はじめての育児の場合、おむつ交換手順にも迷ってしまいますよね。


失敗なく替えるコツ・目安となる回数などはじめてママのおむつデビューをサポートします!

赤ちゃん オムツ 交換


赤ちゃんのおむつ交換手順は?


まず、赤ちゃんのおむつ交換手順を頭に入れておきましょう。もう、わかってるよという方もおさらいのためお付き合いくださいね。

テープタイプ編


1.おしりふきを用意して、赤ちゃんを寝かせ肌着を開く
2.新しいおむつをしっかりと広げて赤ちゃんのおしりに古いおむつの上から当てる
3.古いおむつのテープを外し、赤ちゃんのおしりをきれいに拭く
4.新しいおむつを留める

赤ちゃんにおむつを当てる場合、もれないようにすることももちろん大事ですが赤ちゃんが苦しくないようにすることも同じくらい大事なことです。指一本が入るくらいのゆとりをもってテープを留めてあげましょう。

また、左右均等にしないともれやすくなってしまいます。使いやすいおむつは赤ちゃんの体型によってもかなり変わってきます。同じ新生児サイズやSサイズでもかなりメーカーによって差があります。出産した産婦人科でサンプルをもらえることも多いので、サンプルはフル活用しておきましょう!

パンツタイプ編


赤ちゃんが足をバタバタさせることが増えたり、寝返りを頻繁にするようになったらテープタイプのおむつではかなり交換が難しくなってきます。そうなると、パンツタイプのおむつの出番です。最近ではSサイズなど小さなパンツタイプのおむつもあります。


ちょっと単価が高くなってしまうのがデメリットではありますが、おむつ交換の大変さを考えると早めにパンツタイプのおむつにするのもいいですね。では、具体的な交換手順をみていきましょう。

1.おしりふきを用意し、赤ちゃんの服を脱がせる。
2.古いおむつを破る(横に破れる部分がついています)、おしりをきれいに拭く
3.新しいおむつを履かせる


3についてですが、まだつかまり立ちができない赤ちゃんのうちには、寝転んだ状態で行います。おむつの足側から手を入れて赤ちゃんの足を引き出し、もう片方も同様に行います。そのまま引き上げて位置を調節すればOKです。


つかまり立ちができる場合には、ちょうどいい場所につかまらせると楽に交換できます。おしりを拭くときに片足を持ち上げると拭きやすくなりますよ。

スポンサードリンク


失敗せずに替えるコツは?


よく授乳の前におむつを替えることを勧められたりしますが、おなかが空いて機嫌のよくない赤ちゃんのおむつを替えるのはなかなか大変です。


毎日のおむつ替えが親子ともにストレスにならないように、臨機応変に少しでも機嫌が悪くなさそうなときに行うのがポイントです。


もちろん、おむつが汚れて気持ちが悪くて機嫌が悪い場合にはなるべく急いで替えてあげましょう。

回数はどのくらい?


基本的には、おむつが汚れたら交換・おむつが原因で泣いていた交換と思っておきましょう。


初めてなら、ぬれると色の変わるタイプのおむつがわかりやすくておすすめです。マークがついていないものもあり、価格も安いのですがおむつを替えるタイミングがつかめないなら、断然色の変わるタイプのほうがおすすめです。


時間的に言うなら、2時間か3時間に一度様子を見てみるといいでしょう。ずっと起きているならそれぐらいのペースで見ておけば、おむつかぶれも起きにくいでしょう。


親子ともに楽な方法でおむつ交換をして、楽しい時間を増やしていきたいですね!

スポンサードリンク