赤ちゃんをお祝いする機会というのはたくさんありますよね。


ミルクや母乳以外のものを初めて口にする「お食い初め」も、赤ちゃんをお祝いする機会の一つです。



とはいえ、「お食い初めには何を用意したら良いのだろうか」などといった疑問が浮かんで、戸惑っているはずです。



そこで今回は、お食い初めで用意するものなど、お食い初めに関する知識をご紹介します。

お食い初め


「お食い初め」とは?



お食い初めとは、「一生食べることに困らないように」との願いを込めて、生後100日頃の赤ちゃんに対して行う儀式のことです。


この「生後100日頃」というのは、個人差はありますが、ちょうど乳歯が生え始める時期でもあるため、お食い初めはこの時期に行われています。


お食い初めの儀式自体は平安時代から始まったものであるため、日本では古くから行われてきた伝統的な儀式であることがうかがえると思います。


お食い初めの食器



まず、お食い初めをするにあたって必要になるのが食器です。


本格的かつ正式な形でお食い初めを行うのであれば、用意する食器は「漆器」になります。


男の子の場合は、内側・外側ともに赤の漆器、女の子の場合は、外側が黒で内側が赤の漆器を用意します。


ただ、最近では漆器ではなく、一般的な離乳食用の食器を用いる家庭が増えてきているため、特別な事情がない限り、あまり食器にこだわる必要はないと思います。


お膳も正式なものでなくてもOK



また、食べ物を乗せるお膳に関しても、本来であれば高足のお膳を用意する必要があるのですが、無理に正式なものを用意する必要はありません。


一般的なベビーラックで代用する家庭も増えてきているので、ベビーラックで問題ありません。



お食い初めのメニュー



お食い初めのメニューの基本は、「一汁三菜」です。


例えば、次のようなものを用意します。



・赤飯(白飯・栗ごはん・豆ごはんなどでもOK)
・尾頭付きの焼き魚
・汁物
・煮物(焚き物)
・香のもの(漬物)
・紅白餅
・歯固め石



業者に頼むことも可能



お食い初めのメニューは全て手作りで用意することもできますが、最近ではお食い初めのメニューを一式お取り寄せすることも可能です。


ゆっくりと準備することができない場合でも安心ですよね。



スポンサードリンク




お食い初めの進め方



食べさせる人は誰?



大人と同じ食べ物を口にするとはいえ、赤ちゃんが自分で食べることはできないわけですから、「食べさせてあげる人」というのが必要になります。


ここであえて「食べさせてあげる人」としているのは、食べさせてあげる人というのは、誰が食べさせても良いというわけではないからです。


それぞれの家庭の事情により、やむを得ない場合もあると思いますが、身内の中で一番の年長者、または赤ちゃんから見て祖父母にあたる方に頼むのが一般的です。


食べ方の順番



お食い初めのメニューを食べさせる順番は、



①飯
②汁物
③飯
④魚
⑤飯


といった感じで、間に必ずご飯を挟みます。


この流れを全部で3周繰り返し、最後に歯固め石に触れた箸を、赤ちゃんの歯茎にちょんちょんと当ててあげて終わりです。



もちろん、この時期の赤ちゃんはまだ離乳食も始まっていませんから、食べさせるマネで大丈夫です。



お祝いをもらった時は?



基本的に、お食い初めでお祝いをもらった場合のお返しは必要ありません。


かといって、何もしないでいるのも落ち着かないかと思うので、お祝いをいただいたお礼として、赤ちゃんの写真や菓子折りなどを贈ると良いでしょう。


また、会うことが可能であれば、食事に招待するのもオススメです。


あまり考えすぎずに



ここまで、お食い初めで用意するものを始めとする、お食い初めに関する知識をご紹介させていただきました。



お食い初めは、家庭環境の変化などもあり、以前のように形式に囚われた形で行われることも減っているので、意外にも簡単にできてしまうものです。



どうか、あまり考え過ぎることなく、お食い初めのお祝いをしてあげてほしいと思います。


スポンサードリンク