夏の暑さがピークを過ぎる時期は、関わりのある人たちの安否を気遣って「残暑見舞い」を出す人や、残暑見舞いを受け取る人が増える時期でもあります。


「残暑見舞いが届いていた」という経験をしたことがある方も多いと思うのですが、皆さんは残暑見舞いを頂いた後、お返事を書いていますか?


今回は、残暑見舞いの返事の書き方について、返事を出す時期に合った書き方や例文をご紹介します。


スポンサードリンク



そもそも「残暑見舞い」とは?



吸い込まれるような宮古島の海と雲

「残暑見舞い」とは、その言葉の通りですが、暑さが残っている「残暑」の時期に出す手紙のことを言います。



「夏の疲れで体調を崩していないだろうか?」
「まだまだ暑い日が続いているけれど、体調を崩してはいないだろうか?」


といった、相手の体調を気遣った内容を記述すると共に、送り主側の近況も報告するための手紙になります。


残暑見舞いの返事に関しても、同じ意味合いを持った手紙になります。


残暑見舞いの返事を出す時期


残暑見舞いそのものを出す時期というのは、二十四節気の「立秋(りっしゅう)」から「白露(はくろ)」までの時期です。


ですから残暑見舞いの返事も、立秋から白露までの時期に出すようにします。


ちなみに2016年の立秋は「8月7日」白露は「9月7日」なので、9月7日までは「残暑見舞い」として返事を書くことができます。


ただ、一般的には9月に入ってから残暑見舞いや残暑見舞いの返事を書く方は少なく「8月末までに出したほうが良い」と言われる場合が多いです。


時期を過ぎたら…?


お仕事や家庭の事情により、残暑見舞いを出しても良い期間中に、返事を書くことができない場合もありますよね。


そのような場合は、残暑見舞いとして返事を書くのではなく、「普通の手紙」として返事を書くことができます。


残暑見舞いの返事の書き方


残暑見舞いの返事は、次のような構成になります。



①「残暑お見舞い申し上げます」
②残暑見舞いを頂いたことへのお礼
③相手の安否を気遣う
④こちらの近況を知らせる
⑤相手の健康を気遣う
⑥日付


ここからは、1つ1つ説明していきます。


①「残暑お見舞い申し上げます」


まずは挨拶として、「残暑お見舞い申し上げます」と書きます。


残暑見舞いの場合は「拝啓」といった頭語は不要です。



②残暑見舞いを頂いたことへのお礼


そして次に、残暑見舞いを頂いたことへのお礼の言葉を書きます。



【例】

この度はご丁寧な残暑お見舞いを頂き、ありがとうございました。
早々にお見舞い状を頂きありがとうございました。
残暑お見舞いを頂きありがとうございました。



③相手の安否を気遣う



相手の安否を気遣う文章を書きます。



【例】

いかがお過ごしですか。
ご機嫌いかがでございますか。
お変わりございませんでしょうか。
皆様お変わりございませんか。
相変わらずご壮健でしょうか。
お変わりなくお過ごしでしょうか。
ご一同様にはいかがお過ごしでしょうか。
立秋を過ぎてもまだまだ暑い日が続きますが、元気でやっていますか?

ますますご壮健のことと存じます。
ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
いよいよご多忙のほどお喜び申し上げます。
ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。



この他にも、すでに残暑見舞いを頂いていて、相手の安否を知っているので、


お変わりなくご活躍のご様子、何よりと存じます。
皆様にはお元気でご活躍とのことなによりと存じます。


といったことを書くこともできます。

④こちらの近況を知らせる




「こんなことがありました」
「こんなところに旅行に行きました」
「こんなことに挑戦しました」


といった、今年の夏の出来事を「こちらの近況」として知らせる文章を書きます。


⑤相手の健康を気遣う


文章の締めとして、相手の健康を気遣う文章を書きます。



【例】

暑さはまだまだ続きます。どうかご自愛下さい。
暑い日が当分続きそうですが、くれぐれもご自愛下さい。
夏の疲れに充分ご注意ください。



⑥日付


一番最後に日付を書きます。


日付とはいっても、



「平成○○年 晩夏」
「平成○○年 立秋」
「平成○○年 八月」


といった感じで、細かく書く必要はありません。


残暑見舞いの返事の例文2パターン



手紙

①目上の人向け



残暑お見舞い申し上げます。

この度はご丁寧な残暑お見舞いを頂き、ありがとうございました。
皆様にはお元気でご活躍とのことなによりと存じます。

~こちらの近況を報告する文章~

暑い日が当分続きそうですが、くれぐれもご自愛下さい。


平成○○年 晩夏


目上の人には、少々堅苦しい表現の書き方をしたほうが失礼に当たりません。


②親しい人向け




残暑お見舞い申し上げます。

残暑お見舞いを頂きありがとうございました。
立秋を過ぎてもまだまだ暑い日が続きますが、元気でやっていますか?

~こちらの近況を報告する文章~

暑さはまだまだ続きます。どうかご自愛下さい。


平成○○年 八月


親しい人には、やや砕けた表現の書き方をした返事が適しています。


この例文をさらに崩しても大丈夫でしょう。


スポンサードリンク



【時期を過ぎた場合】残暑見舞いの返事の書き方


残暑見舞いの時期を過ぎてから書く返事の構成は、普通の手紙と同じ構成になります。


まずは、残暑見舞いとして返事を出す場合の構成との違いを比べてみましょう。



【残暑見舞いとして返事を出す場合の構成】


①「残暑お見舞い申し上げます」
②残暑見舞いを頂いたことへのお礼
③相手の安否を気遣う
④こちらの近況を知らせる
⑤相手の健康を気遣う
⑥日付




【普通の手紙として返事を出す場合の構成】

①頭語
②時候の挨拶
③相手の安否を気遣う(安否の挨拶)
④残暑見舞いを頂いたことへのお礼
⑤返事が遅れたことへの謝罪
⑥こちらの近況を知らせる
⑦相手の健康を気遣う
⑧結語
⑨日付



半分くらいは同じような構成になりますが、



・「残暑お見舞い申し上げます」→「頭語+時候の挨拶+安否の挨拶」
・「返事が遅れたことへの謝罪」「結語」がプラスされる



といった部分が変わります。


残暑見舞いとして返事を出す場合と違う部分を、詳しく見ていきたいと思います。


①頭語


まずは最初に、「こんにちは」の意味合いを持つ「頭語」を書きます。


今回は残暑見舞いの返事になるので、「謹んでご返事申し上げます」の意味がある「拝復」を使います。


②時候の挨拶


頭語に次には、「時候の挨拶」を書きます。


時候の挨拶には、手紙に季節感を添える役割があります。


「漢語調」と「口語調」の2種類があり、漢語調は目上の人向けの改まった表現、口語調は親しい人向けの少し砕けた表現になります。



【改まった表現の時候の挨拶例文】

初秋の候(折・みぎり)
新秋の候(折・みぎり)
新涼の候(折・みぎり)
白露の候(折・みぎり)
新秋快適の候
残暑去り難く
9月とはいえ残暑厳しき折




【少し砕けた表現の時候の挨拶例文】

さわやかな初秋の季節
新秋を迎えるころになりましたが
秋まだ遠く厳しい残暑が続いておりますが
今年は格別に残暑が厳しいようですが
暑さの中にも新涼を感じられる頃となりました
9月に入ってもなお厳しい残暑が続いておりますが
9月に入っても相変わらず暑い日が続きますが
今年は残暑厳しく、まだまだエアコンのスイッチが手放せません



⑤返事が遅れたことへの謝罪


返事が遅れてしまったわけですから、ここで謝罪の文章を書きます。


とはいっても、理由を書く必要はないので、「ご挨拶が遅れてしまい、申し訳ございません。」というシンプルな謝罪文で問題ありません。


⑦結語


結語は、頭語を使った場合の手紙の最後に来る、「さようなら」の意味合いがある締めの言葉です。


今回は頭語に「拝復」という言葉を使っているので、「敬具」という言葉で締めます。


【時期を過ぎた場合】残暑見舞いの返事の例文



手紙を書いている万年筆

①目上の人向け



拝復

初秋の候、秋まだ遠く厳しい残暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

この度はご丁寧な残暑お見舞いを頂き、ありがとうございました。
ご挨拶が遅れてしまい、申し訳ございません。

~こちらの近況を報告する文章~

この暑さもまだ続く気配、くれぐれもご自愛くださいますようお願い申し上げます。

敬具

平成○○年 初秋


②親しい人向け



拝復

今年は残暑厳しく、まだまだエアコンのスイッチが手放せません。
いかがお過ごしでしょうか。


この度は残暑お見舞いを頂き、ありがとうございました。
ご挨拶が遅れてしまい、申し訳ございません。


~こちらの近況を報告する文章~

厳しい暑さが続きますが、お体にはくれぐれも気を付けてお過ごしください。


敬具

平成○○年 初秋



残暑見舞いの返事はもう怖くない!



今回は、残暑見舞いの返事の書き方について、返事を出す時期に合った書き方や例文についてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたか?


今まで知らなかったことや間違っていたことに気づいた方も少なくないと思います。


ですが、今回の記事を最後まで読んでくださった方は、今年からは残暑見舞いを受け取っても、安心して返事を書くことができるはずです。


残暑見舞いの返事を書くことになった場合は是非、参考になさってくださいね。


スポンサードリンク