低気圧に体調が左右される方も多いですよね。


それもそのはず、低気圧と体調の関係性は強く、眠気や頭痛をはじめとする体調不良を引き起こしやすいのです。


今回は、「低気圧と体調の関係」ということで、低気圧による眠気や頭痛のメカニズムや対策についてまとめてみました。


スポンサードリンク



低気圧と体調の深い関係性



低気圧が近づいている時や低気圧がちょうど来ていて天気が悪い時、「どうも体の調子が良くないなぁ」という方は多いです。


中には、普段自覚することはなくても、「そういえば天気が悪い日は体調が良くないかも」といった感じで、思い返してみると「そうかもしれない」という方も少なくないはず。


それは単に、


「低気圧が近づいている」→「天気が悪くなるのか…嫌だなぁ」

「低気圧がちょうど来ている」→「天気が悪くて気分まで下がっちゃうなぁ」


という、メンタル面の問題だけで引き起こされているものではありません。


確かに、低気圧によってメンタル面に変化が生じ、そこから体調不良に発展する場合も少なくありません。


ただ、低気圧は身体面にも様々な影響を及ぼすものであるため、体調とも深い関係があります。


低気圧による体調不良の名称は「気象病」



どんよりした天気と道路の風景

こういった、天候の変化によって引き起こされる体調不良のことを「気象病」と呼びます。


また、天候の変化によって発作が誘発される病気のことも、同じく気象病と呼びます。


基本的に「高気圧で体調が悪くなる」という方はいないので、気象病は「低気圧が関わっているもの」と言えるでしょう。


天候の変化によって引き起こされる症状




・古傷が傷む
・頭痛
・めまい
・肩こり
・腰痛
・神経痛
・関節炎
・リウマチ
・眠気
・気分が沈む
・皮膚のかゆみ
・体のむくみ
・喘息の発作

など…



※今回は、これらの症状の中から「眠気」と「頭痛」について詳しく解説します。


低気圧が体調に影響を及ぼす原因は3つ



低気圧が体調に影響を及ぼす原因としては、次の3つが原因として考えられています。


・ 前線の接近(低気圧の接近)による減圧

減圧によって体内にヒスタミンまたはヒスタミン様物質が動員され、体内の水分が貯留し、平滑筋の収縮、血管の透過性、炎症反応が増強するため、気象病が誘発されるとする説。

・ 自律神経への影響

気象変化が自律神経に影響を与えるため、最初は副交感神経の感受性が亢進(こうしん)、ついで交感神経の感受性が亢進するとする説。

・ ストレス

気象の変化をストレスとして考え、下垂体前葉、副腎(ふくじん)皮質系が作動するため起こるとの説。

※「一般財団法人 茨城県メディカルセンター(http://imc.or.jp/archives/mamechishiki/%E5%81%A5%E5%BA%B7%E3%81%BE%E3%82%81%E7%9F%A5%E8%AD%98-74」より引用


もう少しわかりやすく言うと、



◇低気圧が来ると圧力が下がって体にかかる圧力が強くなるため、体が圧力を押し返そうとする
◇自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが乱れる
◇天候の変化を「ストレス」として感じ取る



ということです。


低気圧で眠気が起こる原因とメカニズム



欠伸する女性

「低気圧が来ると眠気が強くなって困る…」という方、多いですよね。


低気圧で眠気が起こるのは、次の2つの原因が考えられます。


原因と、その原因によって眠気が起こるメカニズムについて解説します。


①体が酸欠状態になる



皆さんもご存知の通り、低気圧は「上昇気流」を引き起こして雨雲を作ります。


この時、上昇気流に乗っていってしまうのが「酸素」


当然地上付近では酸素濃度が低い状態になり、体内に充分な酸素を取り入れることができなくなってしまうため、体が酸欠状態になります。


体が酸欠状態になると、今度は体が休息モードへと変化します。


この休息モードが眠気を引き起こします


②副交感神経が優位になる



「低気圧によって自律神経のバランスが乱れる」というのはよくあることで、どちらかというと、脳が興奮状態にある時に優位になる「交感神経」のほうが優位になるという方が多いです。


ただ、中にはストレスなどが原因で、日頃から交感神経のほうが優位になりやすい方もいます。


日頃から交感神経のほうが優位になりやすい方は、低気圧によって空が暗くなったり、体が酸欠状態になったりすると、脳がリラックス状態にある時に優位になる「副交感神経」のほうが優位になります。


