上司や接待で、ちょっとおしゃれなレストランに行くことになったけど、
テーブルマナーがよくわからない

なんて不安を抱いている方も、いらっしゃると思います。

今回はそんな、テーブルマナーから、
ナプキンの正しい使い方をご紹介致します。

スポンサードリンク


テーブルマナー


テーブルマナー
まずは、テーブルマナーについて、簡単に記載していきます。

女性がいる場合


一緒にレストランへ行く人の中に、女性がいる場合、
女性を先に通してあげましょう

案内係の人が椅子を引いてくれるので、先に女性を座らせましょう。

案内係の人の手助けがない場合もありますので、
その時は男性が椅子を引いてあげてください

所謂、レディーファーストというものですね。

上司や取引先の接待の場合


上司、または接待のお相手を先に通します。

女性の場合と同様に、案内係の人が先に椅子を引いた方に、
上司、接待のお相手に座っていただきます。

なぜ、先に椅子を引いた方を座らせるかというと、
案内係の人が先に引く椅子が、上座になるからです。

案内係の人からの手助けがない場合は、壁側が上座となりますので、
そのことを目安に相手の方を座らせましょう。

フォークとナイフ

テーブルマナーとして、1番ややこしくなってしまうのが、
フォークとナイフですね。

コース料理となると、フォークとナイフが両脇に沢山並んでいます。

この時、フォークとナイフは両端から順番に使っていきます

別にどれでもいいじゃん。って思う方もいらっしゃると思いますが、
実は、それぞれの料理に合わせた物を用意されているんです

外側から順に、前菜サラダスープメインディッシュデザート
といった形で置かれているので、外側から順番に使っていきましょう。

また、席を離れる際のフォークとナイフの置き方ですが、
置き方1つで、まだ食事中か、もう食べないのかがわかります。

フォークとナイフを八の字形に置くと、まだ食べてる途中ですよ。
という意味合いになります。

フォークとナイフを揃えて置くと、もうこの料理は食べ終えましたよ。
という意味合いになり、給仕の方が食器などを下げます。

なので、まだ食べてるけど、お手洗いなどで席を1時的に外す時に、
フォークとナイフを揃えてしまうと、
食べ終わりの合図と思って下げられてしまいます

八の字とか揃えるとか、覚えられないよー!という方は、

また戻って来たら食べるから、自分が持ちやすいように置く。

もう食べないから、給仕の方が下げやすいように、揃えて置く。

というふうに覚えるといいかもしれません。

スポンサードリンク


ナプキンのあれこれ


高級レストラン
レストランに行くと、用意されているナプキン。

これってどんな意味があるのでしょうか?

膝の上に置くタイミングなども合わせてご紹介致します。

ナプキンの役割

ナプキンの役割としては、「食事の際に衣類を汚さない為」と、
口元や指先・手などの汚れを拭う為」の2つがあります。

1つ目の「食事の際に衣類を汚さない為」とありますが、
ポロポロさせず、綺麗に食べるのがマナーなので、
基本的にはそれほど汚れません。

ですが、気をつけていても、ポロっと落ちてしまう事もあります。

そういったトラブルから、衣類を守る為に、ナプキンを使用します。

2つ目の「口元や指先・手などの汚れを拭う為」とありますが、
決してがっついていいということではありません

料理によっては、手を使っても良いとされるものもありますので、
そういった時に汚れた手や指を拭く為にあります。

また、ソースなどで、口の周りが汚れてしまいます。

そういった時にナプキンの角を使い、口元を拭います

マナーとしては、相手に拭って汚れた部分が見えないようにします

やはり、食事中に汚れている物を見たくはありませんからね。

ナプキンを置くタイミング


ナプキンを置くタイミングはそれぞれあります。

席についてから膝に置くこともあれば、
料理が来る直前に膝に置くこともあります。

ですが、着席してすぐにナプキンを広げるのは、マナー的に良くないので、
基本的に、料理が運ばれてくる前に、膝の上に置くようにしましょう。

また、ナプキンを置くタイミングは、
料理が運ばれてくる前に置くのは勿論なのですが、
自分がもてなす側の場合、相手が先に広げたのを確認してから、
広げる
ようにしましょう。

お店のナプキンを使わないのはあり?

