ふとしたときに気になる赤ちゃんの耳垢。湿っている時の臭いの原因は何なのでしょうか?

赤ちゃんのお耳のケアの正しい方法と合わせてご紹介します。

赤ちゃん 耳垢

赤ちゃんは耳垢が出やすい?


結論から言うと、赤ちゃんは大人に比べてかなり耳垢がたまりやすいといえます。その理由は、耳垢とは古くなった細胞がはがれたものにほこりなどがくっついてできたものだからです。


赤ちゃんは大人よりも新陳代謝が活発なので、耳垢が作られるサイクルも早く耳垢がすぐにたまってしまうというわけなんですね。


さらに、まだ横になって寝ていることの多い時期の赤ちゃんでは耳の中に耳垢の原因となるほこりが入りやすくなります。また、寝たまま泣き出したりすることも多くそういうときに涙や鼻水が耳に入ってしまうこともよくあります。


こういった様々理由で赤ちゃんは耳垢が増えやすくなっているんですね。

耳垢が湿っている時は何か問題があるの?


湿っている=耳に問題があるとは限りません。大丈夫な場合とちょっと心配なので病院に行ったほうがいい場合には分けてみていきましょう!耳垢が湿っているかどうかは、体質によるものが多いのです。臭いや赤ちゃんが耳を気にしていないかなどを考えて総合的に判断しましょう!


大丈夫な場合


クリーム色っぽいもの黒っぽいものは大丈夫な場合が多いです。黒っぽいものは大人ではあまり出ませんが、新生児には意外とよくあることです。もちろん、何週間も続けて黒いものが出続けたり、赤ちゃんが耳を痛がったりしているようなら耳鼻科を受信してくださいね。


おなかの中にいるときに耳の中に羊水の中の汚れが入ってしまい、それが黒っぽい耳垢となって表れてくるのです。クリーム色の耳垢に関しては大人と一緒なので問題ないですね。

スポンサードリンク


ちょっと心配な場合


ちょっと心配な耳垢は、真っ黄色と赤色の耳垢です。


赤色の場合、耳掃除をしたときや赤ちゃん自身が引っかいてしまってをつけてしまった場合があります。大人なら触ることを我慢できますが、赤ちゃんはそれができません。ひどくしてしまう前に受診しましょう。引っかいてしまうのには、かゆみや痛みなどの原因があるのかもしれません。どちらにせよ、自分で判断することは難しいので耳鼻科で相談するのが賢明です。


また、真っ黄色の耳垢もちょっと心配なタイプでもあります。この色の耳垢が出る場合には、細菌感染を起こしている場合が考えられます。


とくに、黄色くてどろっとしている場合にはいわゆる「耳垂れ」の場合があります。つまり、中耳炎を起こしている場合があります。中耳炎というのは、鼓膜より内側の部分で炎症が起きている状態のことです。重症化すると怖い病気でもあるので、黄色くてドロドロしたタイプの耳垢が出始めたら病院になるべく早く連れていきましょう。


また、耳垢に目立った異常が見られていなくても赤ちゃんが耳を気にするようなしぐさを見せたりかゆがったりしていたら、もしかすると耳の不調のサインかもしれません。おかしい様子が何日も続いたら受診しておいて失敗はありません。

臭いの原因は?


においの原因は、ほこりや涙や鼻水・ミルクがこぼれたものなどが耳に入ってしまい、そこに菌が増えてしまっていることがほとんどです。それが臭いの原因になります。


また、どろっとして臭う場合には病気の場合が多いので注意が必要です。


赤ちゃんの様子と合わせて判断して、様子がおかしければ病院へ行くことを心がけましょう!

スポンサードリンク