この副交感神経、人間が眠っている時に働いている自律神経でもあるので、副交感神経が優位になると眠気が引き起こされやすくなるのです。


スポンサードリンク




低気圧で頭痛が起こる原因とメカニズム



次に、「低気圧による体調不良」として症状を訴える方が特に多い「頭痛」について、起こる原因とメカニズムについて解説します。


低気圧で頭痛が起こるのは、次の4つの原因が考えられます。


①脳の血管が拡張される



前述している通り、低気圧が来ると体にかかる圧力が強くなるため、体は圧力を跳ね返そうとします


脳では、頭蓋骨内にかかる圧力が低くなると、「血管を拡張する」という方法で圧力を跳ね返そうとします。


血管が拡張されると、今度は血管の周りにある神経が刺激され、頭痛が引き起こされます。


②血圧が下がる



気圧は「血圧にも影響を及ぼす」とされており、低気圧が来ると血圧は下がる傾向にあるようです。


血圧が下がると血流に変化が生じ「血流が変化した」という意味での血管の拡張が引き起こされます。


そのため、拡張した血管が周りの神経を刺激して頭痛を引き起こします。


③ストレスで交感神経が優位になる



眠気の場合は副交感神経のほうが優位になることで起こるものでしたが、頭痛の場合は反対です。


低気圧による天候の変化をストレスとして感じ取ることで、交感神経が優位になってしまいます


ストレスによって交感神経が優位になると、頭から背中にかけての筋肉が緊張した状態になり、血流が悪化します。


この悪化した血流を改善しようとして血管が拡張され、周りの神経が刺激されて頭痛が起こります。


低気圧による眠気・頭痛対策



人差し指

【眠気】体が酸欠状態にならないようにする



体の酸欠状態を防ぐのに効果的なのは、



◇深呼吸をして酸素をたっぷりと体内に入れる
◇「鉄分」を摂って、酸素を運ぶ「ヘモグロビン」を増やす


つまり、酸素を体にたくさん摂り込んで、その酸素をしっかりと全身に循環させるということです。


【眠気】副交感神経の働きを抑える



副交感神経は体を休ませようとするので、「体を動かす」という、逆のことをしましょう。


また、体を冷やすことで副交感神経の働きを抑えることもできるので、体を冷やすと眠くなりにくくすることができます。


もし眠くなってしまっても、体を冷やせば眠気を覚ますことができます



【頭痛】頭痛を誘発しやすい食べ物を避ける



食べ物や飲み物の中でも、「頭痛を誘発しやすい食べ物と飲み物」というものが存在します。


例えば、



・チーズ
・チョコレート
・肉類の加工食品(ハム・ソーセージ)
・キムチ
・インスタントラーメン
・スナック菓子
・赤ワイン



といった食べ物や飲み物は、頭痛を誘発しやすいと言われているので、低気圧が近づいている時には食べたり飲んだりしないようにしましょう。


その一方で、頭痛に効果的なのは「マグネシウム」を多く含んだ食べ物です。


【頭痛】酔い止め薬を飲む



意外かもしれませんが、低気圧による頭痛には「酔い止め薬」が効きます


低気圧による頭痛も乗り物酔いも、どちらも気圧の変化が原因で起こるものなので、低気圧が来る前に飲んでおくと頭痛を予防することができます。


【眠気・頭痛】自律神経のバランスを整える



低気圧による眠気と頭痛は、どちらも自律神経のバランスの乱れが関わっています。


常日頃から自律神経のバランスを整えておくことで、自律神経のバランスを乱れにくくすることができるので、次のようなことを実践して対策を講じましょう。



◇ストレスを溜めない・適度に発散する
◇質の良い睡眠を取る
◇朝起きたら太陽の光を浴びる
◇有酸素運動をする(ウォーキング・ヨガなど)
◇シャワーだけで済ませず湯船に浸かる



自律神経のバランスが乱れにくい状態を作ろう



低気圧による眠気や頭痛のメカニズムや対策についてまとめてみましたが、いかがでしたか?


眠気や頭痛に悩まされている方は、「どうして眠気や頭痛が起こるのか」ということについて知ることができたのではないかと思います。


関係性が強い低気圧と体調、自律神経のバランスが乱れにくい状態を作り、体調不良を回避しましょう



スポンサードリンク