夏が近づいてくると、人間の血を求めて「蚊」が飛び回り始めます。


最近は「デング熱」や「ジカ熱」といった、蚊が媒介して感染が広がる感染症もあるので、蚊に刺されるのは避けたいもの


特に赤ちゃんがいる家庭の場合は、赤ちゃんを蚊から守るために、「蚊取り線香」を使用して蚊が寄ってくるのをブロックしたいと思っていると思います。


ところが、蚊取り線香に関しては、「赤ちゃんに害があるのではないか」という不安の声も聞かれます。


では、蚊取り線香は本当に赤ちゃんに害があるのでしょうか?


また、赤ちゃんがいる家庭で蚊取り線香を使用する場合の注意点についても解説します。


スポンサードリンク



赤ちゃんは蚊のターゲットになりやすい!



哺乳瓶と赤ちゃん

「蚊に刺される」ということ自体は、老若男女関係なくあることなので、決して珍しいことではありません。


ところが、「蚊に刺されやすいのは大人か、それとも子供か?」といったら、圧倒的に子供のほうが蚊に刺されやすいですよね。


それもそのはず、赤ちゃんを含めた子供たちは蚊のターゲットにされやすい要素を持っているのです。


赤ちゃんは皮膚が薄いので体温が高く、その上たくさん汗をかくもの


この、



「体温が高い」
「汗っかき」



という2つの要素は、蚊のターゲットになりやすい人の特徴でもあります。


このような理由から、赤ちゃんは蚊のターゲットにされやすいのです。


蚊を追い払う救世主の「蚊取り線香」だけど…



「蚊を退治する」という効果を発揮するものであるがゆえに、「赤ちゃんに害があるのではないか」と心配する声も少なくありません。


もしかすると、蚊取り線香の使用を避けている家庭もあるかもしれません。


蚊取り線香は赤ちゃんに害を及ぼさない



「蚊取り線香の使用が赤ちゃんに害を及ぼすのかどうか」、結論からお話しすると害を及ぼすことはまずありません


つまり、赤ちゃんがいる家庭で蚊取り線香を使っても問題はありません


蚊取り線香を使っても大丈夫なのはなぜ?



蚊取線香


蚊取り線香を使っても赤ちゃんに害がないのは、蚊取り線香に使われている「ピレスロイド」という成分に秘密があります。


このピレスロイドという成分は、通称「除虫菊」と呼ばれている「シロバナムシヨケギク」という菊が持つ天然由来の除虫成分「ピレトリン」に似た成分を人工的に作り出したものです。


