赤ちゃんが冬に風邪をひかずに、また暑くて寝苦しいことのないようにするための服装はどのようなものなのでしょうか?


また、寝るときに暖房はつけて大丈夫?など赤ちゃんが睡眠中にもっと快適になれる情報をお届けします。

赤ちゃん 寝るとき 暖房


赤ちゃんの冬の服装の基本形は?


まず、よく赤ちゃんが寒くないように!と人に言われることがよくあるかもしれません。思いやって言ってくれているのでしょうから、ありがたく受け取りつつ、実際のところは赤ちゃんは「大人より薄着」でいいのです。


助産師さんなど赤ちゃん育児の専門家もあまり着せすぎないように、ということを推奨しています。でも、加減が難しいですよね。冬にどんなふうに着せたらいいのか基本形をみていきましょう。


新生児の場合


新生児の場合には、短肌着とアウター(ロンパースなど)が基本になります。ちょっと寒そうに感じるかもしれませんが、赤ちゃんは大人よりもかなり汗っかき。


寝冷えが心配なら、スリーパーを活用するなどして冷えを防ぐようにしましょう。


さらに寒い場合、寒い地域ではもう一枚薄手の肌着を追加します。


短肌着の上に長肌着かコンビ肌着(足が分かれているもの)をプラスしてくださいね。意外に思われるかもしれませんが、これでOKですよ。


よく動くようになったら


赤ちゃんがよく動くようになり、足をバタバタさせることが増えたり、ハイハイをするようになったりしたら短肌着や長肌着でははだけてしまいます。


そうなってくるとスナップボタンで留めるタイプの肌着が便利です。ひものタイプより、動き回る赤ちゃんのお着替えが楽にできますよ!このころになると、色や柄もかなり豊富になってきて選ぶ親の側としても楽しく選ぶことができます。


さらに活発になってきたころには、上下分かれた肌着が赤ちゃんの動きを妨げません。半袖のTシャツのような肌着がおすすめです。タンクトップでもいいのですが、わきの汗を吸い取ってくれないので汗っかきな赤ちゃんのことを考えるなら、できれば半袖がおすすめです。

スポンサードリンク


寝る時の服装のおすすめは?


寝る時も、あまりモコモコに厚着しなくても大丈夫です。人間は体温が自然に下がっていくことで眠りにうまく入ることができます。厚着しすぎるとどうしても体温が上がってしまうので、寝つきが悪くなってしまう心配もあり、冬なのに汗疹になってしまう可能性も。

具体的には、冬用の肌着1枚+パジャマでOKです。大人が今日は明らかに寒い、と感じるような日は肌着を重ねても構いませんが大人より厚着になることは避けたほうがいいでしょう。


また、寝るときに足が寒そうと思って靴下を履かせたくなってしまうかもしれませんが寝るときは裸足が一番です。汗を吸ってかえって寒くなってしまいますよ。


こんなところに気を付けて、赤ちゃんの冬の就寝時の服装を考えてみましょう。

暖房ってつけて寝て大丈夫?


エアコンをつけたまま寝ていて、起きたときに喉が痛くなったりした経験のある方もいるでしょう。


エアコンなどで空気を乾燥させすぎてしまうと、のどが乾燥してウイルスなどにも感染しやすい状況を作ってしまいます。


できれば、寝る直前まで部屋を暖めて寝るときには暖房を消すのが理想ですね。このようなことに気を付けて、赤ちゃんの冬の睡眠をもっと快適にしてあげましょう!

スポンサードリンク