犬を飼っていると、自分自身の健康管理だけではなく、やはり飼い主として「犬の健康管理をする」という責任も果たさなければいけないもの。


これから暑い夏がやってきますが、人間が夏バテをして体調を崩してしまうように、犬も夏バテをして体調を崩して下痢や嘔吐の症状が出てしまうこともあります。


夏バテで下痢や嘔吐の症状を繰り返している愛犬の姿、飼い主としては見たくないですよね。


では、犬の夏バテ対策として、飼い主が注意すべきことは何なのでしょうか?


犬の夏バテの症状などと併せて、夏バテ対策について解説します。


スポンサードリンク



犬は夏バテしやすい動物



見上げる犬

まず最初に知っておいていただきたいのが、「犬は夏バテしやすい動物である」ということです。


犬には人間のように「汗腺」というものがありません。


つまり、人間のように汗をかくことで体温を下げることができず、熱が体にこもってしまいます。


汗をかいて体温を下げることができない代わりに、「ハァハァ」と舌を出しながら荒い呼吸をすること(パンティング)口から肺までの間の水分を蒸発させて体温を下げています。


気温が高ければ高いほど、このパンティングによって体力を消耗してしまうので、犬は夏バテになりやすいのです。


犬の夏バテの原因



犬の夏バテは、次のような原因によって引き起こされるものとされています。


冷房やクーラーなどといった屋内と屋外の急激な温度変化のある環境にいたりすると、人間同様にわんちゃんの体には大きな負担が掛かります。

犬の体は一定の体温を保とうとして体内の熱を放出したりしますが、肌に触れる温度や湿度が突然切り替わる環境で生活し続けていくことで継続的に体への負担が掛かり、自律神経が乱れてしまいます。これが、夏バテになってしまう原因であり、暑いから夏バテになってしまうというわけではありません。

また、夏バテは人間と同じく、食欲の減衰と水分不足によってさらに症状が加速していきます。体内の水分とミネラルの欠如も夏バテの原因となる為、わんちゃんの水分補給の管理も必要となってきます。

※「Freedom NEWS!」【犬の夏バテ症状や原因対策!嘔吐、吐く、食事を食べない時の対応】(http://freedomnews.jp/1204)より引用


人間と同じような原因によって、犬も夏バテを起こすのです。


犬の夏バテの症状とは?



顔を隠しながら眠る柴犬

夏バテになると、犬にはどのような症状や変化が見られるのでしょうか?



◇元気がなく、あまり動かなくなる
◇呼びかけに反応しなくなる
◇寝ている時間が多くなる
◇散歩に連れ出しても歩かない・歩くスピードが遅くなる
◇食欲が落ちてご飯をあまり食べなくなる
◇下痢をしたり、便がゆるくなったりする


などなど、様々な症状や変化が見られるようになります。


こういった夏バテの状態がさらに進むと「熱中症」へと進み、犬はさらに危険な状態へと近づいてしまいます。


下痢の症状は夏バテの他、水をがぶ飲みしてしまったことや、暑さで傷んだエサやおやつを食べてしまったことでも起こります。


「嘔吐」は夏バテの症状ではなく熱中症の症状!



夏バテの症状の1つとして、「嘔吐の症状が出る」と把握している飼い主さんも多いと思うのですが、嘔吐の症状が出た場合は熱中症の可能性が高いです。


夏バテの延長線上に熱中症があるので、嘔吐の症状が出た時にはすでに、「夏バテの状態を通り越した状態」ということになります。


嘔吐の他に現れる熱中症の症状としては、



◇呼吸が荒い(浅くて早い)
◇口の横から舌が出るくらい口が開いている
◇泡を吹いている
◇よだれが垂れている
◇体温が高い
◇呼びかけに反応しない
◇動かない
◇けいれんを起こす



