「跳び箱がニガテ」という子供も多いですよね。


コツを掴めばポンポンと跳べるようになるのですが、コツがなかなかつかめないと、跳べずに悔しい思いをする子供も少なくありません。


こんな時に大人は、どのような指導方法で跳び箱を指導し、どのような練習方法で練習をさせたら、子供が上手に跳び箱が飛べるようになるのでしょうか。


「跳び箱のコツ」として、指導方法と練習方法を工夫する3つのコツをご紹介します。


スポンサードリンク



跳び箱の跳び方の種類



 跳び箱を跳ぶ男の子と女の子のセット

一言に「跳び箱」といっても、様々な種類の跳び方がありますよね。


まずは子供たちが学校で「必ず習う」と言っても過言ではない、ポピュラーな跳び箱の跳び方の種類からご紹介します。


開脚跳び(かいきゃくとび)


足を左右に大きく開いて跳び越す跳び方。


跳び箱の向きは、縦向きでも横向きでも両方可能です。


閉脚跳び(へいきゃくとび)(抱え込み跳び)


両足を閉じたままの状態で跳び箱を跳び越す跳び方。


跳び箱の向きは横向きです。


台上前転(だいじょうぜんてん)



跳び箱の上(台上)で前転をする技。


跳び箱の向きは縦向きです。





この他にも、「前方倒立回転跳び(ぜんぽうとうりつかいてんとび)」「側方倒立回転跳び(そくほうとうりつかいてんとび)」といった技があります。



今回「跳び箱のコツ」としてご紹介させていただくのは、一番最初にご紹介した「開脚跳び」のコツになります。


なぜ跳び箱が跳べないのか?



泣いている子を慰める母親

そもそも跳び箱が跳べない子は、なぜ跳び箱が跳べないのでしょうか。


跳び箱が跳べない理由、それは跳び箱に対して「恐怖心」を抱いているからです。




「跳び箱にぶつかってしまうかもしれない」
「跳び箱から転げ落ちてしまうかもしれない」


このような恐怖心を抱いている子が多いです。


中には、跳び箱を跳ぶことができていたのに、失敗したことがきっかけで跳び箱が怖くなって跳べなくなってしまう子もいるようです。


また、これまで跳び箱が跳べずにきてしまった子の場合、「どうせ跳べないんだから」と諦めてしまっていつまでも跳べずにいることもあります。


跳び箱は跳ぶ時に勢いが必要になるもの


そのため、恐怖心や諦めの気持ちがあると、跳び箱まで走っていったところで減速してしまうので、跳び箱が跳べないのです。



指導方法と練習方法を工夫する3つのコツ



跳び箱のイラスト「男の子・体育」

では早速、指導方法と練習方法を工夫する3つのコツについてご紹介していきたいと思います。


コツ①助走を付ける練習をする


跳び箱を跳ぶためには、跳び箱を跳ぶ瞬間までの勢いが必要です。


少しでも早いスピードで助走をつけることができるように、走る練習から始めましょう。


走る練習では、身体を少し前のめりにした姿勢(頭を少し前に突き出す)で腕を大きく振り、足を高く上げながら走るように指導しましょう。


走る練習を終えたら、今度は実際に踏み切り台のところまで走っていく練習をさせます。


しっかりと助走をつけて踏み切り台まで走っていき、両足をそろえた状態で踏み切り台を踏むように指導しましょう。


スポンサードリンク



コツ②足を大きく広げる練習をする



跳び箱を跳び越えるには、足を大きく広げないことには跳び越えることができません。


これでは、見事に両足が跳び箱の上に乗っかってしまいます。


跳び箱が跳べない子の特徴としては、「足の開き具合が足りない」ということも挙げられるので、足を大きく広げる練習をさせましょう。


足を大きく広げる練習としては、椅子や床に両手をついた状態でジャンプをし、足を広げながらお尻を持ち上げる練習が有効です。



コツ③手のつき方の練習をする


跳び箱では、しっかりと跳び箱を跳び越すための「正しい手のつき方」が求められます。


「跳び箱台の遠くのほうに、腕を伸ばした状態で手をつく」というのが、跳び箱での正しい手のつき方です。


閉脚跳びであればそれほど遠くに手をつく必要はないかもしれませんが、開脚跳びでは遠くに手をつく必要があるので、この正しい手のつき方を指導し、練習させましょう。


正しい手のつき方の練習方法として「ウサギ跳び」をオススメしている場合もあるのですが、ウサギ跳びの有害性が指摘されているので、ウサギ跳びを取り入れた練習はあまりオススメしません。



跳び箱が跳べない子に「跳び箱が跳べた!」という喜びを



ここまでは、「跳び箱のコツ」として、指導方法と練習方法を工夫する3つのコツをご紹介させていただきました。


指導方法と練習方法を工夫する3つのコツがあれば、ポンポン跳び箱が跳べるようになると思います。


跳び箱が跳べなかった子が跳べるようになると、本人はもちろんのこと、指導した側としても嬉しい気持ちになるはず。


跳び箱が跳べないという子供が身近にいた場合はぜひ、参考になさって下さい。


スポンサードリンク