皆様、お焼香のやり方はご存知でしょうか?

以前、少しだけお焼香について触れましたが、
今回は、お焼香の手順やマナーなど、詳しくご紹介致します。

お葬式イメージ

スポンサードリンク


お焼香とは

おしいだく男性
お焼香とは、香を焚いて、仏や死者を拝む事
と以前ご紹介いたしましたが、実はお焼香って、
お墓や仏壇にお線香をあげることも含まれるんです。

意外と知られていないのですが、意味合いを考えると同じなんですよね。

今回は、お通夜やお葬式などで利用される、
抹香タイプのお焼香について記載していきます。

お焼香の意味

お通夜やお葬式で行われるお焼香には、
供養の意味合いが持たれています。

お焼香自体の意味は、お香を焚く事を指しますが、
お通夜などで利用されるお焼香は、不浄を祓うという意味があるので、
仏事に多く用いられるんです。

更には、ご遺体の腐敗臭を消す働きもあります。

お香の効果

仏教発祥の地であるインドでは、非常に暑い気候の為、
昔から匂い消しとしてお香が用いられていました。

インドは香木の産地ですので、暑い気候と相まって腐敗臭が問題視され、
その臭いを消すのにお香が重宝されていたそうです。

そのお香が、悪臭や腐敗臭といったものを消す事から、
インドでは不浄を祓うものとして、供養の一つになったそうです。

今となっては、ドライアイスなどの冷却手段がありますが、
昔はそんな手段はありませんでしたので、
お焼香が重要視されていたんですね。

お焼香の手順

お焼香
お焼香の手順に関しては、以前にも簡単にご説明いたしました。

今回は、もう少し詳しく解説致します。

お焼香の順番

お焼香は、基本的に1人ずつ行っていきます。

場所によっては、焼香台が2つある場合もあります

その際は、2人ずつ行っていく形になります。

順番としては、故人と深い関係の人から順番に行っていきます。

なので、まずは喪主からとなりますね。

喪主、遺族から順番に回っていき、親族、次に参列者という形になります。

基本的に、座席の順も、故人との関係に基づいているので、
席順に焼香を行っていけば大丈夫です

自分の前の席の人が着席したら、自分の番となります。

お焼香までの流れ


・焼香台の手前まで行き、遺族と僧侶に一礼
・祭壇へ向き直し、身を正して遺影に合掌、一礼
・焼香台へ進み、お焼香
・再び合掌し、最後にもう一度遺族に向かって一礼
・自分の座っていた席に戻る

お焼香の流れは、大体こんな感じです。

焼香台に近づく時と離れる時は、遺族に一礼すると覚えておけば、
間違いないと思います。

あとは、お焼香の前に遺影に合掌(顔や胸の前で手を合わせて拝む事)、
一礼
ですね。

お焼香のやり方

一般的なお焼香のやり方は、
右手の親指・人差し指・中指の3本で抹香をつまみ、
おしいただき(額の高さまであげる事)、抹香を香炉にくべます。
これを1~3回繰り返します。

