インターネットやアプリで買い物をしたものや当選したコンサートのチケット、遠くにいる家族や友人からの荷物など、「何かが家に届く」という予定ができること、ありますよね。


この時に、届けにきた郵便配達員と会って直接お届け物を受け取ることができれば良いのですが、そうもいかない時もあると思います。


仕事や家庭の都合でやむを得ず家を空けることになり、家を空けているうちに郵便配達員が来てしまう場合もあるはず。


このような場合にポストに投函されるのが「郵便物等お預かりのお知らせ」なのですが、このお知らせを受け取った後、再配達を依頼するのであれば「スマホ」が便利でオススメです。


今回は、郵便の再配達をスマホから依頼、そして確認できる便利な方法についてご紹介します。


スポンサードリンク



「再配達依頼=電話」のイメージが強い



携帯電話で話す女性

「郵便物等ご不在連絡票」を受け取った時、真っ先に頭に思い浮かぶのが「電話しなきゃ!」ということだと思います。


長い間「再配達依頼は電話でするもの」という流れで来ているわけですから、「電話しなきゃ!」という判断に至ってしまうのは当然のこと。


それに加えて、郵便物等ご不在連絡票に記載されている電話番号に電話を1本かけるだけで再配達依頼ができてしまうので、電話での再配達依頼も確かに簡単です。


簡単だけど問題も…


電話で再配達を申し込むのには、いくつかの問題点があります。


例えば、



・通話料金がかかる
・通話中にキーパットを出すのが面倒(画面が暗くなっていることもある)
・「お問い合わせ番号」や「配達希望日時」などの入力が面倒で間違いやすい


など…。


この他にも、電話が苦手な方だと、再配達依頼の電話さえも緊張してしまって頭が真っ白になってしまう場合もあります。


確かに簡単でメジャーな再配達依頼の方法なのですが、このような問題点があることは事実です。


でも、これからご紹介させていただきますが、今は電話をかけることなく、スマホを使ってより簡単に再配達の確認と依頼ができる方法が登場しています。


スマホで確認・依頼できる方法は4つ



郵便の再配達をスマホで確認、そして再配達依頼をする方法、皆さんはどのくらいあると思いますか?


再配達をスマホで確認、再配達依頼をする方法としては、主に以下の4つの方法があります。


①QRコードを読み取ってアクセスする



「郵便物等お預かりのお知らせ(郵便物等ご不在連絡票)」に記載されているQRコード(2次元コード)を読み取り、アクセスした先で再配達依頼をする方法です。


QRコードを読み取るアプリを持っていない方は、まず先にQRコードを読み取るアプリのインストールをする必要があります。


②日本郵便の公式Webサイトを利用する



スマホから日本郵便の公式Webサイトにアクセスし、「再配達のお申込み」という項目から再配達依頼をする方法です。


③「ゆうびんID」を利用する



「ゆうびんポータル」に登録して「ゆうびんID」を取得、そのゆうびんIDを使って再配達依頼をする方法です。


※すでにゆうびんポータルに登録している方は、新しく登録し直す必要はありません。


④アプリを使う



「日本郵便の公式アプリ」「ウケトル」「荷物管理」といったアプリを使って再配達依頼をする方法です。


スポンサードリンク




【方法別】郵便の再配達依頼をする手順



郵便局


ここからはそれぞれの方法別に、スマホを使って再配達依頼をする手順についてご紹介していきたいと思います。


いずれの方法を利用する場合でも、お手元には郵便物等お預かりのお知らせを用意してくださいね。


①QRコードを読み取って再配達依頼をする手順



まずは、QRコードを読み取って再配達依頼をする手順からご紹介していきます。




①郵便物等お預かりのお知らせに記載されてあるQRコードを読み取ります。

②読み取りが完了すると、「配達依頼受付」のページに飛びます。

③必要な情報を入力します。

QRコードからアクセスした場合は、「再配達希望日時」と「日中電話御連絡先」の入力のみでOKです。

④申し込みを完了させます。



「必要な情報の入力が2つだけで済む」というのは、非常に便利ですよね。


②日本郵便の公式Webサイトで再配達依頼をする手順



次に、日本郵便の公式Webサイトで再配達依頼をする手順についてご紹介します。


①日本郵便のWebサイトにアクセスします。

「ゆうびん 再配達」と検索するか、日本郵便のWebサイトのURL「http://www.post.japanpost.jp/」を直接入力してアクセスしてください。

②「再配達のお申し込み」のページに飛びます。

③必要な情報を入力します。

④申し込みを完了させます。



QRコードからアクセスした場合と違って、入力しなければならない情報は多くなります


ただ、スマホを使って気軽に申し込める点は魅力的だと思います。


③「ゆうびんID」を利用して再配達依頼をする手順



次に、ゆうびんIDを利用して再配達依頼をする手順についてご紹介します。


ゆうびんIDの取得ができる「ゆうびんポータル」とは、次のようなサービスです。

郵便・ゆうパックをご利用するお客さまのために、各種のWebサービスに共通となるゆうびんID(メールアドレス)を登録することで住所入力などを補助するためのウェブサイトです。

※日本郵便公式Webサイト「ゆうびんポータル」のページ(https://www.post.japanpost.jp/lpo/id/)から引用



①ゆうびんポータルに新規登録します。

②スマホからゆうびんポータルのサイトにアクセス、ログインします。

③「再配達のお申込み」のページに進みます。

④必要な情報を入力し、「ゆうびんIDを利用して登録する」を選択します。

⑤すでに登録してある情報が入力された状態になっているため、情報を確認し、申し込みを完了させます。



ゆうびんポータルに登録し、ゆうびんIDを取得しておくことで、入力しなければならない情報が省略されます。


新規登録をする手間はかかりますが、その後の再配達依頼は簡単になります。


④アプリを使って再配達依頼をする手順


最後にご紹介するのは、アプリを使って再配達依頼をする手順になります。


今回は、再配達依頼ができるアプリの中でも、日本郵便の公式アプリを使った方法での紹介とさせていただきます。


日本郵便の公式アプリを持っていない方は、まずはアプリをインストールしてください。


※iPhone・Androidのどちらにも対応しています。



①アプリを起動します。

②画面一番下、「その他のメニュー」から「再配達のお申し込み」を選択します。

③必要な情報を入力します。

※ゆうびんIDを持っている方は、「ゆうびんIDを利用して登録する」を選択してください。

④申し込みを完了させます。



基本的には、日本郵便の公式Webサイトから再配達依頼をする手順と同じです。


どの方法が一番便利?



郵便屋さん

ここまで、



①QRコードを読み取ってアクセスする
②日本郵便の公式Webサイトを利用する
③「ゆうびんID」を利用する
④アプリを使う


上記4つの方法をご紹介してきましたが、「どの方法が一番便利なのか」というと、やはり①の「QRコードを読み取ってアクセスする方法」が一番便利ではないかと思います。


そして次に来るのが、③の「ゆうびんIDを利用する方法」だと思います。


情報の入力が少しでも省略化されるだけでも楽ですから、より便利だと感じるのではないでしょうか。


次からはスマホで再配達依頼を!



今回は、郵便の再配達をスマホで確認できる便利な方法についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


スマホから簡単に再配達を確認・依頼することができるとなると、今まで電話をかけていた方も「次からはスマホにしよう!」と思えますよね。


今後もし、郵便物等お預かりのお知らせを受け取って再配達を依頼する機会があれば、スマホから依頼してみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク