これから暑くなってくると、女性はもちろんですが、男性も「すね毛」のことが気になってくると思います。


そこで、すね毛を「すく」という形で手入れをする男性もいると思うのですが、「すね毛はすくと濃くなる」という、手入れの意味がなくなってしまうかのような噂があるのも事実。


この「すね毛はすくと濃くなる」という噂、果たして本当なのでしょうか?


また、男性のすね毛の手入れ方法の中で、一番オススメな手入れ方法はどの方法なのでしょうか。


スポンサードリンク



今や「男性のすね毛処理」は珍しくない



「すね毛処理」というと、主に女性がするものというイメージが強かったと思います。


しかし今では、「【男性のすね毛処理】は珍しいものではない」、つまり「男性がすね毛処理をするのは当たり前」という見方に変わりつつあります。


男性がすね毛処理をする理由



手を広げて自然を満喫する外国人男性


男性がすね毛処理をするようになったのは、やはり「ファッションの変化」が理由として大きいようです。


毎年夏になると、「クールビズ」ということで軽装を許可する企業が多いですよね。


それまではプライベートで短パンを穿く男性のほうが多かったのが、短パンを穿いて仕事をする男性も増えました。


こうしたファッションの変化が影響して、「すね毛は適度に処理をするのがエチケット」という考え方に変わり、すね毛処理をする男性も増えたようです。


すね毛が濃いと「女性ウケ」も良くないらしい…



ファッションの変化も理由として大きいのですが、ファッションの変化に伴って、同時に女性が男性のすね毛を目にする機会も増えました。


女性としてはやはり、すね毛が濃い男性はあまりイメージが良くないようです。


かといってすね毛が全くない男性も「ツルツルで気持ちが悪い」とのことで、男性らしさを残しつつも清潔感のある適度に処理されたすね毛の好感度が高いのが現状です。


「すね毛をすくと濃くなる」ってホント?



ではここからは本題に移って、「すね毛をすくと濃くなる」という噂について解説していきたいと思います。


先ほどお話しした通り、すね毛処理をする男性は珍しくないわけですが、すね毛を薄くしたいにも関わらず、「すくと濃くなる」というのは聞き捨てならないことですよね。


「すね毛をすくと濃くなる」という噂、これは大半は嘘です。


すいたことですね毛が濃くなることは、基本的にはありません。


濃くなったように見えるだけ!



「すね毛をすくと濃くなる」と言われているのは、単にすね毛が濃くなったように見えるだけです。


すね毛の形は、根元から毛先にかけてだんだん細くなっていきます。


つまり、すくことによってすね毛が毛先よりも太いところでカットされると、カットされた断面が太く見えるので「濃くなった」ように見えるだけなのです。


断面が斜めになっても濃くなったように見える



すね毛をすく時に、斜めにカットしてしまうことでも、濃くなったように見えることがあります。


これは、太さは変わらなくても、切り方によって太さが違って見える「キュウリ」と同じ、「小口切りにするか、それとも斜め薄切りに切るか」という状況と同じです。


小口切りにしたキュウリと斜め薄切りにしたキュウリとでは、斜め薄切りにしたキュウリのほうが断面が太く見えますよね。


これをすね毛に例えると、すね毛をすく時に斜めにカットされてしまうと、断面も斜めになるので濃くなったように見えることがあります。


肌が傷つけばすね毛が濃くなることはある



「【すね毛をすくと濃くなる】という噂の大半は嘘」というお話しをしましたが、「大半」ということは、本当にすね毛が濃くなってしまうことも少なからずあります。


それは、「すね毛をすく時に肌を傷つける」ということを繰り返してしまった場合


毛は肌を外部のダメージから保護する役割があるので、繰り返し肌が傷つけられると、肌を守ろうとしてすね毛が濃くなる可能性があります。


例えば、次のようなすね毛処理のやり方を繰り返してしまうと、肌が傷ついてすね毛が濃くなりやすくなります。



・肌にカミソリを押し付けて剃る(深剃り)
・毛の流れに逆らって剃る(逆剃り)
・シェービングクリームなどを使わずに剃る(から剃り)
・繰り返し同じところを剃る
・切れ味が悪くなったカミソリを使う
・毎日のようにすね毛処理をする



どちらかというと、女性のほうにあてはまりやすいことですね。


男性の場合は、このような形で念入りにすね毛処理をすることはないと思うので、それほど心配する必要はないと思いますが、かといって無縁なことでもないので、念頭に置いておく必要はあります。


スポンサードリンク




男性のすね毛の手入れ方法は?



