母乳育児をしているお母さんにとって、「母乳トラブル」は避けたいもの。



とはいえ、母乳育児をしている以上、何らかのトラブルに見舞われる可能性は十分にあります。



今回は、母乳トラブルの中でも「乳腺炎の前段階」と言われている「うつ乳」について、症状や原因をご紹介します。

うつ乳


そもそも「うつ乳」って何?



うつ乳というのは、簡単に言えば「おっぱいがつまっている状態」のことです。


母乳育児をしているお母さんであれば誰もが経験する可能性のある状態であり、おっぱいに痛みが出たり、しこりができたりします。



悪化すると「乳腺炎」に



うつ乳の状態がさらに悪化すると、「乳腺炎」へとつながる恐れがあります。



乳腺炎になると、おっぱいに激痛が走り、高熱が出て母乳育児を辞めざるを得なくなるお母さんもいるくらいなので、うつ乳の段階で気づいて対処していく必要があります。


うつ乳の気になる症状



うつ乳の症状は、いずれもおっぱいに現れます。


例えば、


・授乳中にチクチクとした痛みを感じる
・授乳したのにも関わらず張っている
・しこりのようなものがある
・重く感じる
・熱を持っている

などといった症状が現れます。


うつ乳が起こるメカニズム



母乳というのは、母乳育児をしている間は絶えず生産されているものです。


ところが、何らかの原因によって母乳の流れが悪くなったり、乳房内に残ったりしてしまうと、乳管に母乳が詰まって閉塞を起こしてしまいます。


その結果、乳腺が腫れて、前述したような症状が現れるのです。



スポンサードリンク



うつ乳の原因



うつ乳の原因としては、次のようなものがあります。


食事


「母乳は血液である」ということは、皆さんもご存知かと思うのですが、塩分や脂肪分の多い食事は、血液をドロドロにします。


従って、血液である母乳もドロドロになってしまい、流れが滞ってしまう原因になります。


また、ドロドロの母乳は、赤ちゃんにとってもおいしくないので、赤ちゃんが飲み残してしまう原因にもなります。


ストレス



育児や家庭のストレスを抱えていると、ストレスが原因で母乳が詰まってしまうこともあります。



乳腺が細い



生まれつき乳腺が細い方というのは、どうしても母乳が詰まりやすくなります。


もし、産婦人科で「乳腺が細い」という指摘を受けた場合は、うつ乳に注意しなければなりません。


授乳間隔が長い



絶えず生産されている母乳は、授乳間隔が空けば空くほどどんどん溜まっていきます。


そのため、溜まった母乳が流れを滞らせてしまいます。


うつ乳になったら…



では、うつ乳の症状が出た時は、どうしたら良いのでしょうか。



授乳時と授乳時以外の注意点をまとめてみました。


授乳時の注意点



・授乳をやめない(続ける)
・うつ乳の症状が出ているほうのおっぱいから授乳を行う
・いろんな角度からおっぱいを吸ってもらう
・なるべくたくさん飲んでもらう

授乳時以外の注意点


・お茶や水などで水分をしっかりと摂る
・脂肪分や塩分の多い食品は控えめにする
・下着や衣服はおっぱいを圧迫しないものを選ぶ
・ストレスを溜めない
・時間を見つけて休養する
・母乳マッサージする
・熱を持っている時は冷やす


うつ乳予防にも効果的



先ほど挙げた注意点は、うつ乳になってからの対処法としてはもちろんのこと、うつ乳の予防にも効果的です。


うつ乳の段階で気づこう



ここまで、うつ乳の症状や原因についてお話しさせていただきましたが、いかがでしたか?


うつ乳にならないことが一番ではあるのですが、うつ乳の段階で気づいて適切な対応をすることは、乳腺炎の予防にもつながります。


そして、お母さんと赤ちゃんの心身の安定にもつながると思います。



スポンサードリンク