人工的に作り出したとはいえ、実は「安全性が高い」とされている成分。


というのも、私たち人間の体は、このピレスロイドを分解する酵素を持っています。


この酵素の働きによってピレスロイドはすぐに分解され、短時間であっという間に体外に排出されます。


ところが虫には、ピレスロイドが体内に摂り込まれても分解する酵素がありません


体内にピレスロイドが摂り込まれた虫は、神経が麻痺して死に至ります。


つまり、蚊取り線香を使うことによって、「虫だけに害を与えて退治することができる」ということです。


スポンサードリンク



注意すべきポイント



「蚊取り線香が赤ちゃんに害を及ぼすことはまずない」ということは、ここまでの間にお話ししている通りです。


ただ、赤ちゃんがいる家庭で使用する場合には気をつけてほしいことがあります。


注意すべきポイントは、以下の通りです。


寝る時は使わない



お父さんお母さんが寝ている間に赤ちゃんが起きて、うっかり触ってしまったら大変です。


火を使っているわけですから、当然ながらやけどをする恐れがありますし、誤飲する恐れもあります。


親御さんが起きている状態であれば良いのですが、親御さんが寝る時になったら火元は消しましょう


そして、赤ちゃんの手の届かないところに蚊取り線香を置くようにしましょう。


赤ちゃんから遠ざける



蚊取り線香から出る煙が、赤ちゃんの目や喉を刺激する恐れがあります。


ご存知の通り、煙は近ければ近いほど濃いですし、離れれば離れるほど薄くなるので、煙から守るためには赤ちゃんから遠ざけましょう。


また、赤ちゃんのそばに置いておくと誤飲する恐れもあるので、そういった面にも配慮して、赤ちゃんから遠ざけるようにしてください。


喘息持ちの赤ちゃんには使わない



赤ちゃんが喘息持ちの場合は、蚊取り線香の煙が刺激となる恐れがあります。


使っていても大丈夫な場合もあるようですが、念のため使わないようにしたほうが安全だと思います。


※赤ちゃんがいる部屋ではなるべく使わないのが安全



ここまで、注意すべきポイントをまとめてきましたが、一番安全なのは「赤ちゃんがいる部屋ではなるべく使わないようにする」ということです。


例えば、蚊取り線香を焚く場合は、赤ちゃんは別の部屋に連れていき、蚊取り線香が焚き終わってから連れてくるようにしてみてはいかがでしょう?


炊き終わっても、空気中には防虫効果のある成分がしばらくの間漂っている状態なので、充分赤ちゃんを蚊から守ることができるはずです。


他に安全に赤ちゃんを蚊から守る方法は?



蚊

万が一「蚊取り線香を使わない」ということになった場合のことを考えると、蚊取り線香を使う方法とは別に、赤ちゃんを安全に蚊から守る方法も知っておきたいですよね。


蚊取り線香以外の方法としては、次のような方法があります。


「蚊帳」を取り付ける



部屋の中に蚊帳(かや)を取り付け、その中に赤ちゃんを寝かせると、蚊から赤ちゃんを守ることができます。


必ず網戸を閉める



窓を開ける時は必ず網戸を閉めて、蚊の侵入を予防しましょう。


天然成分を使用した蚊取り線香を使用する



最近では、「天然成分100%」という蚊取り線香も登場しています。


天然成分100%であれば赤ちゃんにも安心・安全なので、そういった蚊取り線香を選びましょう。


虫よけ効果のあるアロマオイルを使用する



「天然成分」ということであれば、虫よけ効果のあるアロマオイルを使って蚊を寄せ付けないようにすることもできます。


例えば、



・ゼラニウム
・レモンユーカリ(ユーカリシトリオドラ)
・ラベンダー
・レモングラス
・シトロネラ



といったアロマオイルには虫よけ効果があるとされています。


こういったアロマオイルを使えば、虫よけ剤を手作りすることもできますよ。


【5分で完成! 虫よけアロマスプレーの作り方】





赤ちゃん用の虫よけ剤を使用する



虫よけ剤の中には、シールタイプで肌に直接虫よけ剤が触れないようになっているものや、お肌に優しい成分で赤ちゃんにも安心して使えるような虫よけ剤もあります。


そういった虫よけ剤を使って、赤ちゃんから蚊を追い払いましょう。


暗い色の服を着せない



蚊には、暗い色に惹かれて集まってくる性質があります。


ですから、なるべく暗い色の服を赤ちゃんに着せないようにしましょう。


防虫効果のある植物を育てる



例えば、



・ゼラニウム
・レモングラス
・ハーブ
・ラベンダー
・ローズマリー



といった植物は、蚊や他の虫たちが苦手とする植物として知られています。


一番オススメなのはゼラニウムですが、こういった防虫効果のある植物を窓の近くなどに植えて育てることで、蚊から赤ちゃんを守ることができます。


注意点を守って使用して!



ここまでは、蚊取り線香は赤ちゃんに害があるのか、そして赤ちゃんがいる家庭で蚊取り線香を使用する場合の注意点について解説させていただきました。


基本的には、蚊取り線香が赤ちゃんに害を与える可能性は低いので、過度に心配する必要はありません。


ただ、万が一のことを考えると、使用する際に気を付けたほうが良いことは何個もあるので、赤ちゃんを蚊から守り、そして蚊取り線香の影響を受けないようにするためにも、注意点を守って使用してほしいと思います。


スポンサードリンク