初詣や観光、厄年のお祓いなどで、「神社をお詣りする機会がある」あるという方も多いと思います。


その時に、神社からお札の授与を受けることもあると思うのですが、そのお札、皆さんはどのようにして自宅に飾っていますか?


お札を貼るからには、やはり方角や向きに気を付けた上で正しい貼り方をして、しっかりとご利益を受けたいもの。


今回は、お札の方角と向き、そしてご利益を得るための正しい貼り方をご紹介します。


スポンサードリンク



「神棚」がある場合は神棚に飾る!



神棚のイラスト

まず、お札を飾る前に皆さんにお聞きしたいのですが、皆さんの自宅に神棚はありますか?


もし神棚があるのであれば、お札は神棚に飾るのがベストです。


これから神棚を設置する場合は?



お札を飾る前に、「神棚を設置したい」という家庭もあると思います。


もし、これから神棚を設置するのであれば、方角と向きに気を付けて設置してください。


では、神棚を設置するのにふさわしいのはどの方角と向きなのでしょうか。


神棚を設置する方角



神棚は「北」の方角に設置するのがベストです。


特に「北北西」の方角は「大吉」の方角なので、可能であれば北北西の方角に神棚を設置するのがオススメ


北北西が難しい場合は、北北西の向かい側の「東南東」が良いでしょう。


少なくとも、不浄とされている「東北東(鬼門)」と、東北東の向かい側の「西南西(裏鬼門)」は避けましょう。


神棚を設置する向き



神棚は「南」に向けて設置しましょう。


なぜ南向きにするのかというと、太陽が南側を通るからです。


つまり、「神様が太陽を見るような形」で設置するのが望ましいです。


南向きが難しいのであれば、太陽が昇る「東」に向けて設置しましょう。


もし、太陽に背を向ける形になる「北」に向けて神棚を設置してしまうと、「神様が帰ってしまう」という言い伝えがあるので気を付けてください。


お札を貼るのにベストな場所は?



神札


ではここからは、ご利益を得るためのお札の正しい貼り方についてお話ししていきます。


まずは場所から。


お札を貼るのにベストな場所はどこなのでしょうか?


