「今度結婚することになりました」という方、入籍日はもう決めましたか?


入籍日を決めるにあたっては、縁起を気にする方も少なくありません。


おめでたい日であり、大きな節目の日でもあるので、気にするという方が多いのだと思います。


では、2016年度で、縁起が良くて入籍日にオススメな日程はいつなのでしょうか?


入籍日にオススメな日程を5日ご紹介します。


スポンサードリンク



入籍日にすると縁起の良い日はどんな日?



ハートと指のカップル

大安


大安は六曜の中の1つで、6種類ある六曜の中で最も「吉」とされている日のことです。


「大いに安し」という意味があり、この日は何をしてもうまくいくとされています。


特に、婚姻・移転・建築・旅行・新規事業の開始(開店)といった日に最適です。


天赦日(てんしゃにち)


天赦日とは、春夏秋冬(四季)のそれぞれに各1回ずつある「大吉日」のことです。


天がすべての罪を赦す(ゆるす)日とされているため、日本の暦の上では最も良い日と言われています。


この日は、新しいことをスタートさせる日や、「これまで躊躇していたことにチャレンジしてみる」という日には最適です。


一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)



一粒万倍日とは「選日」の1つで、大安よりも縁起が良い日とも言われています。


この一粒万倍には、「一粒のもみが万倍にも実る稲穂になる」という意味が込められており、何を始めるにも適しているとされています。


お金に関することに対して「吉」とされることが多いですが、入籍や結婚式などのお祝い事をするにも良い日です。


母倉日(ぼそうにち)


「天が万物を慈しみ育てる」とされている日のことです。


「何をするにも良い」とされている日ですが、特に造作や婚姻に関する事柄に対しては「万事大吉」と言われています。


新月の日


新月は、ちょうど太陽と月が重なった日のことを言います。


太陽と重なっているので月自体は見えませんが、新月から始まって徐々に月に光が満ちていくことから、「始まり」を意味しています。


そのため新月は、何か新しいことを始めるのに最適な日とされています。


逆に縁起が良くないのは…?



 頬に手を当ててふさぎこむ女性

仏滅


仏滅とは、六曜の1つで「大凶日」とされている日です。


「仏も滅するような大凶日」という意味があり、「何事も遠慮する日、病めば長引く、仏事はよろしい」と言われています。


そのため、入籍・結婚・移転・開店・新規事業の開始といったことは避けたほうが良いとされています。


赤口(しゃっこう)


赤口とは、仏滅と同じく六曜の1つで、仏滅よりも良くない日とされています。


正午前後の1時間(11時から13時)を除いた時間帯すべてが「凶」とされているため、お祝い事や新しくスタートすることなどには適していません。


「赤」という字が「火」や「血」を意味していることから、火災やケガに注意したほうが良い日とも言われています。


寅の日


寅の日とは、12日に1回回ってくる十二支の寅にあたる日のことを言います。


「寅の日に旅行に行くと安全に帰ってくることができる」「お金を呼び戻す」といった縁起の良い日ではあるのですが、入籍や結婚に関してはあまり縁起の良い日ではありません。


この「お金を呼び戻す」というのが、入籍や結婚などの婚礼においては「実家に帰ってきてしまう」という意味になってしまうので、避けたほうが良いとされています。


不成就日


「不成就日」とは選日の1つで、その名の通り「成就しない」という意味を持った日のことを言います。


「この日からスタートさせたことは成就しない」と言われており、結婚・入籍・開店・移転・子供の名づけ・契約・願い事といったことは「凶」となります。


スポンサードリンク



2016年度のオススメの日程



結婚指輪とバラの花

先ほどの「入籍日にすると縁起の良い日はどんな日?」「逆に縁起が良くないのは…?」という項目を元に、2016年度の入籍日として縁起がいい、オススメの日程を5日分ご紹介します。


①【6月5日(日)】


6月5日は、天赦日・一粒万倍日・新月の3つが重なる縁起の良い日です。


2016年の6月5日は日曜日ということもあり、婚姻届を提出した後の入籍のお祝いをするにも適していると言えます。


②【7月11日(月)】


7月11日は、天赦日・一粒万倍日・母倉日の3つが重なる縁起の良い日です。


2016年度で天赦日・一粒万倍日・母倉日の3つが重なる日はこの日1日しかないので、2016年度で一番入籍に向いている日と言えます。


③【9月23日(金)】


9月23日は、天赦日と一粒万倍日の2つが重なった、年に二度しか訪れない縁起の良い日です。


「海王星の日」でもあるので、天体観測が好きな男性や、いわゆる「宙(そら)ガール」と呼ばれる女性など、夜空を眺めるのが好きなカップルにはオススメです。


④【10月15日(土)】


10月15日は、大安・一粒万倍日・母倉日の3つが重なる縁起の良い日です。


大安・一粒万倍日・母倉日の3つが重なる日は他にもあるのですが、この日は「たすけあいの日」ということもあり、これから助け合って生きていくカップルの門出には最適の日です。


⑤【12月8日(木)】


12月8日は9月23日と同様、天赦日と一粒万倍日の2つが重なった縁起の良い日です。


年に二度しか訪れない縁起の良い日であるため、入籍日にはオススメです。


気にしすぎる必要もない



縁起が良くて入籍日にオススメの日をご紹介しましたが、縁起のことを気にしすぎて入籍日を決めるのに頭を悩ませてしまっても大変です。


ですから、入籍日の縁起の良い・悪いに関しては、気にしすぎる必要もありません。


いずれにしても、入籍をする2人が「この日にしたい!」と決めた日であれば、縁起を気にせず婚姻届を提出するのが一番だと思います。


縁起の良い日を選べば気持ち的にも安心できる


ここまでは、2016年度で、縁起が良くて入籍日にオススメな日程を5日分ご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


「この5日の中から選ぶ!」と決めた方もいらっしゃるのではないでしょうか。


やはり縁起が良い日に入籍したほうが、気持ち的に安心できる方もいらっしゃるのではないかと思います。


もちろん、「他の日を選んだから縁起が良くないんだ」ということはありませんから参考程度に留めておいていただければと思います。


スポンサードリンク