「毎年紅葉狩りに行っている」という方も多いはず。


素晴らしい紅葉を見ることができるスポットはたくさんあるのですが、今回ご紹介したいのが「六甲山」です。


秋の六甲山は、見ごろを迎えた紅葉が楽しめるステキなスポットであり、施設も充実しているので、紅葉も含めレジャーやグルメなど、様々なことが楽しめるのです。


今回は、六甲山の紅葉の見ごろと、紅葉を満喫できる地元オススメスポットをご紹介します。


スポンサードリンク



「六甲山」とは?



六甲山

まずは六甲山がどのような場所なのか、簡単にご紹介させていただきます。


六甲山とは、兵庫県の南東部にある山岳地帯のことを言います。


神戸市・芦屋市・西宮市・宝塚市の4つの市にまたがる広大な山岳地帯で、「日本三百名山」「ふるさと兵庫50山」の1つにも認定されています。


六甲山には、豊かな自然に触れることができる施設やおいしいグルメが楽しめる施設まで、様々な施設があり、リゾート地としても有名です。


そして、関西の主要としてある大阪市や神戸市からも、たったの1時間足らずで行くことができる場所でもあり、トレッキングやアウトドアなどを楽しむ目的で、季節を問わず多くの観光客が訪れる観光スポットでもあります。


居留外国人が整備を始めたことがきっかけ



六甲山が現在のようなリゾート地として整備されるようになったのは、明治時代以降のこと。


「神戸外国人居留地」という、政府が外国人が一時的に住むことを認めた地域があり、ここに住んでいた欧米人によって、別荘地としての整備が始まったことがきっかけです。


六甲山の紅葉の見ごろはいつ?



秋の六甲山は、赤や黄色に色づいた木々によって、一年の中で一番素晴らしい風景が広がる時期を迎えます。


そうなるとやはり、紅葉の見ごろの時期をしっかりと押さえてから観光に行き、素晴らしい風景を目に焼き付けたいもの。


六甲山の紅葉が見ごろを迎えるのは、10月中旬から11月下旬の時期です。


六甲山は寒冷な気候であるため、関西の有名な紅葉スポットが点在している京都と比べると、半月から1か月ほど早い時期に紅葉の見ごろを迎えます。


10月中旬から11月下旬とだいぶ開きがあるのは、標高の関係によるもの。


標高が高ければ高いほど見ごろを迎える時期が早いので、標高が高い場所だと、標高が低い場所よりも少し早めに紅葉を楽しむことができるようです。



紅葉を満喫できる地元オススメスポットはココ!



六甲山 紅葉

ではここからは、六甲山の紅葉を満喫できる地元オススメスポットをご紹介していきたいと思います。


六甲山の紅葉谷



紅葉谷は、六甲山の登山コース内にある「紅葉の名所」として有名な谷です。


※六甲山の他にも、全国各地に「紅葉谷」と呼ばれる場所がありますが、その紅葉谷とは別です。


少しわかりにくいかもしれませんが、六甲山の紅葉谷は次の場所にあります。


標高866メートルの極楽茶屋(2013年現在、閉鎖中)から六甲山北斜面の谷道を100メートルほど下ったところにある分岐点の右側の登山道の先に位置する


※「Wikipedia 紅葉谷(六甲山)(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%85%E8%91%89%E8%B0%B7_(%E5%85%AD%E7%94%B2%E5%B1%B1))」より引用


紅葉谷には、ブナ・クリ・コナラなどの紅葉する落葉広葉樹が植えられており、それぞれの木々が秋になると色づいて、美しい風景を作り出します。


神戸市立森林植物園



神戸市森林植物園は六甲山の中にある、日本を含めた世界の樹木約1200種が植えられている施設です。


秋になると、紅葉する木々が続々と色づき始めるので、園内で世界の紅葉を楽しむことができます。


見ごろを迎える11月上旬から下旬にかけての期間は、紅葉のライトアップが行われる他、園内スタッフによる紅葉案内を受けながら散策することができる「もみじ散策会」が開催されます。