お札はこの方角に貼る



お札を貼る方角としては、「北側」がオススメです。


部屋の北側の壁に貼りましょう。


そして可能であれば、神棚と同様、北は北でも「大吉の方角」である「北北西」の方角に当たる場所に貼るのがオススメです。


南側や西側の方角に貼るのはオススメしません


お札はこの向きに貼る



お札を貼る向きとしては、「南向き」がオススメです。


こちらも神棚と同様ですが、太陽が移動する方向を向けて貼るのが正しいので、太陽が移動する方向である南向きに貼りましょう。


部屋の北側に貼りつければ、自然と南を向くようになるので大丈夫です。


もし、南向きに貼るのが難しい場合は、太陽が昇る「東向き」に貼りましょう。


北向きや西向きには貼るのはオススメしません


お札は高い位置に貼る



神様を見下ろすような位置はNGなので、お札は人の目線よりも高い位置に飾りましょう。


目線よりも高い位置であれば、家具の上に立てかけても問題ありません


家具の上にお札を飾る場合は、家具の上(お札の下)に「白い布」を敷いて飾りましょう。


不浄な場所にはお札を貼ってはいけない



神様は「不浄な場所」を嫌います


不浄とされているのは、次のような場所です。



・鬼門(東北東)の方角
・裏鬼門(西南西)の方角


鬼門は大凶、西南西は凶の方角であるため不浄とされています。



・トイレ
・お風呂場
・キッチン


この場所はいずれも水回りで汚れやすいため、不浄とされています。


このような場所にお札を貼るのは辞めましょう。


当然ながら、お札だけではなく神棚を設置するのにも向いていません


不浄ではないけれど貼ってはいけない場所



不浄な場所ではありませんが、次のような場所もお札を貼ってはいけない場所になります。


人が頻繁に通る場所



高い位置が良いとはいえ、例えば「ドア」「玄関」といった、人が頻繁に通るような場所の上にお札を貼るのはNGです。


人間もそうだと思うのですが、ドアや玄関近くは人が頻繁に通るので、神様も落ち着きません。


ドアの上や玄関の上に貼るのは辞めましょう。


お札の上を人が通る場所



アパートやマンションの最上階以外のお部屋に住んでいる方は仕方がありませんが、お札は上を人が通らない場所に貼るのが望ましいです。


というのも、神様を上から踏んでしまう形になってしまうからです。


廊下の下は特にオススメしません。


可能であれば最上階の部屋、最上階以外の部屋に貼るのであれば、人があまり歩かないような場所の下に当たる場所に貼りましょう。


スポンサードリンク



お札の間違った貼り方・飾り方



お札を貼る(飾る)場所が決まったら、今度は実際にお札を貼っていきますが、貼り方にも気を付けなければなりません


まずは先に、お札の間違った貼り方・飾り方についてお話しします。


やむを得ない場合を除いて、次のような貼り方・飾り方はNGとされています。


【画びょうで刺して貼る】



お札の隅に画びょうを刺して貼る方法、これはお札の貼り方としてNGです。


やっている家庭も多いと思うのですが、これは神様に対して失礼にあたります。


【壁に直接貼りつける】


こちらもやっている家庭が多いと思うのですが、お札を壁に直接貼りつけるのも、実はあまり良いことではありません


画びょうで刺して貼る場合と同様に、神様に対して失礼にあたる貼り方です。


お札の正しい貼り方・飾り方



OKな女性

次に、お札の間違った貼り方・飾り方にならって、お札の正しい貼り方・飾り方についてお話しします。


【「お札立て」を使う】



お札立ては、その名の通り「お札を飾るための神具」です。


神棚に飾るのと同様、可能であれば「お札立てに飾る」のが正しい飾り方と言えます。


【壁に立てかける】



立てかけられるような場所であれば、お札は壁に立てかけましょう


【額に入れる】


額を購入し、お札を額に入れて飾りましょう。


外気に触れない分、キレイな状態でお札を飾ることができます。


【台紙に貼り付けてから壁に貼る】



お札を直に壁に貼り付けるのはオススメできないので、台紙に一度貼り付けてから壁に貼りましょう。


ただ台紙に貼りつける以外にも、半紙や和紙などでお札の周りを上下左右包むようにして、額に入っているような状態にしても良いです。


【「よつどめ」で貼りつける】



よつどめとは、お札の四隅をテープで固定する方法です。


もし、やむを得ず直に壁に貼り付ける場合は、よつどめで貼りつけましょう


※「ワンクッション」が大事!



細かいことをお話ししてきましたが、簡単にまとめると、お札を貼る場合は



「壁とお札との間にワンクッション置いてから貼る」



という貼り方が正しい貼り方になります。


もし、お札立てや額といったものを用意しないでお札を貼る場合は、壁とお札との間にワンクッション置くことを守ってください。


こまめに掃除をしよう!



最後に、一番大切なことをお話しします。


お札を貼る・飾る場所はこまめに掃除をして、清潔な状態を保ってください。


前述している通り、神様は不浄を嫌うので、お札の周りが汚れた状態になっているのは良くありません


目線よりも高い場所の掃除をすることになるので、掃除がしづらいかもしれませんし、掃除をすること自体を忘れてしまいがちな場所でもあります。


ただ、神様を大切にすると同時に、私たちのことを守っていただけるようにするためにも、こまめに掃除をすることは忘れないでください。


神様を敬う気持ち、そして敬う気持ちを行動に移すことが大切です。


お札は正しく貼りましょう!



お札の方角と向き、ご利益を得るための正しい貼り方についてお話しさせていただきました。


身近なものであるお札ですが、方角・向き・正しい貼り方について知らなかった方も少なくないと思います。


これからは正しい方法でお札を貼って神様に失礼のないようにしてくださいね。


スポンサードリンク