などといった症状が現れます。


意識があってもなくても、獣医師の診察を受ける必要があります。


犬が下痢をした時の対処法



犬が下痢をした場合は、脱水にならないように水分補給をさせてあげてください。


下痢をしていても元気な場合は、半日から一日程度絶食させて胃腸を休ませてあげましょう。


ただ、下痢の症状がひどくてぐったりしているような場合は、すぐに獣医師の診察を受けることをオススメします。


犬が嘔吐した時の対処法



犬が嘔吐した場合、まずは



◇嘔吐物に血(鮮血かチョコレート色)や異物が混じっていないかどうか
◇下痢・発熱・けいれん・ぐったりしているといった症状も同時に現れていないかどうか



この2点を確認しましょう。


もしも嘔吐物に血や異物が混じっていたり、同時に下痢・発熱・けいれんといった症状も現れている場合はすぐに獣医師の診察を受けましょう


前述した2点にも当てはまらないような単純な嘔吐の場合は、丸一日絶食させて胃腸を休ませてあげましょう


ただ、何日も嘔吐を繰り返すようであれば獣医師の診察を受ける必要が出てくるので、気を付けて見てあげてください。


スポンサードリンク



夏バテや熱中症の対策は?



夏空と日差し

下痢は夏バテの症状、嘔吐は熱中症の症状という違いはありますが、夏バテも熱中症も対策は同じです。


どのような対策をすればよいのか、詳しく見ていきましょう。


食事を変える


犬は元々、夏になると食べる量が減る生き物です。


ただ、全くエサを食べなかったり、食べたとしても極端に少ない量だったりすると、その分夏バテを起こしやすくなるので、エサを少し変えてあげましょう。


いつものドライフードの上に大好物のエサや「ウェットフード(缶詰)」をトッピングしてあげると、食いつきが良くなる可能性があります。


ウェットフードの場合は、エサを食べながら水分も補給することができるのでオススメです。


トマト・キュウリ・レタス・スイカ・ナシといった、水分が豊富に含まれている野菜や果物をおやつに与えてあげるのもオススメです。


また、エサをあげる時間帯を涼しい時間帯に変えてあげるだけでも食いつきが違うこともあるので、時間帯を変えてみても良いでしょう。


いずれにしても、夏はエサが傷みやすいので、食べきらなくても長時間放置しないようにしましょう。


散歩の時間を変える


夏は日差しが強いですし、アスファルトも熱くなっています


日中の時間帯は直射日光にさらされてしまう上に、低い位置にいるためにアスファルトの照り返しの影響を受けやすいので、犬は人間よりも暑さを感じているのです。


また、熱くなったアスファルトで肉球を火傷してしまう可能性もあります。


ですから、できれば散歩は朝9時までか夕方5時以降の涼しい時間帯に行くことをおすすめします。


また、日陰の多い場所やアスファルトの少ない場所を選ぶなど、散歩コースを変える工夫も必要です。


環境を整える



外で飼っている犬の場合は、日陰などの涼しい場所に犬小屋を移動してあげるだけでも違います。


もし移動することができない場合は、「すだれ」や「外付けロールスクリーン」などを使って、人工的に日陰を作ってあげましょう


そして、地面との空間を作るために、「すのこ」や「ウッドパネル」を敷いてあげると良いでしょう。


家の中で飼っている犬の場合は、室温は27~28℃、湿度50~60%をキープするようにしてあげましょう。


あまり室温を下げ過ぎると、散歩に出た時の外との温度差で体調を崩してしまう場合があるので、室温の下げ過ぎには要注意です。


犬用の暑さ対策グッズも様々売られているので、そういったものを上手に取り入れながら環境を整えてあげましょう。



飼い主の対策と気づきが必要!



犬の夏バテ症状と、夏バテ対策についてお話しさせていただきましたが、いかがでしたか?


夏バテの症状が出て辛いのは、人間だけではありません。


犬も辛いです。


ただ、言葉が話せないので飼い主が気付いてあげる必要がありますし、そもそも犬が夏バテにならないようにしてあげる必要もあります。


これからやってくる夏本番、可愛い愛犬が夏バテにならないように対策をし、元気に過ごしていただければと思います。


スポンサードリンク