2016年の詳しい情報は、神戸市立森林植物園の公式サイトでチェックしてみてくださいね。


【住所】兵庫県神戸市北区山田町上谷上字長尾1-2


スポンサードリンク



神戸布引ハーブ園/ロープウェイ



神戸布引ハーブ園/ロープウェイは、神戸布引ロープウェイ風の丘中間駅とハーブ園山頂駅との間にある、ロープウェイに乗って紅葉を楽しむことができる施設です。


赤や黄色に色づいた紅葉を眼下に眺めながら、全長1460mの距離をロープウェイで移動、ハーブ園に到着してからは、園内の様々なエリアで紅葉を楽しむことができます。


紅葉が見ごろを迎える時期には、紅葉を眺めながらハーブティーやスイーツに舌鼓を打つことができる「ハーブ茶会」というイベントも開催されます。


【住所】兵庫県神戸市中央区北野町1-4-3


瑞宝寺公園



瑞宝寺公園は、有馬温泉街の中にある公園です。


「瑞宝寺」というお寺の跡地に作られた公園で、豊臣秀吉が愛用したと言われている「日暮らしの庭」「石の碁盤」が残されています。


瑞宝寺公園の紅葉は、関西でトップクラスの美しさを誇り、11月上旬から中旬の時期に見ごろを迎えます。


紅葉シーズンには「有馬の大茶会」というイベントが開催されます。


【住所】兵庫県神戸市北区有馬町1749


六甲ガーデンテラス



六甲ガーデンテラスは、六甲山の中にある日本有数の眺望スポットです。


ここから眺める夜景は、「1000万ドルの夜景」とも例えられているほど美しいのだそう。


六甲ガーデンテラスの中には眺望スポットがいくつかあり、それぞれの眺望スポットからソフトクリームやジンギスカンなどのグルメを楽しみながら、同時に紅葉も楽しむことができます


【住所】兵庫県神戸市灘区六甲山五介山1877-9


六甲山天覧台



六甲山天覧台は、六甲山の上にある眺望スポットです。


この場所からも1000万ドルの夜景を眺めることができるそうで、季節ごとに変わる風景を眺めながらゆったりと過ごすことができます。


天覧台には「TENRAN CAFÉ」も併設されており、紅葉シーズンには紅葉を眺めながら、地元食材を使用したメニューやコーヒーなどを味わうことができます。


【住所】兵庫県神戸市灘区六甲山町一ケ谷1-32


六甲高山植物園



六甲高山植物園は、世界の高山植物や寒冷地に生息する植物約1500種が楽しめる施設です。


紅葉する種類の木々も植えられており、少し早めの10月中旬から11月中旬の時期に紅葉の見ごろを迎えます。


紅葉が終わる11月下旬から3月上旬には冬季休園に入ってしまうので、11月中旬までには行っておきたいところです。


【住所】兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲4512-150


移動しながら紅葉を楽しむこともできる!



六甲ケーブル

六甲山には、「六甲山観光六甲ケーブル線」というケーブルカーと、「六甲有馬ロープウェー」というロープウェイが整備されています。


移動しながら紅葉を楽しむことができるので、移動はケーブルカーかロープウェイがオススメですよ。


六甲山観光六甲ケーブル



「六甲ケーブル下駅」から「六甲山上駅」との間を、約10分間で結ぶケーブル線です。


ケーブルカーの車内から色づいた六甲山を眺めることができます。


【住所】兵庫県神戸市灘区高羽字西山8‐2(六甲ケーブル下駅)


六甲有馬ロープウェー



「六甲山頂駅」と「有馬温泉駅」との間を、約12分間で結ぶロープウェイです。


当然ながら「宙に浮いた状態」での移動になるので、眼下に広がる六甲山の最高の紅葉を眺めることができます。


【住所】兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲4512-336(六甲山頂駅)


今年の紅葉狩りは六甲山で決まり!



六甲山の紅葉の見ごろと、紅葉を満喫できる地元オススメスポットについてご紹介させていただきました。


関西屈指のリゾート地で楽しむ紅葉は、皆さんにとって素敵な思い出として心に刻まれるはず


「早く紅葉狩りに行きたい」とウキウキしている方は是非、今年の紅葉狩りで六甲山を訪れてみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク