以前、香典について一般的な相場を少しご紹介しました。

今回は、神道の香典の相場と、表書きの書き方を詳しくご紹介致します。

スポンサードリンク


神道とは



神道って何を表すのか、皆さんご存知でしょうか?

まずは、神道についてご紹介します。

神道(しんとう)


神道とは、日本に仏教が入る以前からある宗教です。

海や川、山や草木などの自然神話に残る祖霊の神様を崇拝します。

また、怨念を残して死んだ人を敬い、
それらに八百万(やおろず)の神を見出した多神教を示します。

有名な神様といえば、様々なゲームにも登場している、
天照大神(あまてらすおおみかみ)や、
建御名方神(たけみなかたのかみ)ですね。

八百万の神ということは、800万も神様がいるの!?
と思われる方もいらっしゃると思いますが、
八百万は、沢山いるという意味で、実際に800万というわけではないそうです。

石でも火でも、トイレや台所なんかにも、神様が宿るとされているので、
現在は800万よりもっと多いのでは?なんて声もあるそうです。

ちなみに、神社で行われる祭祀(さいし)ですが、
これは、「人と神様を取り結ぶ作法」とされているそうです。

神道は、日本一古い宗教になりますので、
古代日本の起源まで辿ることができるとされています。

それだけ古くから、日本の神様は沢山いらっしゃるということです。

昔から日本人は、神様のことが大好きだったのかもしれませんね(笑)

神道と仏教の違い

神道と仏教は、結構混同される事が多いです。

おおまかに、神道と仏教の違いをご紹介します。

信仰対象
神道と仏教の信仰対象は異なります。

先の説明より、神道は八百万の神を信仰しますが、仏教に信仰対象はありません

悟りを開き、苦しみの続くこの世から解脱(げだつ)する事が仏教の目的になります。

施設
これはわかりやすいですね。

神道は神社、仏教はお寺です。

どっちがどっちかわからない。という方は、
鳥居があれば神社、お墓や仏像があればお寺」と覚えてください。

聖職者
神道の場合の聖職者は、神主や神職になります。

神職は、神社で社務や祈祷などを行う方々になります。

お正月シーズンでお馴染みの、巫女さんは、
神主の補助を主に、神楽や舞を奉仕する仕事を行います。

仏教の場合は、お坊さんや僧になります。

お坊さんといっても、和尚や住職といらっしゃいますが、
今回は割愛させていただきます。

参拝
これはよく混同されがちですが、間違えるとマナー的にあまりよろしくありません

神道の場合は、二礼二拍手一礼ですね。

お賽銭を入れて、鈴を鳴らし、2回深くお辞儀をします。

右手を少し下にずらした形で、2回手を叩きます

最後に一礼をして終わりです。

仏教の場合は、合掌なので、手を叩く事はしません。

お賽銭を入れた後に、静かに手を合わせるだけになります。

私も、子供の頃によく理解しておらず、お葬式で手を叩いた事がありますが、
父に「神社にお参りするんじゃないんだから」と叱られた事があります。

ですので、お葬式やお通夜などでは、くれぐれも注意しましょう

スポンサードリンク


神道の香典


神道についてご紹介しましたので、
本題の相場と表書きの書き方について、ご紹介致します。

香典とは

香典とは、線香や抹香、花の代わりに、死者の霊前にお供えするものです。

現金を、不祝儀用ののし袋に入れて、お供えするものをさします。

また、どうしてもお葬式やお通夜に参列できない場合、郵送でのお供えか、
知人に預ける形となります。

その際は、弔電を打ち、お悔やみの言葉を必ず書いて添えましょう

ちなみに、郵送の場合は、現金書留で香典を送ります。

香典の相場

まずは、神道の香典の相場です。

仏教の香典と同じく、故人との付き合いや、贈り主の年齢などによって、
相場は異なってきます。

両親            3万円~10万円

兄弟・姉妹         3万円~5万円

祖父母           1万円~5万円

親戚            1万円~3万円

仲人            1万円~

友人・知人         3千円~

隣近所           3千円~1万円

勤務先の上司        5千円~

勤務先の上司の家族     3千円~

勤務先の社員や同僚     5千円~

勤務先の社員や同僚の家族  3千円~
(自分視点での表記)

また、不吉を表す死や苦を連想させる数字である、4と9がつく金額は避けましょう

小銭は避け、きりの良い金額になるようにしましょう。

お札を入れる際は、お札の向きをしっかり揃えるようにしましょう。

香典の書き方

次に、香典の書き方です。

神道の場合、香典の表書きの表記は、
御神前」「御玉串料」「御榊料」という物になります。

御霊前」と書かれている物でも、問題はないようです。

御霊前と表記されている物は、宗教問わず使用できるようなので、
相手の宗教がわからない場合は、「御霊前」と表記しましょう。

間違えても、「御仏前」とは記入しないようにしましょう。

御仏前は、仏教用の香典になりますのでご注意ください

半分から上部の中央に、「御神前」や「御霊前」と記入をし、
半分より下部の中央に、会葬者のフルネームを記入します。

水引が香典の真ん中にくるので、水引の上と下と覚えると良いです。

香典袋の種類

香典袋の種類についてですが、宗教によって、使う物が異なります。

全ての宗教で共通のものは、白い無地のものになります。

また、水引は黒白のものか、双銀の結びきりになります。

神道の場合の香典袋は、白い無地の物のみになります。

蓮の花や百合の花、十字架が描かれた物は、別の宗教用になりますので、
神道では使用しないようにしましょう。

水引について
香典袋に使用する水引についてですが、祝儀用不祝儀用で異なります。

祝儀の際に用いられる、ご祝儀袋は、基本的に華やかな色合いのものになります。

種類としては、金と銀や、白と赤のものを使用します。

逆に、不祝儀の際に用いられる香典袋は、派手ではない色合いのものになります。

種類としては、銀の単色や、白と黒のものを使用します。

ご祝儀は、結婚式などのお祝い事で、不祝儀は、お通夜や葬儀の弔事になります。

また、結び方にも意味があり、一般的なものは、
あわび結び(または、あわじ結び)」、「花結び(蝶結び)」、「結びきり
の3つになります。

それぞれに意味合いがあり、あわび結びは、両端を引っ張ると更に強く結ばれる事から、「末永いお付き合い」という意味を持っています。

花結びには、何度でも繰り返し結びなおす事ができるので、「何度あっても良い」という意味を持っています。

結びきりでは、何度も結びなおす事ができないので、「繰り返さず、一度で終わる」という意味を持っています。

なので、葬儀やお通夜の場合、花結び(蝶結び)は避け、「あわび結び」か「結びきり」を選ぶようにしましょう

なお、結婚の場合のご祝儀は、花結びは避けましょう

何度も結婚してもいい。みたいな意味になってしまいますので、要注意です。

余談で、結び目の形が貝類のアワビに似ているから、
あわび結びと呼ばれる説もあるそうですが、
今のところ名前の由来になったのかは、定かではないそうです。

最後に

今回は、神道の香典についてご紹介致しました。

基本的なものは変わらないのですが、香典袋の種類と、
表書きの書き方は、仏教やキリストとは異なるので、
相手の宗教がわからない場合は、白い無地の香典袋に、
御霊前と書いたものにしましょう


お葬式や、お通夜に参列する前に、事前に宗教が確認取れるようであれば、
確認をとってからが良いかもしれません。

少しでも参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク