お彼岸になると、ご先祖様が眠るお墓にお墓参りに行く方も多いですよね。


お彼岸のお墓参りは、お墓に眠っている方の子孫となる方々がお墓に行って掃除をし、お花・供物・お線香をあげて手を合わせるというのが一般的ですが、最近ではお墓参り事情が変わってきているようです。


つまり、「普通のお墓参りはもう時代遅れかもしれない」ということです。


そこで今回は、2016年秋のお彼岸に向けて、2016年の最新のお墓参りサービスについて解説します。


スポンサードリンク



そもそも「お彼岸」とは?



お墓参りする母と子


「お彼岸」という言葉は、いつもなんとなく見聞きしていて、お墓参りにも行っていたという方も少ないと思います。


そもそも「お彼岸」はどういう意味がある年中行事なのか、皆さんはご存知ですか?


お彼岸とは、毎年3月の春分の日を挟んだ7日間と、9月の秋分の日を挟んだ7日間お墓参りをする年中行事のことです。


「彼岸」という言葉は、




サンスクリット語の「pāram(パーラム)」
仏教用語の「波羅蜜(はらみつ)」⇒「Pāramitā(パーラミター)」



のそれぞれの意訳、「至彼岸(とうひがん)」という言葉に由来しています。


仏教においては、あの世のことを「彼岸」この世のことを「此岸(しがん)」というのですが、彼岸は「西」に、此岸は「東」にあるとされています。


古くはこの、ご先祖様がいる西の方角を「極楽浄土」とし、西の方角に向かって念仏を唱えることで「極楽浄土に行くことができる」と信じられていました。


春分の日と秋分の日は、それぞれ太陽が真東から昇り真西に沈んでいきます。


そのため、彼岸と此岸、つまりあの世とこの世が最も通じやすくなる日ということで、この日を「お彼岸」とし、先祖供養のためのお墓参りをするようになりました。


ちなみにお彼岸は日本独自の習慣であり、海外にはお彼岸はありません。


2016年のお彼岸は?



お彼岸は、春分の日と秋分の日をそれぞれ中間に挟んだ7日間です。


2016年のお彼岸ですが、春のお彼岸はすでに3月に終わっているので、残るは秋のお彼岸です。


秋分の日は22日・23日・24日のいずれかで、22日の年もあれば24日の年もあり、毎年微妙に変化しています。


今年2016年の秋分の日は9月22日(木)になるので、2016年の秋のお彼岸の日程は、以下のようになります。



9月19日(月)⇒彼岸の入り
9月22日(木)⇒彼岸の中日(秋分の日)
9月25日(日)⇒彼岸の明け



ざっくり言うと、「9月19日から9月25日の間にお彼岸のお墓参りをすれば良い」ということになります。


ただ、「六曜(大安・仏滅・友引などのこと)」を気にする地域もあるので、「この日のお墓参りはダメ」と言われたら、素直に従ったほうが良い場合もあります。


1週間の期間がありますから、臨機応変に対応するようにしてくださいね。


普通のお墓参りって時代遅れなの?



最近は何かと「え?こんなサービスがあるの?」というような、ハイテクなサービスが増えてきていますよね。


お墓参りも例外ではなく、最新のお墓参りサービスが存在します。


「普通のお墓参りは時代遅れなのか?」というと、お墓参りに「時代遅れ」は関係ありませんから、普通のお墓参りが時代遅れというわけではありません


ただ、時代が変わって、私たちのライフスタイルも変わってきている以上、お墓参りのスタイルも現代人向けに変わらざるを得ない部分もあるようです。


最新のお墓参りサービスとは?



日本の墓地の風景

最新のお墓参りサービス、それはずばり「お墓参り代行サービス」というサービスです。


メディアで取り上げられているところを見たことがある方もいらっしゃると思います。


お墓参り代行サービスとは、ご先祖様のお墓参りに行くことができない方に代わって、代行業者がお墓参りに行くサービスのことです。


お墓参り代行サービスは、次のような方にオススメのサービスです。



仕事や家事などで何かと忙しく、時間がなくてお墓に行くことができない
お墓が遠方にあるため、なかなかお墓に行くことができない
海外に住んでいるため、頻繁に帰国してお墓に行くことができない
健康上の問題があるため、お墓参りに行きたくても行くことができない
高齢でお墓に行くことが難しい
小さな子供がいるため、お墓に行くことができない
親類縁者との間に複雑な問題があり、お墓参りに行くことができない
お墓掃除のやり方がイマイチわからない



お墓参りに行くにあたっての障害は、以前はそれほどなかったと思います。


ただ、女性の社会進出や少子高齢化が進んでいる状態なので、お墓参りに行くにあたって乗り越えなければならない障害が、時代と共に増えてきているのが現状です。


そのため、このようなサービスを利用している方が増えてきています。


スポンサードリンク



お墓参り代行サービスの流れ



色々な容器の洗剤と布巾とたわし

「お墓参り代行サービスを依頼してみようかな?」と思った時に気になるのが、サービスの内容と流れですよね。


「一時的」とはいえ、ご先祖様の大事なお墓のことを他人に託すわけですから、サービスの内容と流れは気になって当然です。


お墓参り代行サービスを行っている業者はいくつかありますが、サービスの内容と流れは基本的に同じです。



①墓前で合掌礼拝をする
②清掃作業前の様子を写真に収める
③墓石周りの拭き掃除をする
④雑草を取り除く
⑤付属品を水洗いする
⑥墓石の拭き掃除やクリーニングをする
⑦お花をお供えする
⑧お供え物を墓前にお供えする
⑨お線香を焚く
⑩墓前で合掌拝礼をする
⑪清掃で出たゴミを片付ける
⑫清掃作業後の様子を写真に収める
⑬作業のレポートを作成して依頼主に送る



だいたいの流れはこのような感じです。


基本的には、お墓参り代行といっても、清掃作業がセットになってくる場合が多いです。


サービス展開は様々



代行業者によって様々なサービス展開をしており、



現状確認のみを代行するサービス
清掃作業のみのサービス
清掃作業なしでお墓参り代行のみのサービス
徹底的に墓石のクリーニングを行うサービス



などといったサービスもあります。


また、年間契約をすることで、代行業者が定期的にお墓の状態を見に行って、その様子を依頼主に報告するといったサービスを行っている場合もあります。


お墓参り代行サービスの料金は?



これもまた、「お墓参り代行サービスを依頼してみようかな?」と思っている方が気になることですよね。


お墓参り代行サービスを利用した場合、どれくらいの料金がかかるのでしょうか?



【お墓参り・お掃除代行サービス 平均事例】
• ●お墓の状況確認とお墓参り
お墓の状況を写真撮影しご報告 3千円前後
• ●お参りと清掃
雑草取りと水鉢や花立の清掃、お墓参り 7千円前後
• ●お参りと本格クリーニング
雑草を取りと専用洗剤で墓石清掃、お墓参り 2万円前後


※日本霊園サービス「お墓と墓石のお悩み解決(http://nichirei-ohaka.jp/news/daikou-kaiso20140919.html)」より引用


料金相場はこのような感じになっているようです。


もちろん代行業者によっても変わってきますし、サービスの内容にも左右される部分もありますが、目安として覚えておくと良いと思います。


やむを得ない場合は利用するのも1つの手



今回は、2016年の最新のお墓参りサービスについて、お彼岸に関する情報も併せて解説させていただきました。


やむを得ない場合に限りますが、このような最新のお墓参りサービスがあるので、どうしても自分でお墓参りに行くことができない時には利用してみてください


ただ、ご先祖様が一番喜ぶのは、子孫である皆さんがお墓参りに来てくれることです。


お墓参り代行サービスを利用してお墓参りをする場合は、お墓参りに行くことができないことを心の中でご先様にお詫びすると共に、時間ができた時には足を運ぶようにしましょう。


スポンサードリンク