焼香台は、右側に抹香・左側に香炉という形で用意されています。

茶色の木屑のようなものが、抹香と呼ばれるお香ですね。

左側の香炉には、お焼香用の炭が入っており、火がつけられているので
間違えて指を入れてしまうと、火傷を負うのでご注意ください

先の手順で、抹香を香炉にくべるのですが、高い位置から抹香をくべると、
焼香台の上に散らばってしまうので、
あまり高すぎる位置からくべないように気をつけましょう。

ちなみに、抹香を香炉にくべる。といいますが、
くべるとは、薪をくべる。のくべると同じ意味ですね。

回数の違い

おしいただいたり、香炉にくべたり際の回数の違いですが、
これは宗派により異なってきます

例えば、真言宗の場合、香炉にくべるのは1~3回でもいいのですが、
おしいただくのは最初の1回だけか、
3回とも全てやるかのどちらかなようです。

他には、浄土真宗の場合、「香をお供えする」という考えなので、
額におしいただく事はないそうです。

同じ浄土真宗でも、本願寺派大谷派では、
香炉にくべる回数も異なります

本願寺派では、1回のみですが、大谷派では2回であるなど、
同じ宗教でもそれぞれ異なってくるので、
詳しいことは、同じ宗派の方に訪ねてみると良いでしょう。

なお、参列者が多い場合は、
お焼香の回数を、1回と指定される場合があるので、
係員の指示や誘導に従うと良いでしょう。

スポンサードリンク


お焼香の種類

お焼香は、斎場や自宅など、
執り行う場所によって形式が変わってきます。

基本的な種類としては、
立礼焼香」「座礼焼香」「回し焼香」の3つです。

他にも、指名焼香(来賓焼香)止め焼香といった物もあります。

立礼焼香

立礼焼香とは、文字通り立って行うお焼香の事です。

現在では、ほとんどの斎場で、この立礼焼香が用いられます。

遺影の前に焼香台が設置されており、
立った状態のままお焼香を行います。

座礼焼香

座礼焼香とは、文字通り座って行うお焼香の事です。

斎場が和室であったり、自宅で行われたりする場合は、座布団などに座ります。

その為、この座礼焼香が用いられます。

座礼焼香の場合、膝行や膝退といった、
立ち上がらずに移動できる方法での移動になります。

この際、ドスドス大きな音を立てる行為は、
マナーとしてよろしくないので、十分に気をつけましょう。

膝行や膝退での移動では、両手を握りこぶしの状態から、
親指だけを立てます


その両手を床につき、両腕を両脇より前に置き、
体を持ち上げるようにしながら、膝を使って移動します

自分の座っている席が、焼香台まで距離がある場合
起立の状態ではなく、中腰の姿勢で立って移動します。

この時、完全に立ち上がらないように注意しましょう。

回し焼香

回し焼香とは、文字通り回して行うお焼香の事です。

この方式は自宅や斎場が狭い場合、または参列者が多く、
焼香台までの移動がしづらい場合などに用いられます。

お盆などに香炉と抹香を乗せ、
それを参列者が順番に回していく形となります。

回し焼香の場合、受け取りや受け渡しの際に落とさないよう
十分気をつけましょう。

自分の番になり、香炉と抹香を隣の人から受け取ったら、
自分の前、あるいは膝の上にお盆を置き、お焼香を行います

お焼香が済み次第、次の人に回していきます。

指名焼香(来賓焼香)

指名焼香とは、喪主側が人物を指名して行うお焼香の事です。

一部地域の風習のようです。

主に指名されるのは、遺族や故人と近しい関係者や、
地域によっては、町内会や婦人会などといった、
地域関係者の代表が指名に含まれる事もあるようです。

指名焼香がある場合、
喪主・遺族のお焼香の次に指名焼香(来賓焼香)が行われ、
最後にそれ以外の参列者が行う一般焼香(自由焼香)
といった感じになります。

こちらに関しては、ない場合もありますので、
アナウンスをよく聞いて、行動してください。

止め焼香

止め焼香とは、お焼香での順番でトラブルを避けるために行う形式で、
参列者にお焼香の順番が決まっていない。
という事を了承してもらう意味を持っています

止め焼香は、親族の代表が執り行う形となります。

主に、西日本を中心に、この形式が用いられているようです。

やはり、あの人より私の方が近しかったのに!
という風に感じてしまう方がいらっしゃるかもしれませんので、
そういった問題を起こさないように、
予め順番が決まってないよ
というアピールをする事も大事なのかもしれませんね。

止め焼香を含む場合の順番は、大まかに2つのパターンがあります。

・1喪主・遺族・親族のお焼香、2止め焼香、3一般焼香
・1喪主・遺族・親族のお焼香、2一般焼香、3止め焼香

一般焼香の前と後のどちらか、といった感じですね。

一般焼香前の場合は、親族間でのトラブルを回避する為であり、
一般焼香後の場合は、参列者間のトラブルを回避する為になります。

更に、指名焼香を含む場合は1番最後に止め焼香を行うようです。

最後に

今回はお焼香についてご紹介させていただきました。

お焼香の種類によって、マナーも変わってきますし、
何より宗派によってマナーが全然違うので、
自分の宗派のマナーがわからない場合は、
ご年配の方などに訪ねてみるといいかもしれません。

スポンサードリンク