これからの時期、「人間の夏バテ」にも気を付けなければなりませんが、猫を飼っている方は「猫の夏バテ」にも気を付けたいところ。


猫の夏バテの症状として、「下痢」や「嘔吐」といった症状が知られていますが、下痢や嘔吐の他にもどのような症状が現れるのでしょうか?


また、下痢や嘔吐といった夏バテの症状を予防するためには、どのような対策をすれば良いのでしょうか


スポンサードリンク



猫は体温調節が難しい動物



茶白猫の寝顔


人間は身体中に「汗腺」というものがあって、「暑い」と感じると汗をかき、その気化熱によって体温を下げることができます


ところが猫にはあまり汗腺がなく人間のように汗をかいて体温を下げることは困難です。


その代わりに、毛づくろいをすることで毛についた唾液の気化熱で体温を下げたり涼しい場所を見つけて寝転がったりすることで暑さから逃れる工夫をしていますが、年々気温が上昇する日本の夏では限界があります。


ですから、「猫は体温調節が難しい動物である」ということを、飼い主の方は把握しておかなければならないのです。


猫の夏バテの症状



猫が夏バテになると、どのような症状が現れるのでしょうか?


一般的に言われているのが、



・食欲不振
・水をあまり飲まない
・元気がない
・あまり動きたがらない
・寝てばかりいる
・声をかけてもすぐに反応しない
・身体が熱い(発熱)
・オシッコの量が少ない
・嘔吐
・下痢(軟便)


といった症状です。


ただ、人間と同じで、暑さによって水分や体力が奪われる時期に「食欲が落ちる」「水を飲まない」といった栄養や水分が不足する状態が続くと、当然ながら命にも関わってきます


こんな時は「熱中症」を疑って!




・「ハァハァ」と荒い呼吸をしている
・口から舌が出ている
・よだれを垂らしている
・泡を吹いている
・体温が高い
・エサを食べない(食べようとすらしない)
・水を飲まない(飲もうともしない)



このような症状が見られた場合は、夏バテではなく「熱中症」を疑ってください


体温が高い状態が続くとショック状態に陥り、最悪の場合死に至る恐れがあります。


熱中症が疑われる場合は、濡らしたタオルや霧吹きなどを使って身体を冷やしてあげて、すぐに動物病院で診てもらってください


夏バテで下痢をすることはあまりない



先ほど、猫の夏バテの症状として「下痢(軟便)」という症状を挙げましたが、「夏バテで下痢をすることはあまりない」とも言われています


確かに夏バテで下痢をする猫もいますが、多くの場合は別の原因によって下痢をしていることが考えられます。


例えば、



・エサを食べ過ぎた(ウェットフードを食べ過ぎるとなりやすい)
・人間の食べ物を食べた
・エサのメーカーを変えた
・ストレス
・誤飲



といった日常的に起こりがちなものから、



・胃腸炎
・感染症
・寄生虫や原虫
・リンパ腫
・膵炎


といった病気によって引き起こされているものまで様々です。


夏特有のものだと、傷んでしまったエサを食べたことで下痢をすることがあります。


猫が下痢をした時の対応



猫が下痢をした場合は、時期的にも脱水症状が懸念されるため、脱水対策として水分を摂らせるようにしましょう。


また、安静にして休ませてあげることも必要です。


こんな下痢は動物病院へ!



一時的なものであればそれほど心配はいらないと思いますが、



・下痢が何日も続いている
・下痢をしていて食欲もない
・うずくまって辛そうにしている



このような状態であれば、すぐに動物病院に連れて行ってあげましょう


特に高齢猫や子猫の場合は、下痢が命取りになることもあるので、高齢猫や子猫の場合は下痢をした時点で動物病院を受診することをおすすめします。


猫が嘔吐した時の対応



猫はよく嘔吐する動物なので、嘔吐しても元気であれば様子を見ていても大丈夫です。



・吐いたものに毛玉や草が混じっている
・吐いたものを再び食べ始める(単なる吐き戻し)


といった嘔吐であれば、心配要らないことがほとんどです。


ただ、夏バテによる嘔吐の場合は、脱水症状にも陥りやすいので水分補給が必要です。


また、暑さで体力が奪われている状態なのに、「吐く」という行為によってさらに体力が奪われてしまって危険なので、安静にしてあげましょう。


こんな嘔吐は動物病院へ!