顎に手を当てて思考を巡らすビジネスマン

男性がすね毛を手入れする方法としては、次のような方法が挙げられます。



・剃る
・抜く
・すく
・溶かす
・色を抜く
・焼き切る
・生えにくくする
・脱毛する



1つ1つ簡単に見ていきましょう。


剃る



・カミソリ
・電動シェーバー


といったアイテムを使い、すね毛を剃って処理する方法です。


抜く



・毛抜き
・脱毛ワックス
・脱毛テープ


といったアイテムを使い、すね毛を抜いて処理する方法です。


毛抜きの場合は1本1本、脱毛ワックスや脱毛テープの場合は、塗布した・貼った場所のすね毛を一気に抜きます。


すく




・すきバサミ(髪用)
・すきカミソリ


といったアイテムを使い、すね毛を適度に薄く処理する方法です。


現在、こちらの「すく」アイテムが男性の間ではすね毛処理に重宝されているとのことです。


溶かす



「脱毛クリーム」という薬剤を使い、すね毛を「溶かす」という形で処理をする方法です。


色を抜く



すね毛の色を抜き(脱色)、すね毛を「目立たなくする」という形で処理をする方法です。


焼き切る




・ヒートカッター
・線香


といったアイテムを使い、すね毛を焼き切って処理をする方法です。


※線香で焼き切る方法は危険です!


生えにくくする



「抑毛ローション」といった、毛が生えるのを抑制する薬剤を使って、すね毛を生えにくくする方法です。


脱毛する




・家庭用脱毛器
・メンズ脱毛


といった方法ですね毛を処理する方法です。


家庭用脱毛器はセルフ脱毛メンズ脱毛はサロンやクリニックに行っての脱毛になりますが、いずれの場合も繰り返し毛根を破壊することで、すね毛を生えにくくすることができます。


一番オススメな手入れ方法は「メンズ脱毛」



男性のすね毛の手入れ方法の中で一番オススメな手入れ方法は、やはり「メンズ脱毛」になります。


理由としては、「プロが携わるから」です。


プロが携わる分、自分で手入れをするよりも安全性が高いですし、家庭では使用できないような専門的な機械を使用するので、その分効果も期待できます。


「脱毛」といっても、すね毛がないツルツルの状態になるわけではなく、適度に残して減毛することもできますし、メンズ脱毛を扱うサロンやクリニックも増えています。


以前よりは確実にメンズ脱毛のハードルが下がっているので、お金の面の問題がクリアできるのであれば、メンズ脱毛が一番オススメです。


セルフケアなら「すく」手入れ方法が一番オススメ



すね毛をすく

プロによるメンズ脱毛を除いたセルフケアの中では、「すく」方法での手入れが一番オススメです。


先ほどご紹介した、「すきバサミ」や「すきカミソリ」を使用した手入れ方法ですね。


他の方法だと、加減がわからずにすね毛を薄くしすぎてしまう恐れがありますし、抜いたり薬剤を使ったりすることで肌に負担をかけてしまうからです。


すきバサミ・すきカミソリのどちらも、安いものは100円ショップで買えますし、ドラッグストアや通販でも購入可能です。


肌への負担のそれほどかかりませんし、ちょうど良い具合にすね毛を薄くすることができるので、男性のすね毛はすく方法で処理をしましょう。


適度な手入れで好感度アップを目指そう!



今回は、「すね毛はすくと濃くなる」という噂の真相と、 一番オススメなすね毛の手入れ方法についてお話しさせていただきました。


結論としては、ほとんどの場合はすいても濃くなることはありませんし、むしろ適度な量になるようにすいたほうが周りからの好感度もアップします。


これから短パンを穿く機会が増える季節になりますが、適度な手入れで好感度アップを目指して下さいね。


スポンサードリンク