梅の木を管理している方も多いのではないでしょうか。


また、「梅の木の苗を買って育てたい」と思っている方もいるのではないかと思います。


春には花、夏には梅の実の収穫が楽しめる梅の木ですが、やはり梅の木を管理するからには、害虫や病気のことにも気を配りたいもの。


そのためには、梅の木を好んで寄ってくる害虫や梅の木がかかりやすい病気を知って駆除や予防をする必要があります。


今回は、梅の木を害虫や病気から守る方法として、害虫を駆除する方法や病気を予防する方法についてご紹介します。


スポンサードリンク



梅の木につきやすい害虫



gatag-00000266

一言に「梅の木につきやすい害虫」と言っても、たくさんの種類の害虫がいます。


次のような種類の虫が、梅の木に害を及ぼす害虫です。



コスカシバ
ノコメトガリキリガ
モンクロシャチホコ
オビカレハ
アブラムシ
ウメスカシクロハ
ウメケムシ
ウメシロカイガラムシ
タマカイガラムシ
イラガ

など…



ざっと挙げてみてもこれだけの種類の害虫が梅の木を好み、害を及ぼしています。


実際にはもっと多くの種類の害虫が梅の木に害を及ぼすので、梅の木は天敵の多い植物と言えます。


梅の木についた害虫を駆除する方法


梅の木に害虫がついているのを発見した時、害虫を駆除するためには何をすれば良いのでしょうか?


害虫を駆除する場合は、基本的には薬剤を散布して駆除していくことになります。


「どの害虫を駆除するか」ということによって薬剤が変わってくるので、分からない場合は詳しい方に聞くのがベストです。


例えば、アブラムシの駆除をするのであれば「モスピラン」、カイガラムシの駆除をするのであれば「スプラサイド乳剤」といった薬剤を使用します。


成虫になってからでは駆除できない害虫もいるので注意が必要です。


薬剤を使用しない方法だと、ブラシを使って害虫を落としていくこともできます。


梅の木の害虫予防にも薬剤が必要


梅の木を守るのであれば、害虫の被害を受ける前に、害虫の被害に遭わないような予防策を講じる必要があります。


害虫予防もまた、基本的には害虫駆除に使用する薬剤と同じものを使用します。


薬剤を使用することに抵抗がある方もいると思うのですが、最低限は必要なものなので、この辺りは理解しておく必要があると言えます。


ただ、梅の実を収穫する場合、収穫時期に近ければ近いほど、薬剤の使用は人体に影響を及ぼす可能性があるので、あまりおすすめはできません。


スポンサードリンク



梅の木がかかりやすい病気



こめかみに指を当てながら思い出す女性

害虫の次は、梅の木がかかりやすい病気についてご紹介します。


梅の木がかかりやすい病気としては、次のような病気が挙げられます。


うどんこ病


葉や果実が白い粉を吹いたような状態(うどん粉をかけたように白くなる)になる病気。


かいよう病


葉や果実に黒っぽい穴が空く(潰瘍ができる)病気。


褐色せん孔病


病名の通り、葉や果実に褐色(焦げ茶色)のせん孔が生じる病気。


黒星(くろほし)病


葉や果実に黒っぽい円形の斑点が現れ、徐々に黄色っぽく変色していく病気。


こうやく病


枝が白っぽい菌糸膜に覆われていく病気。


すす病


「煤(すす)」がかかったような黒い模様が果実に生じる病気。


縮葉病


病名の通り、葉が縮んでいく病気。


梅の木の病気を予防するためには


梅の木の病気を予防するために、私たちは何ができるのでしょうか?


梅の木がかかりやすい病気の多くは、「カビ」が原因で発生します。


そしてそのカビは、落ち葉の中で繁殖するので、落ち葉はしっかりと取り除いておく必要があります。


また、「殺菌剤」と呼ばれる薬剤を使用して、梅の木を消毒するのも有効です。


「梅の木の害虫予防にも薬剤が必要」の項目でもお話しした通り、収穫時期に近ければ近いほど、薬剤の使用は人体に影響を及ぼす可能性があるので、病気予防の薬剤使用は時期を考えてから行ってください。


感染拡大を予防する方法



病気にかからないようにするのが一番ではあるのですが、病気にかかってしまうことも当然ながらあります。


そしてその病気が、枝から枝へと感染して広がっていくこともあるので、そのような場合は先に感染した枝を切り落としてしまったほうが良いでしょう。


このようにすることで、他の枝への感染拡大や、次の年の感染発生を予防することができます。


梅の木を守る参考に



ここまでは、梅の木を害虫や病気から守る方法として、害虫を駆除する方法や病気を予防する方法についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


梅の木の害虫や病気について、おわかりいただけましたか?



「あれは害虫のしわざだったのかな?」
「あれは病気にかかっていたのかな?」



と、今改めて気付かされた方も少なくないと思います。


これからは梅の木に害虫が付いても駆除できますし、病気の予防もできると思います。


是非参考になさってくださいね。


スポンサードリンク