・嘔吐を繰り返す
・吐こうとしているのに吐き出せずにいる
・血(時間が経つとコーヒー色に変化する)や異物が混じっている
・嘔吐以外の症状が見られる


といった嘔吐の場合は、何らかの病気や誤飲などが疑われるので、すぐに動物病院を受診しましょう。


スポンサードリンク



猫の下痢対策(予防策)



一般注意マーク

ここからは、猫の下痢や嘔吐の対策についてご紹介していきます。


先ほどもお話しした通り、夏バテで下痢をする猫はそれほど多くはありません


多くが日常生活に原因が潜んでいたり、病気によって引き起こされていたりするものなので、夏バテとは別の対策が必要です。


日常生活による下痢を予防するために気を付けたいこと




・ウェットフードを与えすぎない
・人間の食べ物をむやみに与えない
・フードの銘柄を変える場合は、いつものフードに混ぜながら慣らしていく
・誤飲しそうなものを出しておかない(高いところに置いておいても猫の場合は無意味)
・強いストレスを与えない



病気による下痢を予防するために気を付けたいこと



感染によるものは、ワクチンを打つことや、他の猫と接触させないようにすることで予防ができます。


出入り自由の猫にとっては難しいことかもしれませんが、室内飼いの猫であれば可能だと思います。


また、他の病気に関しては、猫の健康を考えた上でお世話をしてあげることで、大半は予防することができると思います。



嘔吐の症状を含む猫の夏バテ対策



では次に、嘔吐の症状を含むネコの夏バテ対策についてご紹介します。


嗜好性を高めるエサをプラスする



食欲が落ちると夏バテのリスクが高まってしまうので、いつものドライフードに嗜好性を高めるエサをトッピングして、猫が「おいしそう!」と進んでエサを食べるような工夫をしてあげましょう。


1つ下の項目でもご紹介しているウェットフードもおすすめですし、ウェットフードを温めて湯気を立たせてあげたり、猫用のふりかけをかけてあげたりするのもおすすめです。


エサから水分補給をさせる



人間であれば意識して水分補給をすることができますが、猫の場合はそうもいきません


ですから、夏バテを予防するためにも、夏の間は水分を多く含んだウェットフード(ネコ缶・液体のおやつ)を、いつものドライフードの上にトッピングしてあげましょう。


こうすることで、エサを食べながら水分も一緒に補給することができます。


過ごしやすい室温をキープする



暑い日は冷房や扇風機などを使って、室温が上がり過ぎないように注意しましょう。


ただ、室温が下がり過ぎても良くないので、猫自身が「寒くて居心地が悪いなぁ…」と感じた時のことも考えて、他の部屋と行き来できるように扉を開け放しておくと良いでしょう。


扉を開け放しておくことで、室内の通気性も良くなります。


水飲み場を増やす



脱水になりがちな環境だからこそ、すぐに水が飲めるような環境づくりが必要です。


ですから、いつもの水飲み場の他にも水飲み場を用意して、水飲み場を増やしてあげましょう。


暑さ対策グッズを活用する



ペットショップやホームセンターなどに行くと、猫用の暑さ対策グッズが様々売られています。


そういった暑さ対策グッズを積極的に活用しましょう。


ブラッシングをする



短毛の猫であれば、自分で毛づくろいするので必要ないかもしれませんが、長毛の猫ブラッシングで毛づくろいの手助けをしてあげる必要があります。


ブラッシングをして冬毛を取り除いてあげると共に、毛の中にたまった熱を逃がしてあげてください。


エサの新鮮さにも気を遣って



黒猫と餌

夏バテの症状ではありませんが、夏はエサの衛生にも気を付けてあげなければなりません。


傷んだエサを食べて下痢や嘔吐を起こす猫もいるので、食べ物が傷みやすい夏は特に気を付けてあげる必要があります。


エサは新鮮な状態で与えるようにして、食べ残しは処分しましょう。


また、当然ですが水もこまめに取り換えてあげて、いつでも新鮮な水が飲めるようにしてあげましょう。


猫の「暑いニャ…」というサインを見逃さない!


ここまで、猫の夏バテの症状や、下痢・嘔吐の対策についてお話しさせていただきました。


夏になると、



・食欲が少し落ちる
・涼しい場所でだらーんと伸びて寝ている
・頻繁に毛づくろいをする


といった状態に、どの猫もなります


この程度の状態はまだ「夏バテ」ではありませんが、いつ夏バテになってもおかしくない状態であることは事実なので、ご紹介させていただいたように、飼い主の方の猫の立場に立った配慮が必要になります。


これからやってくる夏、猫を飼っている方は是非参考になさってください。


スポンサードリンク