「お付き合いしている方からプロポーズされた」となれば、結婚式のこともそうですが、「入籍」のことも考えなければなりません。


この入籍、経験している方だとよくわかると思うのですが、「いつ入籍するか」という日取りに悩んでしまうものなんですよね。


特に「大安がいい」だとか「仏滅は辞めた方がいい」だとか、今後の幸せを考えるからこそ、六曜を気にする方も少なくありません。

この六曜の中に「赤口」という、見るからに縁起の良さそうな日があるのですが、果たして赤口にはどのような意味があるのでしょうか。


また、赤口に入籍する場合の日取りや、婚姻届を提出する時間帯の決め方などのポイントについても解説します。


スポンサードリンク



赤口の意味



首をかしげるオカメインコ

そもそも、「赤口」にはどのような意味があるのでしょうか?


赤口(しゃっく・しゃっこう・じゃっく・じゃっこう・せきぐち)とは、「六曜(ろくよう・りくよう)」のうちの1つです。


六曜の中では一番の厄日(凶日)とされている日であり、何事に対しても不吉とされています。


正午の前後1時間(11時~13時)だけが「吉」とされていますが、午前・午後共に「凶」とされています。


そのため、「お祝い事をする日」や「何かを新しく始める日」としてはふさわしくなく、避けたほうが良いとされています。


「赤」は「火」や「血」を表す


赤口の「赤」という字は「火」や「血」を意味しており、おめでたいような意味はありません。


そのため、「火災やケガなどに注意したほうが良い日」とも言われています。


※「六曜」とは



六曜とは、暦に記載されている「暦注」の一つです。


先ほどご紹介した「赤口」の他にも、


・先勝(せんしょう・せんかち・さきがち・さきかち)
・友引(ともびき)
・先負(せんぶ・せんぷ・せんまけ・さきまけ)
・仏滅(ぶつめつ)
・大安(たいあん・だいあん)

の、全部で6種類の六曜があります。


これら6種類の六曜の中で一番不吉とされているのが赤口で、その次に不吉とされているのが仏滅です。


赤口の入籍は良い?悪い?


先ほど、「お祝い事をする日としては良くない」というお話しをしましたが、そうなると「赤口の日に入籍しても良いのだろうか」という疑問が浮かんでくると思います。


結論からお話しすると、赤口はあまり良いお日柄の日ではないので、入籍は避けたほうが無難ではないかと思われます。


特に、身内に六曜を気にする方がいる場合、「赤口に入籍なんかするから…」などと言われて揉める可能性があるので、そのような方がいる場合は特に避けたほうが良いです。


ただ、赤口だからと言って、100パーセント縁起の悪い日というわけではなく、決め方などのポイントを押さえておけば、赤口に入籍しても良い場合もあります。


また、「縁起が悪いということは、これから先は良くなっていくだけだけだから」という理由から、あえて赤口のようなお日柄の良くない日を選んで入籍する夫婦もいます。


スポンサードリンク



赤口入籍する場合の決め方などのポイント



手をつなぐカップルの後ろ姿

ここからは、赤口の日に入籍をする場合の、日取りや時間帯の決め方などのポイントについてご紹介します。


縁起の良い日を選ぶ


実は赤口であっても、それなりに縁起の良い日もあります。



・十二直の「平(たいら)」「定(さだん)」
・天赦日(てんしゃにち)
・一粒万倍日(ひとつぶまんばいび)
・母倉日(ぼそうにち)
・新月の日
・満月の日


といった日は、六曜を抜きにして考えると縁起の良い日とされています。


赤口の日と重なる日もあるので、赤口の中でもこのような縁起の良い日を選んで決めるのもアリです。


2人が覚えやすい日を選ぶ


これは、入籍日を決定するに当たっては結構重要なことですね。


赤口であっても2人が覚えやすい日を選べば、記念すべき2人の結婚記念日を忘れてしまう可能性を低くすることができるわけですから、2人が覚えやすい日を選びましょう。


例えば、



・付き合い始めた日
・どちらかの誕生日
・真ん中バースデー
・名前の語呂合わせ
・ぞろ目の日
・いい夫婦の日(11月22日)
・元旦
・バレンタインデー
・ホワイトデー
・七夕
・クリスマス
・大晦日


といった感じの日だと覚えやすいと思います。


婚姻届を提出するならお昼


赤口の日に婚姻届を提出しにいく時間帯の決め方としては、都合の良い時間でもちろん良いのですが、できれば11時から13時の間をオススメします。


「赤口の意味」の項目でお話しした通り、赤口の日の中でも正午の前後1時間だけは運勢が吉となります。


この、運勢が吉の時間帯に婚姻届を提出するようにスケジュールを調整しましょう。


必要以上に気にする必要はなし!


ここまで、六曜の「赤口」の意味や、赤口に入籍する場合の日取り、婚姻届を提出する時間帯の決め方などのポイントについて解説させていただきましたが、いかがでしたか?


「赤口があまり良い日ではない」ということや「六曜」について知るきっかけにもなったのではないでしょうか。


ただ、お話ししている通り、「入籍しようとした日が赤口だった」ということになっても、六曜を抜きにして考えると縁起の良い日もありますし、それほど気にする必要はありません。


必ず災難が降りかかるわけでもないですし、むしろ「赤口に入籍してしまった」と気にすればするほど、良くないものを引き寄せてしまうかもしれません。


気にしないでいるのが一番です。


スポンサードリンク