この春に晴れて運転免許を取得し、「車を購入した」という方も多いのではないかと思います。


車には、暑い時期には暑さを凌ぐため、寒い時期には寒さを凌ぐために「エアコン」が取り付けられていますよね。


そんなエアコンの中には、「エアコンフィルター」というものがあり、このエアコンフィルターには交換時期があります。


初心者ドライバーの方は、エアコンフィルターの交換時期や、交換に伴う費用について、あまりよく知らないかと思います。


そこで今回は、エアコンフィルターの交換時期と「費用はどれくらいかかるのか 」ということについて、 初心者ドライバー向けに解説したいと思います。


スポンサードリンク



エアコンフィルターとは?



車の運転席のダッシュボード回り
まず、「エアコンフィルター」とはどのようなものなのか、簡単にご説明します。


エアコンフィルターとは、室内空調用(車の場合は「車内」)のフィルターのことです。


クリーンエアフィルタ」「ポーレンフィルター」などと呼ばれることもあります。


エアコンを使用するには外の空気が必要になりますが、外の空気にはホコリ・花粉・排気ガスといった、人体に害を及ぼす恐れのある粒子状物質が含まれています。


エアコンフィルターは、そういった粒子状物質をキャッチし、車内に取り込む空気をキレイにする役割をしています。


ほとんどの場合、助手席前のグローブボックスの奥にエアコンフィルターが装備されています。

「エアフィルター」との違いは?



エアコンフィルターと似た名前で、「エアフィルター」というものも車の中には装備されています。


名前が似ているので、「同じもの」と勘違いしてしまいそうになるのですが、エアフィルターはエアコンフィルターとは別物です。


エアフィルターは、キレイな空気を必要とするエンジンに、空気をキレイにしてからエンジンへと供給するためのフィルターです。


エアコンフィルターが車内に取り込む空気をキレイする役割を果たしているのに対し、エアフィルターはエンジンに取り込む空気をキレイにする役割を果たしています。


エアコンフィルターが汚れるとどうなる?



鼻をつまむ女性
エアコンフィルターが汚れてくると、エアコンに不調が現れ始めます。


例えば、



・エアコンの効きが悪い(風が弱い)
・変なニオイのする風が出てくる


この2つの不調が一般的です。


エアコンフィルターに汚れがたくさん溜まっている状態なので、エアコンをつけても空気がうまく取り込まれません。


そして、溜まった汚れの中でカビや雑菌が繁殖するので、思わず「うっ…」となってしまうような不快なニオイを発するようになります。


スポンサードリンク



交換時期はいつ頃?



はてなマーク

エアコンフィルターは、掃除をして汚れを取り除くことでもキレイにすることはできるのですが、「エアコンフィルターを取り出して掃除をする」というのも簡単なことではありません。


また、消耗部品であることから、掃除をしたとしてもいつかは必ず交換しなければならないので、定期的に交換することが推奨されています。


その交換時期の目安としては、



1年に1回または走行10,000km



とされています。


1年に1回か、10,000㎞走るごとに交換したほうが良いということです。


1年に1回、いつ頃が良いの?


中には「それほど頻繁に車を使うことはない」という方もいらっしゃるかと思います。


このような場合、エアコンをつける機会も少ないわけですから、1年に1回の交換ということになるわけですが、いつ交換すべきか考えてしまいますよね。


1年に1回の交換であれば、梅雨の時期がくる前に交換することをオススメします。


この時期に交換しておけば、「暑いなぁ…」といってエアコンをつけた時に、不快なニオイが漂ってくることがありません。


交換にかかる費用



エアコンフィルターの交換にかかる費用ですが、まずはエアコンフィルター本体の金額は2,000~3,000円程度になります。


そして、エアコンフィルターの交換にかかる工賃は大体1,000~2,000円程度です。


本体と工賃を合わせても、比較的安い費用で交換してもらうことができますよ。


中には、カー用品店でエアコンフィルターを購入し、そのままカー用品店で取り付けまでしてもらうことで、工賃が無料になる場合もあるようです。


大事に乗るにはエアコンフィルターの交換が不可欠!


ここまで、車のエアコンフィルターの交換時期と交換費用について、 初心者ドライバー向けに解説させていただきました。


エアコンフィルターのことを意識しないまま車を運転しているドライバーも意外と多いですから、「1年に1回、または10,000㎞走るごとに交換する」ということを頭の中に入れておけば大丈夫だと思います。


また、交換に伴う費用もそれほどかからないので安心してください。


交換時期が来ているものはしっかりと交換時期に交換し、点検の時期が来たらしっかりと点検に出す、このような感じで車を大事にしていってほしいと思います。


スポンサードリンク