃焼による一酸化炭素中毒から守るためには、大人がこまめに室内の換気をしてあげる必要があります。


換気の仕方としては、1時間に1~2回(それぞれ1~2分程度)、窓を開けて換気を行います。


窓が複数ある場合は、空気の入り口を2か所作ってあげると、より効率よく換気をすることができます。


ある程度大きな子供であれば、「1時間に1~2回は換気をしてね」と、換気をすることを教えてあげても良いでしょう。


「一酸化炭素警報機」というアイテムも



不完全燃焼による一酸化炭素中毒の予防に一役買ってくれそうなのが、「一酸化炭素警報機」というアイテムです。


このアイテムは、空気中の一酸化炭素の濃度が高くなると、音や光で知らせてくれます。


もちろん、体に害を及ぼす濃度になる前の段階から知らせてくれるので、不完全燃焼による一酸化炭素中毒から子供を守る、心強い味方となってくれるアイテムです。


換気を怠らないで!



ここまで、灯油ストーブの換気と子供たちへの影響についてお話しさせていただきました。


寒い時期に換気をするのは辛いかもしれませんが、守るべきは子供の命ですし、子供を守ることで大人自身も救われることになります。


ほんの少しの時間ですから、子供を守るためにも、換気を怠らないようにしてください。


スポンサードリンク