自分のハンカチを所持していて、お店のを汚すのはちょっと・・・。
なんて考える方は多くないとは思いますが、
こちらに関していうと、なしです。

これにはちゃんとした理由がありまして、
レストランで用意されているナプキンを使わなかった場合、
このお店のナプキンは衛生的じゃないから使えない。
という意味になってしまうので、自分のハンカチなどは持っていても使わず、
ナプキンを使用しましょう。

ナプキンの置き方


テーブルナプキン
ナプキンには色々とサイズがあります。

基本的には大きめのサイズとなるので、2つや3つに折って使用しましょう。

小さめのサイズでしたら、無理に折らずに広げてしまって構いません。

口元や手を拭う場合、折った際に、内側にくる部分で拭うと、
相手に汚れた部分が見えず、自分の服に汚れがつくこともありません。

2つ折りにできない場合には、相手に見えないように、
汚れた部分を少し折ってあげると良いでしょう。

また、ナプキンを襟元にさして、
前掛けのように使用する方もいらっしゃいますが、
実はマナー的によくないのです。

小さなお子様が、食事をポロポロとこぼしてしまって、
服を汚す恐れがある場合以外は避けましょう。


途中で一時的に席を離れる場合


基本的には、できるだけ途中で席を立たないのが好ましいのですが、
どうしても席を立たなければならない場合もあります。

そういった時は、ナプキンを外すのですが、
ぐちゃっとしたものをテーブルの上に置くのはやめましょう

席を離れる際は、軽くまとめて、椅子の上に置くのが好ましいです。

食事で少し汚れてしまったものを、テーブルに置くのは、
お相手からしてみたら気分がいいものではありません。

ですので、ある程度まとめたりして、椅子の上に置くようにしましょう。

食後のナプキンの置き方


食後にナプキンを置く際、ついついやってしまいがちなのが、
綺麗に折りたたむ事です。

実は、綺麗に折りたたむと、「料理に満足できなかった
という意味合いになってしまいます。

かと言って、ぐちゃぐちゃにしたものを置くのも、
お行儀が悪いのでやめましょう。

軽く畳んだ物を、テーブルの上に置くようにしましょう。

場合によっては、
ナプキンを畳まないで置く方が良いとされている事もありますが、
きっちりと畳まない限りは問題ありません。

最初に置いてあったように、綺麗に折り目を合わせて畳むと、
料理に不満がある」という事になるので、あえて、
最初に置いてあった時の折り目とは合わせずに畳めば、見た目的にも問題なく、
不満があるわけでもない
よとわかってもらえると思うので、
綺麗に畳まない工夫をしてみてください。

置く場所はどこでもいいの?


食後にナプキンを置く場所ですが、テーブルの上ならどこでも大丈夫
という場合と、デザート皿の右上の方に置く場合とがあります。

わからない場合は、デザート皿の右上に置けば間違いはないので、
そこに置くようにしましょう。

また、デザート皿が下げられた後の場合、
大体の位置しかわからないと思います。

そんな時は、右側に置けば問題はないようなので、
右側に置きましょう

最後に


今回はテーブルマナーから、
ナプキンの使い方などを、ご紹介致しました。

結構色々と複雑ではありますが、押さえておく3つのポイントとして、
・置くタイミング
・置き方
・食後の置き方
の3つをご紹介致しました。

他にも色々とマナーやルールはありますが、
とりあえずこの3つを最低限守って頂ければ、
ある程度恥はかかずに済むと思います。

ナプキン1つでも、色々とありますので、興味のある方は、
詳しく調べてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク